スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

相席屋より出会い系名古屋・岐阜編【ツーショットダイヤルの女。】

 今まで1人で試行錯誤し料金から店舗から詳しくなった私から
お勧めサイトをランキング化したり攻略方法を届けているのが
このサイトです。

出会い系相席屋も全国津々浦々に経験してきています。
名古屋大阪東京福岡岡山
&新宿&広島&横浜& 渋谷& 仙台

上記の年の出来事や様々な口コミなどご紹介し暇つぶしに読んでいただけたらいいなと思います。

男性目線ですので女性の方気分を害したらすみません。




体験談 ツーショットダイヤルに失敗談です。
相席屋より出会い系福岡編【ツーショットダイヤルの女。】




昨年の12月のことだ。仕事で帰りが遅くなってしまい、
名古屋から車で家に向かっている途中、
このまま家に帰るのもつまらないと思い、
10年振りにツーショットダイヤルに電話してみた。


時間は、夜11時を過ぎていた。



ガストとかで会って話をするだけでよかった。
すごく人恋しい気持ちだった。


電話はすぐにつながった。


女「もしもし、あの私、結婚してるんですけど、大丈夫ですか?」


俺「はい。大丈夫ですよ!」


女「よかった~!さっき、つながった人に、ババアが電話してくるな!って叱られちゃったから。私、48歳ですけど、いいですか?」


俺「はい。僕は45歳です。」


女「え~っ!すごく声が若いから、30代かな~って思ってた!」


こんな感じで、彼女との会話がはじまった。


話していくうちに、彼女は今夜、岐阜市内で友達と一緒に飲んでいたことがわかった。


ツーショットダイヤルの電話番号は、その友達に教えてもらったそうだ。


旦那さんは単身赴任でいないし、
このまま帰るのもつまらないから電話してみたという。


自分は何の取り柄もない普通のオバサンだけど、
ドキドキワクワクしてみたい、いくつになっても恋をしていたいと話していた。


俺は車を運転しながら電話してたけど、途中から、
彼女と会えるかなと思い、岐阜市方面にハンドルをきっていた。


彼女も俺に会いたいと言い、各務原市まで来てくれるという。


俺はその頃にはもう美濃加茂市まで来ていた。


彼女が、


「私、もうオバサンだし、美人でも何でもないけど、本当に大丈夫ですか?」
と、聞いてきた。


俺は、


「僕も、普通のオジサンですよ!」
と、答えた。


彼女が、


「芸能人とかで、今まで似てるって言われた人とか、誰かいますか?」
と、聞いてきたので、


「う~ん。若い頃、石原良純に似てるって言われたことがあるかな。」
と、俺が言うと、


「えっ!石原良純~!石原良純に似てるって言われたんですか~!
あとは?誰か、似てるって言われ人とかいませんか?」
と、めちゃくちゃ食いついてきた。


調子に乗った俺は、


「あとは、松平健に似てるって言われたこともあるよ!」
と、答えた。


「えっ!マツケン!マツケンに似てるって言われたんですか~!」
と、これまたすごい勢いで彼女が食いついてきた。


俺は、これはイケるな!と思い、


「うん!よく言われたよ。自分ではそんなに似てるって思ったことはないけど!」
と、言うと、


彼女が、


「あと、他に誰か似てるって言われた人はいませんか?」
と、まだ聞いてくるので、

「あっ、そうだ!プロゴルファーの丸山茂樹に似てるって言われたことがあるわ~!」
と、言うと、


彼女が、


「あ~、もう無理!みんなタイプじゃない!全部、大嫌い!」


と、叫び、


突然、電話が切れた…。


車はもう、坂祝町に入っていた。


俺は、涙のUターンをして、一時間かけて家に帰った…。


こんな悲しい思いをしたのは、何年振りだろう。


きっと、冨永先生以来かも知れない。


福山雅治とでも言っておけばよかったのだろうか。


いやいや、それだと天狗猿と同じレベルになってしまう。


まぁ、縁がなかったと、男らしく諦めるしかない。


みなさんは、こんな経験をしたことはありませんか?






   当サイト読者様限定オリジナルの

     注目 ポイント制サイトノウハウ注目

無料サイト
攻略解説は下記を  
クリック グリーン クリック!!
         ↓  ↓  ↓  ↓
      注目アイコン   出会い系で出会う方法はこちらより

deaiatama.png


スポンサーサイト

相席屋より出会い系【それはpcmaxの日記のコメから始まった…。】

今まで1人で試行錯誤し料金から店舗から詳しくなった私から
お勧めサイトをランキング化したり攻略方法を届けているのが
このサイトです。

出会い系相席屋も全国津々浦々に経験してきています。
名古屋大阪東京福岡岡山
&新宿&広島&横浜& 渋谷& 仙台

上記の年の出来事や様々な口コミなどご紹介し暇つぶしに読んでいただけたらいいなと思います。

男性目線ですので女性の方気分を害したらすみません。


【体験記】
相席屋より出会い系【それはpcmaxの日記のコメから始まった…。】




いつも俺の日記に温かいコメをくれる女性がいた。

彼女は、埼玉県在住の34歳、バツイチ。4歳になる娘がいた。

俺は彼女の日記を読んで感動した。
彼女は、職場の劣悪な環境の中でも弱音を吐かずに毎日頑張っていた。
それはまさしく、「闘い日記」だった。

俺と彼女が親しくなるのに、時間はかからなかった。

彼女は、娘を連れて家を出たあと、相当な苦労をした。

そんな話を聞くたびに、彼女に会って、彼女を抱き締めてあげたい衝動にかられた。

彼女は、よく娘のムービーを撮って送ってくれたが、それを見ると、無性に娘にも会いたくなった。

俺は、彼女に会いに行く決心をした。

そして、それを彼女に伝えた。
彼女は、俺が想像していた以上に喜んでくれた。
それから、埼玉県に行く具体的な日程も決まり、俺と彼女の仲はますます深まっていった。

そんなある日の夜、俺は彼女と生まれて初めて、テレホンセックスをした。
俺は最初、電話ですることに全く興味がなかった。
しかし、会いたくても会えない状況が続き、
二人ともたまたま真夜中に電話でエッチな話をしていた時に、
自然とそんな流れになっていったのだ。


電話口で本気で喘ぐ彼女の声を聞いて、俺は物凄く興奮をした。


彼女がベタベタにシミのついた青いパンティーの写メを
送ってくれたのを見た時、早く会いに行きたくてたまらなくなった。


そんな俺と彼女の別れは、突然やってきた。


俺が書いた日記を、彼女が浮気したと勘違いしたのだ。


彼女から送られてきた辛辣なメールを見たのは、
仕事が忙しくて5時間以上たってからのことだった。



彼女に弁解をしようにも、電話もメールも拒否され、
MAXもお断りにされていて、全くなすすべがなかった。



気の強い真っ直ぐな性格で、こうと思ったら、
もう後には引かない女性だった。



俺の書いた過去の日記を読んで、
いつも俺の女好きで浮気性な性格を不安に思い心配していた彼女。



きっと、俺の書いた日記を読んだ時、
自分に会いに行くと言っておきながら浮気をしている俺のことが
(これはあくまで彼女の誤解です)、許せなかったのだと思う。



俺の日記は、作り話ではなく、自分が経験したありのままを書いている。
しかし、過去の話なのか、現在の話なのか、
誰が読んでも分かるように書かなければいけなかった…。


