スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

相席屋より出会い系 東京・新宿・渋谷【1度だけの双子姉妹との3P】

相席屋より出会い系 東京・新宿・渋谷【1度だけの双子姉妹との3P】

今まで1人で試行錯誤し料金から店舗から詳しくなった私から
お勧めサイトをランキング化したり攻略方法を届けているのが
このサイトです。

出会い系も相席屋も全国津々浦々に経験してきています。
名古屋&大阪& 東京& 福岡&岡山
&新宿&広島&横浜& 渋谷& 仙台

上記の年の出来事や様々な口コミなどご紹介し暇つぶしに読んでいただけたらいいなと思います。

男性目線ですので女性の方気分を害したらすみません。



相席屋より出会い系 東京・新宿・渋谷
【1度だけの双子姉妹との3P】


その日、日曜日にゴルフの月例から帰ると、留守電が1件入っていました。


その頃私は都内に住み、会社に勤めていたのですが、
その仲間から「次の金曜日の合コンに是非参加して貰いたい」というものでした。


さっそく電話を入れて確認すると、
5対5で金曜日の6時から麻布の「ちゃんこダイニング」で、
ある新橋のある大学付属病院のナースと合コンするというのです。
私は、彼女がいて・・と断ったのですが、
今は独身なので一度お願いと頼まれ、断り切れずにOKしました。


本物のナースが5名来ていました。


僕らは全員25歳ですが、向こうは23歳から28歳まで色々です。


同級生で製薬会社の営業の人間がいて、
その病院に薬などを納入していて40歳の婦長とできた奴がいるので、そいつの紹介でした。


かなりの上玉ばかりで、仕事が忙しくて、病人の相手はできるのに、
恋人のいない人ばかりでした。


5対5で自己紹介から始めて、ちゃんこ鍋を突きながらお酒を飲みました。



男性は1万円、女性は5千円会費でした。


みなが相手が決まり盛り上がり、次のカラオケ会場に行きました。


このカラオケ店は昔から芸能人もよく来るという、
高級店で1部屋1時間1万円もします。
その日はフロントで最近顔を見る吉本の芸人とすれ違いました。


4対6で別れてみんなでカラオケを絶唱しました。


僕の横には24歳の亜美ちゃんが、お気に入りでそばに付いてくれました。


住所を聞くと、三田線の高島平で妹と二人で住んでいるという話でした。


カラオケも10時には終わり、別々に帰ることになりました。


麻布近辺で素敵なジャズバーがあるので、そこに亜美ちゃんを誘いました。


「最初一目見た時から貴方が気に入りました」と彼女。


僕は巨乳好きで、身長は160cm位ですが、バストが85cm位はありそうで、なかなかの美女で、仕事は眼科でした。


ジャズバーで、バーボンを飲むと、私もとロックで付き合ってくれました。
それが呼び水になったのかもしれません。


11時半ごろになるとかなり酔っ払って、足もとがふら付いています。


タクシーを拾って高島平に帰りました。


僕もその日は突然高島平に帰ることにしました。

お互いのマンションは本当に歩いても5分ぐらいの近さで、
一緒に降りて「僕の部屋に寄りませんか」と誘いました。


あまり変な気持ちでは無かったのに「いいわよ」と簡単にOKが出ると
思わずあれが勃起してきました。ズボンからはっきりわかるくらいに。
エレベーターに乗り、すぐに小柄の彼女の頭を抱えてキスをしてしましました。
僕は172cmあるので、屈んでキスです。


部屋に入るとすぐにお風呂にお湯をはりました。

クーラーを入れて8階の部屋のベランダに出て、
キスを続けて短いスカートの中に手を入れました。
普通はパンストの子が多いのに、
彼女は生足で、すぐにショーツに触れました。
前が湿っていて興奮しているのが解ります。