日記を書いていなければ彼女と出会えなかったし、
日記を書かなければ彼女と別れることもなかった。


日記は俺にとって、諸刃の剣となってしまった。
だけど、これからも俺は日記を書き続けるだろう。それが俺の生きている証だから…。




   当サイト読者様限定オリジナルの

     注目 ポイント制サイトノウハウ注目

無料サイト
攻略解説は下記を  
クリック グリーン クリック!!
         ↓  ↓  ↓  ↓
      注目アイコン   出会い系で出会う方法はこちらより

deaiatama.png


相席屋より出会い系名古屋編【旦那が運転する車の後部座席で喘ぎつづける奥さん…。】

相席屋より出会い系名古屋編【旦那が運転する車の後部座席で喘ぎつづける奥さん…。】

今まで1人で試行錯誤し料金から店舗から詳しくなった私から
お勧めサイトをランキング化したり攻略方法を届けているのが
このサイトです。

出会い系相席屋も全国津々浦々に経験してきています。
名古屋大阪東京福岡岡山
&新宿&広島&横浜& 渋谷& 仙台

上記の年の出来事や様々な口コミなどご紹介し暇つぶしに読んでいただけたらいいなと思います。

男性目線ですので女性の方気分を害したらすみません。


相席屋より出会い系を勧める俺の出会い系体験記】


世の中には、いろんな性癖を持った男女、カップル、夫婦がいるものだ。
今日は俺が3年前に出会った、ある夫婦の話をしてみたいと思う。


俺がpcmaxで日記を書き始めたのは、ちょうど離婚した5年前だった。
今、考えてもよくわからないが、なぜか日記に、
自分が今までに出会った女性とのありのままを、
正直に嘘偽りなく書いてみたいと思ったんだ。


日記を書き始めると、たくさんの人が読者登録をしてくれるようになり、
日記に対するコメントやサイトメールをもらうようになった。


文学少年だった俺は、文章にはものすごくこだわりがあって、
苦労して書いた日記も後で読み返してみて文章が気に入らないと、
すぐに消してしまうところがあった。

たぶん、今残っている日記の3倍ぐらいは、これまで書いてきただろう。
日記のコメントやサイトメールで親しくなった女性ともよく会った。


中には、遠いところからわざわざ何時間もかけて会いに来てくれる女性もいた。
しっかり数えていたわけではないが、日記のファンだという女性と、
少なくとも50人以上は会ったはずだ。


フォロワー数は、一番多い時でも300人を超えたことはないが、
いつも1000人以上の人が俺の書く日記を読んでくれていた。



文豪気取りで気分屋の俺は、日記を書くのにも波があって、
半年ぐらい書かないなんてことはザラだった。


何ヵ月も日記を書かないと、読者登録数がどんどん減っていくのだが、
昨年の11月、何気なく登録者名簿を見ていた俺は、
気になる一人の女性を発見した。


彼女の名前は、愛知県在住のAさん、38歳。
いつも日記に足跡は残っているが、今までコメントをくれたことは一度もなかった。
彼女の日記やプロフィールを見てみたが、何も書いてなかった。
ますます謎は深まるばかりだった。
好奇心旺盛な俺は、彼女にサイトメールをしてみた。


「こんにちわ。はじめまして。いつもつまらない日記を読んでくれてありがとう。
最近、あまり日記を書いていないから、読者登録数が減っていく一方です。
古いニキ友さんたちも何人か退会してしまい、俺もそろそろ潮時かなぁ、
なんて考えています。
Aさんは愛知県のどちらにお住まいですか?
ご結婚はしてみえるのですか?ごめんなさい、いきなり質問ばかりしてしまって!
すごく気になったのでメールしてしまいました。
お返事もらえたら嬉しいです。よろしくお願いします!」


夜になっても、彼女からのメールはなかった。


しかし、翌朝になって、
「おはようございます。メールありがとうございました。
いつも読み逃げばかりでごめんなさい。すごく楽しみにしています。
だから、退会するなんて言わないでください!
私は尾張旭に住んでいますよ!結婚しています!」


と、彼女からメールが来た。


俺は、すぐ彼女に、
「メールありがとう!まさか返事がもらえるなんて、
思ってもなかったから、すごく嬉しいです!俺は毎日、
尾張旭にある会社まで車通勤しています。今度、一緒にお茶でもしませんか?」



と、メールした。



彼女からはすぐに、
「はい!是非!今度よろしくお願いします。」

と、返事が来た。



それから彼女とのサイトメールのやりとりがはじまった。
彼女と何回かメールをするうちに、彼女のことがだんだんと分かってきた。

彼女は、今の旦那さんとはバツイチ同士の再婚で、高校生の息子が一人いるという。


pcmaxは旦那さん公認で、
複数プレイの相手を探すために会員登録をさせられたらしい。


旦那さんのことが好きでたまらない彼女は、
旦那さんに言われるがまま、いろんなサイトで
複数プレイの相手を見つけては、旦那さんの性癖に付き合ってきたという。


それが今では自分が完全に嵌まってしまい、
1日に何人も相手ができるほど淫乱になってしまったそうだ。


あと、彼女たち夫婦にはルールがあって、
1、電話番号やアドレスは教えない。
2、一人で勝手に会ったりしない。
3、旦那の面接を受けて合格した男としかしない。


の3つを必ず守らなければいけないという。
俺も、他の男たち同様、彼女の旦那さんの面接を受けることになった。
彼女の旦那さんとの面接は、突然やってきた。


ある日の夕方、仕事が暇になった時間を見計らって、
俺がpcmaxにログインすると、彼女からサイトメールが届いていた。
「こんにちは。今日は何時に仕事が終わりますか?」

俺は、
「7時には終わります。」


と、メールした。すると、
「会社は、三郷駅の近くですか?仕事が終わったら、ガストまで来れますか?」
と、メールが来たので、
「大丈夫ですよ。7時半には着けると思います。」
と、返事を返した。



俺は、仕事が終わるとマッハでスーツに着替え、車で待ち合わせのガストへと向かった。
ガストの駐車場で待っていると、彼女から、
「今、どこにいますか?携帯番号を教えてください。」
と、サイトメールが入った。


俺が、携帯番号をメールして暫くすると、携帯が鳴った。
「もしもし、はじめまして、Aです!」
とても明るくって、弾むような声だった。



お店の裏の駐車場にいると言うので、俺は車を降りて、携帯で話したまま歩き出した。
「あっ、今、私達の車、分かる?そのまま真っ直ぐ歩いて来ると、
黒いハイエースが止まってるでしょ!」

あ、あった!あのハイエースだ!


車の横まで行くと、後部座席のスライドドアが開いた。
そこには、髪が長くてぽっちゃりした俺好みの女性がニコニコ笑ってこっちを見ていた。



彼女に言われるまま、俺は車に乗った。
運転席には、彼女の旦那さんがいた。
「はじめまして
と、あいさつすると、
「はじめまして。A旦那です。」
と、笑いながら応えてくれた。

それから旦那さんと、お互いの性癖についていろいろ意見交換をした。
Aさんは、エロ話に盛り上がる俺たち2人を見て、大笑いしていた。


旦那さんが、
「ちょっと場所を変えましょうか。」
と、車を走らせた。
「さわってもいいですよ!ワンピースの下は、ノーブラ、ノーパンで来てるから、
やっちゃってもいいですよ!」
と、いう旦那さんに、
「いいんですか?」
と、言いながら俺は、ワンピースの上から彼女のオッパイを揉んだ。


だんだん彼女の息遣いが荒くなってくるのがわかった。
我慢できなくなった俺は、彼女のワンピースを捲り上げ、
そのまま座席に寝かせると、両手でオッパイを揉みながら、乳首を舌で転がした。
彼女の旦那さんが運転している車の中で…
そんなシチュエーションが、たまらなく俺を興奮させた。



やがて車は、田んぼの畦道で止まった。
俺は、旦那さんが見ているのも忘れ、
夢中で彼女にクンニしていた。
彼女の喘ぎ声が車内に響き渡る。

その声を聞いた俺はますます興奮をし、彼女への攻撃の手を緩めなかった。
このあと、彼女の身体は何度も脈打ち、旦那さんの見守る中、幾度となく絶頂の時を迎えた…。
これが、俺が出会った、不思議な夫婦との忘れられない出来事だ。







   当サイト読者様限定オリジナルの

     注目 ポイント制サイトノウハウ注目

無料サイト
攻略解説は下記を  
クリック グリーン クリック!!
         ↓  ↓  ↓  ↓
      注目アイコン   出会い系で出会う方法はこちらより

deaiatama.png


相席屋より出会い系名古屋編【ヤクザの女だった彼女はジャブ漬けにされて…。】

 相席屋より出会い系名古屋編【ヤクザの女だった彼女はジャブ漬けにされて…。】

今まで1人で試行錯誤し料金から店舗から詳しくなった私から
お勧めサイトをランキング化したり攻略方法を届けているのが
このサイトです。

出会い系相席屋も全国津々浦々に経験してきています。
名古屋大阪東京福岡岡山
&新宿&広島&横浜& 渋谷& 仙台

上記の年の出来事や様々な口コミなどご紹介し暇つぶしに読んでいただけたらいいなと思います。

男性目線ですので女性の方気分を害したらすみません。




【体験記】


出会い系サイトにはいろんな人がいる。

俺みたいに真剣にパートナーを探している人間もたくさんいる。

しかし、そういう人間同士が出会ったとしても、
当たり前の話だが必ずしも恋愛に発展するとは限らない。


ちょっとした誤解がもとで上手くいかず、後で振り返ってみて、
逃がした魚が大きかったことに気がつくこともよくある話だ。


あれは、3年前の冬のことだった。

12月に入ったある日、岐阜県関市在住の女性からサイメが来た。

彼女は、46歳バツイチ。高校生の息子が一人いるという。
俺のプロフィールを見て、すごく気になったからサイメをくれたらしい。


それから、彼女とのサイメでのやり取りがはじまった。


何日かして、サイメが直メに変わり、会うことになった。


彼女が美濃加茂市の病院の受付をしているというので、
お互い仕事が終わってから、美濃加茂市にある居酒屋で会うことになった。


当日、居酒屋の駐車場で待っていると、彼女からメールが入った。
彼女も着いたという。
俺が車から降りると、向こうから女性が一人、笑顔で歩いてくるのが見えた。



綺麗だ!まず、そう思った。


髪は長くて、スラッとして、服の上からでもそれが分かるほど胸もデカイ!


今までのモリクミや富永一郎、そして天狗猿たちとは、レベルが違いすぎる!

理想の女性にやっとめぐり逢えた、
そんな気がした。でも、こんなことって本当にあるのだろうか…。


美人に出会えた嬉しさよりも、不安の方が先になり、
きっとこれは何かの罠に違いない!
こんなうまい話なんてあるはずがない!と、疑念を持った。
俺にそう思わせるほど、彼女は美しかった。



彼女の美しさは、容姿だけではなかった。
声、話し方(言葉遣い)、立ち居振舞い、
どれをとっても洗練された大人の女性を感じさせた。


俺は、すっかり舞い上がってしまった。


彼女とは、話をしていてもすごくフィーリングが合った。

時計の針は22時をまわっていたけれど、
二人でもっと話がしたいと彼女も言ってくれたので、
居酒屋からジャパレンに場所を変えることにした。



車を走らせながら、俺の頭の中は、
これから行くカラオケボックスで、どうすれば彼女とキスをして、
あの巨乳を揉むことができるのか、そんなことばかり考えていた。



部屋では、それまで向かい合わせで座っていた居酒屋と違い、
彼女が俺の真横に座った。
いや、くっついてきたという表現の方がピッタリなくらい、
俺の太股も横っ腹も腕までもが、彼女に密着していた。


彼女の顔が近い。俺が顔を横に向けたらキスができる、そんな距離だ。
でも、キスをした途端、
いきなりロシア人のスパイが部屋に入ってくるんじゃないかとか、
もし拉致られたらどうしようなどと、
一瞬、頭に不安がよぎったが、肉食系中年の俺はすぐさま、
ロシアのスパイと戦う覚悟をして、顔を横に向けて彼女にキスをした。



キスをしたあと、彼女が、
「もうダメ~!スイッチが入っちゃう~!」
と、俺の首に両手をまわして、激しいディープキスをしてきた。


なんだか、アメリカ映画みたいだ。


俺は、キスをしながら彼女の巨乳を鷲掴みにした。


彼女はキスを止めなかったが、だんだん彼女の呼吸が荒くなっていくのがわかった。


しかし、ここはカラオケボックスだ。
防犯カメラで撮られている。

俺は、はやる気持ちを抑えて、そのあと二人で何事もなかったかのように、カラオケを楽しんだ。


途中、トイレに行ったら、我慢汁でパンツに染みができていた。
いいところまでいって止めたせいか、金玉が痛かった。

カラオケをしながら、彼女はいろいろな話を俺に聞かせてくれた。

昔はヤンチャして、親にすごく迷惑をかけたこと。

子供が中学生の時にやっと離婚できたこと。

すべてを包み隠さず話してくれた。



あの事を除いては…。




カラオケボックスを出た時には、時計の針は0時をまわっていた。

二人とも、次の日は仕事だったので、おとなしく帰ることにした。

我慢汁で濡れたパンツが、やけに冷たかった…。

次の日は、朝から彼女のあの激しいディープキスの余韻に浸っていた。

今夜、会えるかな?
どこのラブホに行こうかな。
いろんな妄想で、頭の中はいっぱいになっていた。



夕方、彼女の仕事が終わる時間に電話をして、この日も会うことになった。

そして、前日と同じように二人で食事をして、店を出た。

彼女が、俺の車の助手席に乗ってきた。

「けいくんいい人だから…。ごめんね、黙ってて。私、C型肝炎なの。どうしてそうなったかというと…。若い頃、ヤンチャしてたって言ったでしょ。あの頃、付き合ってた男の人がヤクザで、その人、覚醒剤をやってて。私、必死になって止めさせようとしたんだけど、逆に…。」

彼女は、泣きじゃくった。

俺は、どうすることもできなかった。

「本当にごめんなさい!騙すつもりなんてなかったの!
それだけは信じて…。メールしてたら楽しくて、つい会ってみたくなっちゃって…。
でも、こんな素敵な人に二回も会えてよかった。
本当にありがとう。純くんはすごく優しくて素敵な人だから、
相応しい女性が見つかると思うから…。さよなら!」


彼女はそう言うと、車を降りて、自分の車に向かって泣きながら走って行った。


俺は駐車場を出ていく彼女の車を、ただ見送るしかなかった…。


それから1週間。
彼女のことが、頭を離れなかった。


俺は意を決して、彼女にメールをした。


送れない。


携帯に電話をした。


使われていない。


サイトも退会していた。


あの時、車を降りた彼女を追いかけて、
「そんなこと関係ない!君にどんな過去があろうと、
どんな病気だろうが、俺は君と一緒にいたいんだー!!」
と、なぜ言えなかったのか…。


俺の心の弱さだろう。


彼女がカラオケで歌った、中島みゆきの「糸」が忘れられない。

街がクリスマス一色に染まる頃、

毎年、彼女を思い出す。







   当サイト読者様限定オリジナルの

     注目 ポイント制サイトノウハウ注目

無料サイト
攻略解説は下記を  
クリック グリーン クリック!!
         ↓  ↓  ↓  ↓
      注目アイコン   出会い系で出会う方法はこちらより

deaiatama.png


相席屋よりも出会える【pcmaxを教えたら日記読者とやりまくって前にも増して淫乱になった主婦の話!】

相席屋よりも出会える【pcmaxを教えたら日記読者とやりまくって前にも増して淫乱になった主婦の話!】

今まで1人で試行錯誤し料金から店舗から詳しくなった私から
お勧めサイトをランキング化したり攻略方法を届けているのが
このサイトです。

出会い系も相席屋も全国津々浦々に経験してきています。
名古屋&大阪& 東京& 福岡&岡山
&新宿&広島&横浜& 渋谷& 仙台

上記の年の出来事や様々な口コミなどご紹介し暇つぶしに読んでいただけたらいいなと思います。

男性目線ですので女性の方気分を害したらすみません。


3年前の1月、不動産管理会社に勤務していた
俺は、入居者のIさんと関係を持った。その後、些細な事がきっかけで、
Iさんとは4月頃から音信不通になってしまった。


8月になって、Iさんから「トイレの水がチョロチョロ流れっぱなしになっている。」
とのクレームがあり、久し振りに再会を果たした。

Iさんは34歳。離婚して俺が管理していたアパートに引っ越して来た。
2人の女の子を歯科助手をしながら育てている。
離婚する2年ぐらい前から、別れた旦那とはずっとエッチはしていなかった、
という言葉が嘘に思えるほど、体全体が性感帯の淫乱女だった。