僕も陰茎が勃起して彼女の下腹部に当たって、興奮度がわかります。


「電気を暗くして」と言われて、スカートから上も脱がせて全裸にして、僕も全裸になりました。


彼女の秘所はもう完全に興奮で、愛液が流れ出してきました。

ひっそりと顔を覗かせた女の肉の綴じ目が、くっきりと一本の線となって切れ込んでいます。

羞恥の震えで膝を寄せ、内股に緊張の太い筋を起こしています。


薄い茂みに飾られた、白い肉丘のふくらみに頬ずりをしました。

小高い恥骨が厚い肉を覆い、その花蜜をそっと舌に乗せると、磯の香りのような性臭がしました。


「は、恥ずかしい、こんなことって、」と懸命に股を閉じようとします。

「あっ、ダメ~」と制止の言葉は通じるわけがありません。


蕩け切ってきたきた亜美ちゃんの足首を持って、左右に開きます。

ぽっくりと露出した女の器官は愛液に濡れまみれて、ひくひくと痙攣していました。

縦長の狭い空洞が現れて、それを押し開くようにして、僕の陰茎を押し込んでいきました。


もちろんスキンはすぐに装着しておきました。


「私は生でもいいんです。セックスの後ですぐ飲むピルを持っているので、それを飲めば妊娠はしませんので」と言われましたが、心配なので着装してピストンを始めました。


「はああ~っ、頭に血が昇るよ~、身体が浮くよ~、ああああっ、すごいわ~、イクヨ~、イクイクイクイク~」


僕にしがみついて獣じみた呻き声をあげて、昇りつめエクスタシーを迎えるのでした。


「あああっ、もうダメ、わたし死んじゃう~」


口をパクパクと開け、顔を左右に振り、肉壺を締めてきます。

上ずりの悲鳴に釣られて思わずに、どくどくと膣の奥に精液を溢れさせました。


「ああイっちゃうよ~」と、僕は初めて会ったその女性のマンコの中に、白い液体を思いきり吐き出すのでした。


合コンで知り合った亜美ちゃんとは、物凄く性器の相性が良くてびっくりです。


僕には彼女の、彩子がいるんです。

彼女とは同じ×城大学の、僕は経済学部、彼女は文学部で、水泳のサークルで知り合ったのです。

身長は亜美ちゃんと違って165㎝、スタイル抜群ですがオッパイはBサイズで、80㎝ぐらい、W56、H89でした。


付き合ってもう3年で、今は銀座の化粧会社で働いています。

セックスしたのもまだ2年目で、1年間は中々許してくれませんでした。


オッパイは小さかったのですが、アソコは手入れもよく、最初の破瓜にはかなり時間が掛かりました。

20歳で処女でしたから、イクどころか、感激も薄く最初は性行為があまり好きではありませんでした。

フェラをしたのもごく最近で、精液を口の中に放出すると今でもティツシュの中に吐き出します。

でも1ヶ月に1回ぐらいはアクメを感じるようにはなりました。

24歳の亜美と知り合い、本当に彩子よりはそちらの性器の相性が良くて、週一で僕のマンションに尋ねてきました。

ある休日の昼間に、亜美ちゃんが僕の家で食事を作って食べ終えて、ひと勝負性交をしようという時に彩子が訪ねて来たのです。


僕はお風呂に入り、彼女もシャワーを浴びて髪の毛がまだ濡れている時でした。


突然の訪問に最初はびっくりしましたが、あまり慌てずに後輩が来て食事をしていたことにしました。


ナースということで、彩子は安心したようで、おまけに155㎝と10㎝も違い、
かなり美人度では自分の方が素敵と思っているようで、
浮気しているなんては思っても居ないようでした。