この日も、話をしながら俺がIさんの乳を揉みはじめると、
トロ~ンとした目で俺を見つめながら、喘ぎ出した。
『ずっと、してなかったの?』と、俺が聞くと、
『そんな、我慢できるわけがないでしょ!けいくんが目覚めさせちゃったんだから!』と
Iさんが答えた。



その時、俺はてっきりIさんはこの数ヵ月
オナニーの日々を送っていたとばかり思っていたけれど
それは大きな間違いで、Iさんは俺と会わなかった間に
見事なまでにスーパーサイヤ人へと進化を遂げていたのだった。

『彼氏、できたの?』
『うん。3人いるよ!』
『嘘ばっか言うなよ~。』
『だって本当だもん!』
『じゃあ、そいつらと何処で知り合ったの?』
『PCMAXだよ!』
『え~~~~っ!!』

俺は驚いた。そして、思い出した。

Iさんと疎遠になる前に、冗談で、
『面白いサイトがあるで教えたるわ~!』

と、IさんにPCMAXの招待メールを送ったことがあったのだ。

『マジでぇ~!』

俺が驚いて聞き返すと、

『うん。もう10人ぐらい会ったよ!』

と、普通に答えるIさん。

『そいつらとエッチしたのか?』

と、俺が聞くと、

『そんなの、当たり前じゃん!したに決まってるでしょ!』

と、悪びれずに答えたIさんを、俺はその場に立たせたまま
何度も何度も、足元に水溜まりができるまで、潮を吹かせ続けた。

『どうしてなんだろう…。他の人とエッチして、どんなに気持ちよくても
潮なんて吹いたことがないのに、けいくんとだとこんなに吹いちゃうんだよね!』
帰り際、Iさんがそう呟いた。

それから俺は、Iさんとまたちょくちょくメールをするようになった。

そんな暮れも押し迫った12月のある日のことだった。
とうとうIさんは更なる未知の領域へと足を踏み入れることになる。


それは、街がクリスマス一色になったある夜のことだった。

俺は、友人のAとFの3人で久し振りに会って食事をしていた。

2人とも、札幌のすすきのに行ったら、必ずソープをハシゴする強者だ。

自然と話はそっち方面で盛り上がっていた。


「けいちゃん、最近はどう?何か面白いことはないの?」Aが俺に話をふった。


「面白いことかぁ~。あっ、前にバツイチの入居者の話をしたよね。
俺と別れたあとサイトでやりまくってるっていう。
この前メールしてたら3Pをしてみたいって言ってたけど、2人ともどう?呼べば来ると思うよ!」

と、俺が言うと、

「けいちゃん、マジでぇ~!?」と、
Fが身を乗り出してすぐに反応した。


「俺が今まで女の話で嘘をついたことがある?ないよね!
2人とも会いたいだろうから、今からメールしてやるよ。」


「本当に?その子、来てくれるかなぁ~?」
チンチンはデカイが気の小さいAが、
心配そうな顔をしながら独り言のように呟いた。



Iさんにメールしたら、子供たちは元旦那の家に泊まりに行っていないから
いつでも出れるよ、という返事が返ってきた。


2人にそのことを伝えると、すぐに店を出てIさんを迎えに行こう、と言うので
俺は、今からアパートまで迎えに行くから待ってて、
とIさんにメールをして、スケベなオジサン2人を車に乗せ、Iさんのアパートに向かった。


車がアパート近くに来た時、
Aがコンビニに寄って欲しいと言うのでコンビニに寄ると、
AとFがコンドームを買って戻ってきた。


「2人とも、ヤル気満々じゃん!」
と、俺が茶化すと、
「大人のエチケットやてぇ~。」

と、Fが返した。

Iさんに、もう着くよ、と、メールを入れると、アパートの前で待ってます、と、返事があった。

俺たち3人はアパートの前でIさんを乗せ、そのままラブホへと向かった。

4人でラブホに入って部屋を選んでいると、奥から女性が出てきて、
「あの~、3人以上での入室は困るんですけど!」と、俺たちに言ってきた。

Fが、

「金ならいくらでも払うで、何とかならん?」

と、凄んだ。


「それでは、最上階の8千円のお部屋でしたら、4名様のご利用で1万6千円いただきますが、よろしいでしょうか?」


と、女性が言った。
「わかった。それでいいわ!」
と、Fが即答して、俺たちは最上階のスペシャルルームへと向かった。

部屋に入ると、その広さに圧倒された。
特に風呂は、ジャグジーで、大人が5、6人、一緒に入れるほどの広さだった。


「すごい!!こんな部屋はじめて!!」と、Iさんは部屋に入るなり大声を出して興奮していた。
しばらく4人で、部屋のあちこちを見てまわっていたが、みんな緊張しているのがわかった。

「せっかくだからさ、みんな順番に風呂に入ろうよ。俺、風呂をいれてくるわ。」と、
俺が言うと、Aが、

「ウェルカムドリンクが無料って書いてあるけど、何か注文する?」と、呼び掛ける。

するとFが、「こんなに明るいと落ち着かんで、もう少し暗くしようか?」と、
部屋の照明を調整しはじめた。

そんなオジサン3人を、Iさんはマッサージチェアに座って、
ニコニコしながら楽しそうに見ていた。


Aがフロントに注文したウェルカムドリンクが来た頃、浴槽のお湯もちょうどいい分量になった。
俺は、頼んだコーラを一口飲んだあと、
「じゃあ、俺とIさんと風呂に入ってくるわ!」
と、AとFに言った。

Iさんは浴室に向かって歩く俺の後を黙ってついてきた。
俺は、シャワーを浴びながら、
「あいつらヤル気満々だけど、ほんとに大丈夫?」と、Iさんに聞くと、
「けいくん、今さらぁ~!全然、平気だよ!」と、笑って答えた。

俺たちが風呂から出ると、AとFが風呂に入りに行った。


俺とIさんは、二人が風呂から出てくるのを見計らって、プレイをはじめた。
最初はソファーに座って黙って見ていた二人だが、
俺のクンニで喘ぎ出したIさんの声を聞いて興奮したのか、

Fが、でかくなったチンチンをIさんにくわえさせた。
そんなFに遅れをとるまいと、Aがオッパイを舐めはじめる。

俺はIさんをクンニで2回イカせた後、手マンで3回潮を吹かせてベッドをおりた。
ベッドでは、Fがバックから入れて、Aがフェラしてもらっている。
AVやカップル喫茶ではよくある光景だが、
目の前にいるのが自分の友達だというのも、何か不思議な気がした。
あらためて、世の中にはいろんな出会いがあるものだと、つくづくそう感じた。




   当サイト読者様限定オリジナルの

     注目 ポイント制サイトノウハウ注目

無料サイト
攻略解説は下記を  
クリック グリーン クリック!!
         ↓  ↓  ↓  ↓
      注目アイコン   出会い系で出会う方法はこちらより

deaiatama.png



相席屋より出会える出会い系名古屋編【pcmaxの掲示板で出会った26歳の変態美人妻!】

今まで1人で試行錯誤し料金から店舗から詳しくなった私から
お勧めサイトをランキング化したり攻略方法を届けているのが
このサイトです。

出会い系も相席屋も全国津々浦々に経験してきています。
名古屋&大阪& 東京& 福岡&岡山
&新宿&広島&横浜& 渋谷& 仙台

上記の年の出来事や様々な口コミなどご紹介し暇つぶしに読んでいただけたらいいなと思います。

男性目線ですので女性の方気分を害したらすみません。

相席屋より出会える出会い系名古屋編【pcmaxの掲示板で出会った26歳の変態美人妻!】



【体験記】


PC★MAXで出会った女優の堀北真希にソックリな主婦の話をしたいと思う。

ある日の朝、何気なくアダルト掲示板を見ていると、一つの書き込みが目に留まった。


今日、入会したばかりです。サイトは初めてです。
今からお会いできる方はみえませんか?Sの男性がタイプです!

ダメもとでメールしてみた。


すぐに返事が来た。何回かサイメしているうちに会う話になった。
名古屋市北区在住だという彼女に合わせて、
北区役所の駐車場で待ち合わせすることになった。


約束の時間になって、彼女がやってきた。
第一印象は、堀北真希!マジで似ていた。
正直、サイメのやり取りで条件ありの話は出なかったけど、
こんなS級美人が来るなんて、きっと何かの罠に違いない!
とりあえず車を走らせて、様子を見ることにした。


俺「掲示板にサイトは初めてって書いてあったけど…。」

彼女「はい。そうなんです。」

俺「本当だったんだ!でも、なぜ?」

彼女「私、結婚して2年になるんですけど、主人とは合わなくて!」

俺「性格が?」

彼女「ううん。性格は優しくて、すごくいい人なんだけど、あっちの方が…。」

俺「そうなんだ…。」

彼女「主人は大学の同級生で、4年生の時から付き合いはじめたんですけど、
主人、童貞だったんです!(笑)」

俺「え~っ!じゃあ、初めて同士だったの?」

彼女「ううん。私は何人か!(笑)」

俺「そ、そうなんだ~!やる~!(笑)」

と、こんな具合に会話が始まった。

話をしていくうちに、彼女は子供もまだいないのに
セックスレスな今の生活に不満とストレスをかかえていることがわかった。

俺「こんな40のオジサンで、がっかりしたんじゃない?」

彼女「ううん。私、オジサン好きなんですよ~!」

俺「え~っ!本当に~!でも、変わってるよね!(笑)」

彼女「よく言われます!(笑)」

車は、ラブホの駐車場に入った。

彼女は表情一つ変えなかった。

部屋に入ってから、彼女の初体験の話になった。

彼女「私、初体験は高一の時で、相手はバイト先の店長さんだったんですよ!」

彼女「年齢は私より15歳上で、結婚していて子供さんもみえました。」

彼女「その店長さんとは、バイトをやめるまで1年ちょっとお付き合いしました。」

彼女の告白が止まらない…。

しかし、堀北真希似で清純そのものにしか見えない彼女が、
結婚しているのに出会い系サイトをやっていて、今、俺の目の前にいる。

それだけでも不思議な感じがするのに、初体験が15も
年上の既婚者だなんて、女ってわからない。


彼女「でも、その店長さん、すごく変態だったんですよ~!(笑)
だから、今の主人とかなんか物足りなくて!
女の方からこうして欲しいなんて、なかなか言えないじゃないですか~!」


彼女のトークがだんだんエロ全開になってきた。
俺は風呂をいれに行き、浴槽にお湯がたまるまでの間、
彼女にいろいろ質問をしてみた。


俺「そのバイト先の店長から今まで、男性経験は何人ぐらいなの?」

彼女「本当は、主人とその店長さんの二人だけって言いたいんですけど、う~ん、30人ぐらいとはしたかな~。(笑)」


彼女が一瞬、堀北真希じゃなくて、ただの淫乱な若妻に見えた。

彼女「私、普通のエッチじゃ、たぶん満足できないんだと思います。」

俺「えっ、じゃあ、どんなエッチだったら満足できるの?」

彼女「う~ん、私はめちゃくちゃMだから、Sの人に責められたいかな。」

彼女「でも、なかなかSの人っていないんですよ~!」

風呂を見に行ったら、浴槽にお湯がいっぱいになっていた。

彼女が、一緒に入りませんか、と言うので、二人で入ることにした。

彼女「私に身体を洗わせてください。」

彼女はそう言うと、ボディーソープを手に取り、俺の身体を洗い始めた。

俺は、自分の身体についた泡を彼女の胸につけて、彼女の胸を揉んだ。

俺の指が乳首を触ると、彼女の身体がビクンとして、我慢できなくなった彼女は、俺の首に両手をまわしてキスをしてきた。

キスをしながら右手を伸ばして彼女のアソコを触ると、そこはボディーソープがいらないほど、もうヌルヌルになっていた。

彼女「あ~!もうダメ~!お願いです!お尻の穴に指を入れてください!」

俺「???」

彼女「お願いします~!早く~!」

そう言うと彼女は、俺にお尻を向けて四つん這いになった。

俺は、人差し指にいっぱい泡をつけて、彼女のアナルに入れた。

彼女「あ~!気持ちいい!もっと、奥まで!奥まで入れてください!」

俺は彼女の言うまま、心の中で激しい興醒めに襲われながらも、彼女を責めたてた。

そう、彼女はアナルが大好きな女だったのだ!

それから彼女の要求は、

指を二本入れて~!から、それが三本になり、

俺は身体中に汗をかきながら、浴室に響きわたる彼女の声に
激しい嫌悪感を抱きながらも、彼女を何度も何度も昇天させた。


風呂から出た時には、もうクタクタだった。


彼女の話だと、高一の頃から、バイト先の店長にいろいろ調教されたのだという。

そんな話、もうどうでもよかった。


俺は溜まりに溜まったフラストレーションを、彼女に向けて一気に爆発させた。

彼女「こんなに感じたの初めてです…!けいさん、凄すぎます!」



このあと、最後のご奉仕とばかりに、
ベッドにあった電マで何度も潮を吹かせて、
堀北真希似の若妻との対戦は終了した。



高校野球のピッチャーではないけれど、俺の右腕は悲鳴をあげていた。
監督!もう投げれません!(泣)
と、言いたい気分だった。


正直、言葉責めとか羞恥プレイは出来ても、アナルはキツいなと思った。


それがいくら浴室でも…。


世の中には、いろんな性癖を持った人がいて、
それは見かけなんかでわかるもんじゃないってことを、
彼女と出会って本当に感じた。


今、彼女はどうしているのだろうか。
子供が産まれて幸せにやってるのかな?
それとも、ここでいい人を見つけて、
家庭でのフラストレーションを解消しているのかな?

テレビで堀北真希を見る度に、彼女のことを思い出してしまう…。





   当サイト読者様限定オリジナルの

     注目 ポイント制サイトノウハウ注目

無料サイト
攻略解説は下記を  
クリック グリーン クリック!!
         ↓  ↓  ↓  ↓
      注目アイコン   出会い系で出会う方法はこちらより

deaiatama.png


相席屋よりも出会い系【映画館で私のアソコの濡れ具合】

相席屋よりも出会い系【映画館で私のアソコの濡れ具合】

今まで1人で試行錯誤し料金から店舗から詳しくなった私から
お勧めサイトをランキング化したり攻略方法を届けているのが
このサイトです。

出会い系も相席屋も全国津々浦々に経験してきています。
名古屋&大阪& 東京& 福岡&岡山
&新宿&広島&横浜& 渋谷& 仙台

上記の年の出来事や様々な口コミなどご紹介し暇つぶしに読んでいただけたらいいなと思います。

男性目線ですので女性の方気分を害したらすみません。

【体験記】

このサイトで、自称ドMの主婦と出会った。

彼女は31歳で2人の子持ち。三重県に住んでいた。

旦那は自宅で建築士をしていて、もう2年もセックスは無いという。

子供を幼稚園に送り出してから、電車に乗って名古屋に行くので会って欲しいと言う。

ミニスカートでノーパンで行くから、
電車か映画館で痴漢をして欲しい、というのが彼女の希望だった。

待ち合わせの時間と場所を決めて会うことになった。

ただ、時間的に満員電車は終わっているので、
電車での痴漢は諦め、映画館で彼女の夢を叶えることにした。


待ち合わせ場所は、名鉄名古屋駅の宝くじ売り場の前。
わかりやすいから、みんなよく待ち合わせに使っていた。


時間になった。
知らされていた格好をした女性が歩いて来た。

小柄でカワイイ!