ベッドの横にはスキンの箱が用意されていましたが、見過ごしたようです。



その日はすぐに亜美ちゃんは帰り、仕方なく性行為を彩子としました。


でも前のようには、あまり快感がありません。


彼女はその日は珍しく1時間の間に3回もイっていました。


僕は結局射精せずにイク振りをしていました。


家で亜美ちゃんとセックスしているとなんだか不安なので、
彼女のマンションに行くことにました。


父親が前に使用していた部屋で3DKはありました。


亜美ちゃんの妹の久美ちゃんを紹介されました。


本当に瓜二つでそっくりなのです。


同じ24歳なので双子と解りました。


久美ちゃんは現役の大学院生で、医学部で研修医もしています。


彼女の部屋で夜に久しぶりに抱き合うと、
亜美ちゃんは物凄く燃えて呻き声は動物の咆哮のようでした。


部屋から出て二人でお風呂に入っていると、
帰宅した妹の久美ちゃんが、そこを覗きこみました。


勃起した僕の陰茎をフェラしている姉を見て、自分も参加してきました。


全裸になると物凄く白い肌で、お姉さんよりは少し背が高く、
陰毛も茶系統で、割れ目もひっそりとしています。


「久美ちゃん、ダメよ、私の恋人なんだから」というのに、
狭いお風呂に乱入してきて、僕のペニスに縋り付いて舐め出します。


12畳のリビングには毛足の長い、絨毯が敷き詰められています。


その上で全裸の美女二人に囲まれて、3Pセックスが始まりました。


最初は亜美のマンコを使用して性交、イクと交代して久美ちゃんの膣の中に陰茎を挿入して、ピストン運動を始めました。


妹のアソコは赤桃色で、舟形にぱっくりと口を開いています。


しかし股をしっかりと広げているのに、開口しているのは膣口周辺だけでした。

セピア色の小陰唇は左右がくっついて、うにゅうとむくれて出ています。


その上の方には、半分恥毛に隠れて、薄桃色の肉の畝が膨らんでいました。


一度深呼吸をしてから、ペニスの先の愛液のぬめりを感じながら、鰓を張った亀頭を肉門に潜らせました。

少しの抵抗はありましたが、膨らんだ亀頭が通り過ぎると、後はスムーズに根元まで一気に挿入されました。


「ああああっ、すごいのね~、私の彼よりは1.5倍はありそうよ、うううんんん~、くくく~っ、もうイキそうよ~」


ヴァギナの括約筋が一気に収縮して、膣胴の中の肉壁がペニスを包み込みます。


久美との性交場面を見ている亜美はもう指を、クリトリスに当ててオナニーを始めて喘いでいます。

3Pですから、一応久美の唇に濃厚なキスをしてやりました。


性交をしながら他の女のオマンコを触るのも、かなり気分の良いものです。


初めての体験でしたが、もう病みつきになりそうです。


「はああ~んん、ひいい~っ、ワタシ、イ・ク~ッ、逝っちゃうよ~」


久美の鋭い悲鳴が部屋中に響き渡ります。

姉妹とはいえ、おなじ部屋で性交は快感が倍増です。

彼女は姉に見せつけるように、幾たびものオルガスムスを全身を痙攣させて、穴という穴から体液を撒き散らして、ついには白目を剥いて失神してしまいました。


僕は3Pということで射精を我慢してきたのですが、痙攣して悩ましい声を上げる久美の膣の奥に射精をするのでした。

ペニスが大きく脈動をして、熱い欲望のエキスを迸ると、見ていた亜美も思わずにアクメで身体をのけぞらしてイクのでした。


完全に狂ったように身悶えして、動かなくなった彼女のアソコを濡れタオルで、流れ出す精液を拭ってやりました。


またこの後は、狂った性行為をいつまでも続ける私達でした。






   当サイト読者様限定オリジナルの

     注目 ポイント制サイトノウハウ注目

無料サイト
攻略解説は下記を  
クリック グリーン クリック!!
         ↓  ↓  ↓  ↓
      注目アイコン   出会い系で出会う方法はこちらより

deaiatama.png

スポンサーサイト

相席屋より出会い系 東京・新宿・渋谷【同級生の女との思わぬ再会】

相席屋より出会い系 東京・新宿・渋谷【同級生の女との思わぬ再会】
今まで1人で試行錯誤し料金から店舗から詳しくなった私から
お勧めサイトをランキング化したり攻略方法を届けているのが
このサイトです。