ロングヘアーでボインちゃんだった!

ドキドキがワクワクに変わった。

お互いを挨拶を交わし、映画館に向かった。

何の映画を観たのか、全く思い出せないのだが、
映画館では後ろの方の席に座ったと思う。

冬だったので、彼女は着ていた薄目のコート
を脱いで自分の膝の上に置いた。

映画館は平日にもかかわらず、ほぼ満席の状態だった。

映画が始まった。

彼女の太股を触ると、彼女は少し体をひねらせた状態で、
気持ち、腰から下を俺の方へ向けた。

触りはじめると、彼女の両足がどんどん開いていくのがわかった。

彼女のアソコからは、もうたっぷりと蜜が出ていた。

指でクリトリスを触ると、彼女はバックからハンカチを取り出して口に当てた。

我慢できないのだろう。

しかし、顔はしっかりとスクリーンに向けたままだ。

彼女は声を押し殺し、周りに気づかれないよう必死だった。

アソコに指を入れた時、彼女の身体が、
ドクン!
と、波打ったのがわかった。

そう、少しクリを触って指を入れただけで、彼女はもういってしまったのだ。

しばらくして彼女が、俺の耳元に顔を近づけて、
『ホテルに行こ!』
と、囁いた。

俺たち2人は、早々と映画館を後にし、
今はもう無くなってしまったが、名駅のSMホテル「エリザベス」へと向かった。

ホテルに着いて部屋に入るなり、彼女は俺の首に両手をまわしてディープキスをしてきた。

そして、バッグからバイブを取り出すと、
『お願い!これを使って!私のことをめちゃくちゃにして!』
と、懇願した。

俺はそれから一時間以上、彼女のヌルヌルになったアソコにバイブを突っ込み、
彼女のお望み通りたっぷりといたぶり続け、彼女を何度も何度も昇天させた。

彼女は、2年ぶりのセックスを堪能しきったようだった。

帰り際、彼女が、
『けいさんにまた会いたい!』
と、言ってくれたが、それ以後、彼女と会うことはもうなかった。


その頃、PCMAXでの出会いにハマっていた俺は、
週に一回はこんな感じで女の子と会っていた。
半年で50人ぐらいに会ったと思う。
もちろん、全員、条件なしでの出会いだ。


そう、日記を通して仲良くなった女の子と、
いつもこんな感じで会っていた。ただ、
いくら条件なしでの出会いとはいえ、
食事代とホテル代はかかる。


限られた時間とお金の中で、いかに相手をチョイスしていくかが問題だった。








   当サイト読者様限定オリジナルの

     注目 ポイント制サイトノウハウ注目

無料サイト
攻略解説は下記を  
クリック グリーン クリック!!
         ↓  ↓  ↓  ↓
      注目アイコン   出会い系で出会う方法はこちらより

deaiatama.png


相席屋より出会える出会い系長野・名古屋編【看護師はア〇ルがお好き!】

相席屋より出会える出会い系長野・名古屋編【看護師はア〇ルがお好き!】

今まで1人で試行錯誤し料金から店舗から詳しくなった私から
お勧めサイトをランキング化したり攻略方法を届けているのが
このサイトです。

出会い系も相席屋も全国津々浦々に経験してきています。
名古屋&大阪& 東京& 福岡&岡山
&新宿&広島&横浜& 渋谷& 仙台

上記の年の出来事や様々な口コミなどご紹介し暇つぶしに読んでいただけたらいいなと思います。

男性目線ですので女性の方気分を害したらすみません。

【出会い系では今回ありませんが】


4年前の話だ。子供を連れて長野県の野沢温泉に遊びに行った時、
夜になり暇になった俺は、長野県の掲示板に書き込みをした。

「今、野沢温泉に遊びに来ています。この辺りにくわしい方はみえませんか?」
すると、一人の女性からサイメが来た。


きっと彼女も暇だったのだろう。
彼女は、長野県駒ヶ根市在住のバツイチ38歳。
看護師をしながら、小学生の子供を二人育てている。


何回かサイメでやり取りをしているうちに、彼女がアドレスを教えてくれたので、
旅行から帰ったあとも、彼女との直メが続いた。


二人が会うのに、そんなに時間はかからなかった。
彼女が日にちと時間を決めてくれたので、
俺は車で彼女に会いに行った。

待ち合わせは大胆にも、駒ヶ根インターを下りたところにある、
彼女の勤務先の病院の駐車場だった。


朝10時、俺が病院の駐車場に着くと、夜勤明けの彼女が来た。
少し色黒でぽっちゃりした彼女は、どことなく異国情緒を漂わせていた。


彼女の案内で、車をラブホに走らせた。
ラブホに着いて、いろいろ話をしていると、
「私、本当はバツイチじゃなくて、旦那とはまだ一緒に住んでるんだよ。」
と、いきなり彼女がカミングアウト。

「けいくんってアナルとか好きな人?今日、私、こんなの持って来たんだよ!」
と、

笑顔でバッグからバイブ3本とアナル用のバイブ2本を取り出した。
マジかよぉ~!!
俺は、めちゃくちゃ引いた。


初対面で、世の中、本当にこんな人がいるんだなと、
何とも言えない気持ちになった。


彼女との1ラウンドが終わって、風呂から出ると、
二人でホテルの無料ランチを注文して食べた。


俺がテレビを見てくつろいでいると、
彼女がマイバイブを取り出し、ベッドでオナニーをはじめた。
どこまで好きもんなんだろう~。


俺が知らん顔をして携帯をさわっていると、ベッドから彼女が俺を呼ぶ。
俺がベッドまで行くと、
「ねぇ純くん、お願い!アナルにバイブを入れて~!」
と、頼んで来た。

え~っと思ったが、乗りかかった舟だ、仕方がない。
俺は彼女に言われるまま、彼女が果てるまで、
生まれて初めてアナル用バイブを手にとって、彼女を責め続けた。
それは、とても長い時間に感じた。


すごく家に帰りたい気分だった。


彼女は離婚していないことも、こういう性癖があることも、
会うまでの間、あんなにたくさんメールのやり取りをしたのにもかかわらず、
俺には一言も言わなかった。
会ってから言われてもなぁ~。
すごく興ざめがした。


彼女を病院の駐車場に送り届けたあと、
高速道路を運転して家路につく俺に、何とも言えない疲労感が襲った。
いろんな出会いがあるけれど、最低限、嘘をつくのはよくないな、と思った。


京都で会った天狗猿もそうだったけど、
どうしてみんな会うまでの間に、本当のことを言わないのだろう。
それが何だか悲しかった。







   当サイト読者様限定オリジナルの

     注目 ポイント制サイトノウハウ注目

無料サイト
攻略解説は下記を  
クリック グリーン クリック!!
         ↓  ↓  ↓  ↓
      注目アイコン   出会い系で出会う方法はこちらより

deaiatama.png


相席屋より出会える【旅先のホテルでの一夜限りのアバンチュール…!】

相席屋より出会える【旅先のホテルでの一夜限りのアバンチュール…!】


今回は出会い系体験記ではありませんが、アバンチュールです。

今まで1人で試行錯誤し料金から店舗から詳しくなった私から
お勧めサイトをランキング化したり攻略方法を届けているのが
このサイトです。

出会い系も相席屋も全国津々浦々に経験してきています。
名古屋&大阪& 東京& 福岡&岡山
&新宿&広島&横浜& 渋谷& 仙台

上記の年の出来事や様々な口コミなどご紹介し暇つぶしに読んでいただけたらいいなと思います。

男性目線ですので女性の方気分を害したらすみません。



【体験記】


今から5年前の夏、子供たちを連れて愛知県の日間賀島に一泊旅行に行った時の話だ。

知多半島の先端にある師崎からフェリーに乗り、
タコ漁で有名な日間賀島には、
途中、
吉田拓郎がオールナイトコンサートをしたことで知られる篠島に寄ったが、
船旅なんてとても言えないほど、あっという間に着いた。


長男が夏休みの自由研究のため蝶の採集をしたいと言うので、
仕方なく次男と付き合うことにした。


ホテルのフロントで荷物を預かってもらい、
3人で汗だくになりながら、蝶を求めて島中を歩いた。


いくつも蝶を採集し、ご満悦の長男。すると今度は、
次男が海水浴をしたいと言い出した。


ホテルの前のビーチで親子3人、
海上に浮かぶ人工島まで泳いだりして遊んだ。


やがてチェックインの時間になり、
部屋でのんびりできると思ったのも束の間、2人が釣りに行くと言い出した。


ご丁寧に家から釣竿まで持参している。


フロントで釣具屋の場所を聞き、2人を連れてエサを買いに行った。


釣具屋でエサを買ったついでに釣りのポイントを教えてもらったので、
その場所で釣ることにした。釣りを始めると、次から次、
面白いように小さなフグが釣れた。いや、フグしか釣れなかった。(笑)


しかし、子供たちは釣れることが楽しくて、フグが釣れるたびに大喜びしていた。
結局、釣れたフグは全部逃がして、夕食の時間になったのでホテルに帰った。


夕食には、名物のタコが丸ごと出た。
ハサミで切りながら食べた。


ふと、隣のテーブルに目をやると、怪しげなカップル。


見るからに、夫婦ではないのがわかる。
男は40代後半、女は30代前半くらいだろうか。
男は地味だが、女は派手だった。


きっと不倫旅行に来てるんだろう、と思いながら、食事が終わったので部屋に帰った。


22時すぎ、大浴場に行こうと部屋を出た俺は、エレベーターに乗った。


エレベーターのドアが閉まる寸前、正面の部屋のドアが開き、女性が、

「あ~!待って~!」

と、叫びながら走ってきた。

俺は慌てて、開くのボタンを押した。

夕食の時、隣のテーブルにいた彼女だった。

「あ~、よかった!ありがとう!」

思わず笑ってしまった。


「ねぇ~、もうお風呂入った?これから?いいお風呂だったよ。
髪の毛、洗ったからまだ乾いてないけど、いい匂いするでしょ?」

そう言うと、俺に向かって髪の毛をパサパサさせた。

やがてエレベーターは一階についた。

「私、ビールを買いに来たんだぁ。」

そう言いながら彼女は自販機の方に歩いて行く。

俺は彼女の後ろを歩き、

「今日は旦那さんと旅行に来たの?」

と、聞いた。

すると彼女は、

「旦那じゃないよ。私、バツ3だもん。彼氏…みたいなもんかな。
でも、彼、奥さんいるんだぁ。今日は、初めて二人で旅行に来たんだよ。」

と、話した。

「そうなんだ。俺はバツイチだよ。今日は夏休みだから
子供たちを連れて旅行に来たんだけど。」

と、俺が言うと、

「いいお父さんしてるね!彼、飲みすぎてさっき寝ちゃったんだぁ。私はまだ飲み足りなくて。」

と、彼女が言った。

「うちはまだ子供たちが起きてるけど、もう少ししたら寝るかな。
あっ、そうだ!また、後でここで話さない?」

と、ダメ元で言うと、

「うん。いいよ。じゃあ、何時にする?0時?」

と、意外にもアッサリ彼女が乗ってきた。

「そうだね。その時間なら子供たちも寝てるだろうし、大丈夫だよ。じゃあ、0時にここね!今から風呂に入ってくるね!」

と、言って、俺は大浴場へ向かった。

風呂から出て部屋に帰ると、子供たちはもう寝ていた。

昼間、はしゃぎすぎたからだろうか、ぐっすり寝ていた。

俺は携帯をいじりながら、彼女との約束の0時になるのを待った。

途中、何度かウトウトしかけたけれど、11時50分になったので部屋を出た。

エレベーターに乗って一階に降りると、照明が落とされて、真っ暗だった。フロントだけがぼんやりと明るかった。

ロビーに目をやると、自販機の光でソファーに誰か座っているのがわかった。

近づいて行くと、彼女だった。

「ごめん。待った?」

と、俺が聞くと、

「ううん。全然。」

と、答える彼女。

それから二人で30分ほど、たわいもない話を続けた。

「なんか、真っ暗で怖いね。」

と、彼女が言うので、

「じゃあ、探検してみる?」

と、俺が言うと、

「する!する!」

と、言う彼女。

二人で階段を昇って、二階に行ってみた。

二階は、お食事処になっているが、一階と同じように真っ暗だった。

非常口の灯りを道標に二人で歩いて行くと、大広間にたどり着いた。

俺は、後ろをついてきた彼女に振り向きざまにキスをした。

彼女も待ってましたとばかりに、舌を入れてきた。俺の首に両手をまわして、激しいディープキス。

我慢できなくなった俺は、大広間の畳の上に彼女を寝かせて、Tシャツの上から胸を揉んだ。

彼女が感じているのがわかる。俺は、彼女のTシャツを捲り上げ、ブラを外して乳首を舌で転がした。すると、彼女が喘ぎ声を出し始めた。

俺は彼女の短パンとパンティーを脱がせて、股間に舌を這わせた。

彼女のアソコは、ローションを塗ったようにヌルヌルだった。

クンニしながら、指を出し入れすると、彼女の体が大きく波打つ。

あまりの喘ぎ声に、誰か来たらどうしようかと不安になるが、もう止まらない。

クンニで何回かイカせたあと手マンをすると、彼女が勢いよく潮を吹いた。

畳の上は、彼女が吹いた潮でベタベタだ。

俺はそのまま勃起したチンポを彼女にぶち込んで、これでもかというほどイカせまくった。

その後、俺は中出ししたいのを我慢して、フラフラになった彼女を非常口まで連れて行き、非常階段に出ると彼女にフェラをさせ、思いっきり口の中に発射した。

部屋に戻るエレベーターの中で、
「こんなにドキドキして、感じたエッチは初めて!」
と、彼女が俺にニコニコしながら言った。

この夜は、よく眠れた。

朝になって、子供たちと朝食を食べ、フロントでチェックアウトをしてホテルを出た。

ビーチで彼女が彼氏とイチャついている姿が見えた。

俺は気づかないフリをして、子供たちとフェリー乗り場へと向かった。

俺自身、旅先でこんな経験をするのは初めてだった。

今までこんな場面を、何度想像してきたことだろうか。

フェリーが日間賀島を出た時、何とも言えない達成感で俺の心は満たされていた。








   当サイト読者様限定オリジナルの

     注目 ポイント制サイトノウハウ注目

無料サイト
攻略解説は下記を  
クリック グリーン クリック!!
         ↓  ↓  ↓  ↓
      注目アイコン   出会い系で出会う方法はこちらより

deaiatama.png







相席屋より出会い系【pcmaxで出会った27歳の美人社長令嬢!】


相席屋より出会える【pcmaxで出会った27歳の美人社長令嬢!】体験記

今まで1人で試行錯誤し料金から店舗から詳しくなった私から
お勧めサイトをランキング化したり攻略方法を届けているのが
このサイトです。

出会い系も相席屋も全国津々浦々に経験してきています。
名古屋&大阪& 東京& 福岡&岡山
&新宿&広島&横浜& 渋谷& 仙台

上記の年の出来事や様々な口コミなどご紹介し暇つぶしに読んでいただけたらいいなと思います。

男性目線ですので女性の方気分を害したらすみません。

【体験記スタート】

今から5年ぐらい前の話だ。
pcmaxを始めてまだ間がない頃、俺は毎日、昔を思い出してエロ日記ばかり書いていた。
そんな時、お嬢様と出会った。


ある日の夜、俺の日記を読んで俺に会ってみたくなったと、
お嬢様から熱烈なラブコールがあった。


pcmaxでの初めての出会いが、冨永いちろう先生
(過去日記pcmaxでの初めての出会い参照)だった俺は、
また恐い思いをするだけだと、出会いに対して消極的になっていた。


しかし、こちらの返信を待たずに、お嬢様からどんどんサイメが送られてくる。


これは絶対に怪しい、そう思った。


しかし、人間とはおかしなもので、恐いもの見たさ、なんて言葉があるように、
危険だとわかっていても、なぜか足を踏み入れてしまう、
そんな習性があって、それは俺も例外ではなく、心の中では、
シマウマがライオンに食べられに行くようなものだと分かっていても、
お嬢様と待ち合わせの時間と場所をサイメしている自分がいて、
もう後戻りできなくなっていた。


その頃の俺は、多治見に住んでいて
JR中央線で名古屋駅にある会社まで電車通勤をしていた。
お嬢様の住まいが千種区だというので、
夜7時に千種駅のロータリーで待ち合わせることにした。


次の日、朝から俺は落ち着かなかった。
なぜなら、昨夜お嬢様から送られてきた写メがモデル級の美女だったからだ。
ちなみに、なぜ彼女のことをお嬢様と呼ぶようになったかと言うと…。


彼女は27歳。
札幌で父親が会社を経営している。
今回、名古屋に支店を出すことになって、
3ヶ月前に父親と名古屋に来たという。


そんな話に騙されるか!と思う反面、信じたいと思う気持ちもあった。
しかし、最悪の場合、待ち合わせ場所に
黒いスーツに黒いサングラスをした屈強な男たちが来て、
俺を黒塗りの車に拉致することだって考えられる。


彼女の正体は、冨永先生の仲間で、
俺をおびきだすためのオトリなんだと、
仕事が終わって電車に乗っても、まだ彼女に会う決心がつかずにいた。

しかし、

ちくさ~!ちくさ~!

電車が千種駅に着くと、俺は颯爽とホームに降り立った。

いや、降りてしまった。
なるようになるさ!
命までとられることはないだろう。

階段をのぼり、改札を出て、
怪しいヤツはいないか目の前のロータリーを見渡した。


暫くして彼女からサイメが入った。
「もうすぐ着きます。」


いよいよか…。そう思った。

ロータリーに一台の車が入ってきた。
BMWの7シリーズだった。


これは違うな…。
えっ!?
マジで!?
運転していたのは、写メの彼女だった…。

俺が車に近づくと、彼女が車の窓を開けて、
「こんばんは!けいいちさんですよね?乗って!」
と言った。

俺は助手席のドアを開けて、
後部座席にチラッと目をやりながらBMWに乗った。
後部座席には誰も乗っていなかった。


でもまだ安心はできない。
トランクに隠れているかも知れない。


「これからどうします?ラブホ行きます?」
彼女が俺に聞いてきた。

「うん…。(いきなりかよ~)」
俺がそう答えると、


「純一さんって、確か整体とかマッサージとかできるんですよね?」
と、彼女が言うので、

「できるよ…。(何でだよ~)」
と、答えると、

「わぁ~!すごい!私、今すごく肩や腰が痛いんですよ~!
マッサージしてもらってもいいですか~?」
と、ハイテンションで頼んできたので、


「いいよ。(めんどくせ~な~)」
と、言うと、



「わぁ~!うれし~!でも、変なとこマッサージしちゃダメですよっ!」
と、彼女が俺の顔を覗き込みながら言ってきたので、


「ハハハ…。(するに決まっとるやろ)」
と、笑ってごまかした。

車がラブホの駐車場に入った。

あっ、しまった!


きっと仲間とここの駐車場で待ち合わせてるんだ!
道理で、いきなりラブホなんて、おかしいと思った!

俺が車から降りると、彼女が俺に腕組みをしてきた。

くそっ、逃げれない…。

しかし、男たちは出て来なかった。

そうか、部屋で待ち伏せしてるんだな~!
世の中、こんなうまい話があるわけない!
俺が馬鹿だった…。

フロントで彼女が部屋を選び、エレベーターに乗って部屋に入った。
男たちはいなかった…。

部屋に入るなり彼女が、
「先生~!今日はよろしくお願いします!最近、肩や腰が痛くって~!」
ノリノリだった。

「じゃあ、まずこれに着替えて!」

俺は、洗面台にあったバスローブを彼女に手渡した。

「先生~、下着はどうしたらいいですか~?」

「そうだね。施術の邪魔になるといけないから、ブラだけはとってもらおうかな。」

「はい。わかりました~。」

俺もスーツを脱いで、バスローブに着替えた。

「じゃあ、まずうつ伏せに寝てもらおうか。」

部屋の照明を暗くして、彼女をベッドに寝かせた。

まず、肩、背中、腰の順でマッサージをしていった。

マッサージしている間も彼女は、
先生~、気持ちいいです~!
を、連発してうるさかった。

しかし、俺の手が太ももの裏、ふくらはぎ、そして足の付け根にいくと、急に黙りこくってしまった。

俺の指が、彼女のデリケートゾーンに微妙なタッチで触れる。
バスローブはめくれあがり、彼女のパンティーは丸見え状態だった。

俺は彼女のお尻と足の付け根を入念にマッサージして、
彼女に今度は仰向けになるように言った。

仰向けになった彼女の顔にハンドタオルを被せて、
肩、脇の下、そして胸へとマッサージをしていった。

バスローブの上から胸を揉むと、
彼女が感じているのがはっきりとわかった。
バスローブの隙間から手を入れて
彼女の乳首を指で転がすと、乳首がツンツンに起ってきた。


俺はバスローブの紐をほどいて、彼女の乳首を舐めた。

あ~ん、先生~!
そんなにしたら~!
あ~、ものすごく気持ちいいです~!

乳首を舐めながらパンティーに手を入れると、アソコはもう大洪水になっていた。

俺は彼女のパンティーを脱がせると、クンニをはじめた。
すると、彼女がすごい声を出して喘ぎ出した。

その声に興奮して、俺は彼女のクリを唇と舌で、ねちっこく責め続けた。


あ~!ダメ~!いっちゃう~!
彼女の体がビクンビクンと波打ち、いったのがわかった。


それでも俺はクンニをやめない。


先生~!あ~!ダメ~!おかしくなっちゃう~!やめて~!あ~~~っ!

クンニで何度かいかせたあと、俺が手マンをすると、彼女は、
先生~!ダメ~!やめて!出ちゃうから!あ~~~!
と、勢いよく潮を吹いた。

このあと俺は、ビンビンになったチンコを彼女の中に入れて、何度も何度も彼女をいかせまくった。

こうして俺は、やっと冨永先生のショックから立ち直ることができたのだ。



おわり。






   当サイト読者様限定オリジナルの

     注目 ポイント制サイトノウハウ注目

無料サイト
攻略解説は下記を  
クリック グリーン クリック!!
         ↓  ↓  ↓  ↓
      注目アイコン   出会い系で出会う方法はこちらより

deaiatama.png



No.1【PC☆MAX】 管理人厳選出会い系サイト
運営歴10年を超える老舗の優良出会い系サイト
No.2【ワクワクメール】 管理人厳選出会い系サイト
地方の出会いには断トツの強さ
No.3【ハッピーメール】 管理人厳選出会い系サイト
女性 会員が多く男性の警戒心を解く必要がありません。
【ミントC!Jメール 】 管理人厳選出会い系サイト
運営実績15年の優良出会い系サイトです。こちらも運営会社が福岡にあるので西日本在住でしたらかならず登録
【YYC】 管理人厳選出会い系サイト
20代後半の比較的若い会員が多い
【メルパラ 】 管理人厳選出会い系サイト
も運営実績15年の優良出会い系サイトで、ミントC!Jメールとの姉妹サイト
微妙 【いくくる 194964】
昔小森純さんの問題で停滞中。改善中ですね。
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。