出会い系も相席屋も全国津々浦々に経験してきています。
名古屋&大阪& 東京& 福岡&岡山
&新宿&広島&横浜& 渋谷& 仙台

上記の年の出来事や様々な口コミなどご紹介し暇つぶしに読んでいただけたらいいなと思います。

男性目線ですので女性の方気分を害したらすみません。


相席屋より出会い系 東京・新宿・渋谷
【同級生の女との思わぬ再会】



大学を出て地元に戻って4年目、32歳の時。


地元の大学を出たばかりの22歳の彼女はは、裕木奈江
(若い人は知らないかな?)に似た可愛い子で、一目で惚れて必死で口説いた。


告白するんじゃなくて、初めからいきなり口説いた。


彼女も俺が抱きたがってるのを知った上でのデートだったから、
3回目のデートでラブホに行ってくれた。


清純そうな顔してても、フェラは巧いし騎乗位好きだし、
俺に跨がって腰をクイクイさせて俺のチンポを味わって、
「気持ちよかったよ。合格。付き合ってあげる」と。


この時代も女が上から目線で、男はお願いするばかりだった。


彼女は大学1年で初体験して、その後の大学生活で3人と性体験して就職、
俺が5人目だったそうだ。


一番長い男で1年、短い男は2週間で別れたそうだ。


22歳で経験人数が4人は、今時では多いかもしれないが、あの頃は別に驚かなかった。


地方の大学だからそんなもんだが、あの頃の東京の女子大生は一桁じゃなかっただろう。


とりあえずハメてみて、それから付き合うなんてことも珍しくなかった。


セックスに対するハードルはやたら低かったような気がする。


そんな彼女と付き合っている時、思わぬ再会があった。


先週の金曜、送別会の帰りに高校の同級生の女と出くわした。

旦那の転勤で地元を去るため、奥様会の送別会に出ていたそうだ。

まだ時間も早いし、高校時代に好きだった女だから誘って飲みに行った。


「俺、君のこと好きだったんだ。」


「ふふふ、言ってくれればよかったのに。同じ時期に東京の大学にいたから、付き合ってたかもよ」


などと言っているうち、気がつけばラブホでキスしていた。

美人なだけに綺麗に年を重ねていたが、
マンは彼女よりビロンと伸びて、開けばピンクだった。


「あ、ああ、クンニなんて何年振りかしら・・・あ、ああん・・・」


牝汁で鼻までヌルヌルになった。


ぶじゅる、るぶうじゅるる、といやらしい音を立ててエロ全開のフェラをしてくれた。


「生理あるけど最近不順なんだ。生でいいけど中には出さないでよ」


生でアワビを味わった。


「あぁ、ああ、ああん、ああん、、あ」


スゴい乱れようで、ぶばっ、ばぶっ、ぶばぶばっとマン穴から牝汁と空気を噴出して淫らな音を発していた。

彼女にたっぷり精液をぶちまけて、しばらくベッドで会話した。


「君は美人だから、女子大生だった頃は、かなりの男とヤッたんじゃないか?」

「ふふふ・・・そうね、大学時代は毎学年、本命の彼氏が変わってた」


「本命だけじゃなく、高級車に乗った彼氏も何人かいたんじゃない?」

「それ数えたら、両手両足の指だけじゃ足らないわよ」


「40人とか50人ってか?」

「たぶんそのくらい。午前中に本命の彼氏に抱かれて、午後はバイト先の中年社長、夜はもっと若くて金持ちのイイ男・・・1日に3人ハシゴしたこともあったよ」


「1日3人か・・・複数とかもあったのか?」

「あったあった。軽井沢の別荘に連れて行かれて、女の子は私の他に2人いて、男は10人以上いたんじゃないかしら。もう、次から次、最後は意識が飛んじゃってた。その後パーティーして騒いで寝て、翌朝また何人かに抱かれたわ」


「やっぱりなあ。あの頃の美人女子大生は、金持ちに喰われてたもんな。最高でいくら稼いだ?」

「イヤな言い方するわね。現金はもらったこと無いわよ。でも、最高は50万円のシャネルのバッグかな。バイト先の中年社長にSMさせたら買ってくれた。ポラロイドで撮られたしね。でも、かなり恥ずかしかったわよ。アソコ丸出しで、アソコだけでなくお尻の穴にも色んなもの入れられたもの」


バブル時代に東京の美人女子大生が経験していた性体験が、
俺の想像を超えていたことを知った。



「じゃあね。またいつかここに戻ってくるかもしれないけど、その時はただの同級生だからね」


「バイバイ!」


彼女はタクシーで帰って行った。


その晩、例の彼女とも寝た。今ならとても無理だが、若かったんだと黄昏てしまう。







   当サイト読者様限定オリジナルの

     注目 ポイント制サイトノウハウ注目

無料サイト
攻略解説は下記を  
クリック グリーン クリック!!
         ↓  ↓  ↓  ↓
      注目アイコン   出会い系で出会う方法はこちらより

deaiatama.png

相席屋より出会い系 東京・新宿・渋谷【銀世界の尾瀬。処女だった彼女】


相席屋より出会い系 東京・新宿・渋谷【銀世界の尾瀬。処女だった彼女】

今まで1人で試行錯誤し料金から店舗から詳しくなった私から
お勧めサイトをランキング化したり攻略方法を届けているのが
このサイトです。

出会い系も相席屋も全国津々浦々に経験してきています。
名古屋&大阪& 東京& 福岡&岡山
&新宿&広島&横浜& 渋谷& 仙台

上記の年の出来事や様々な口コミなどご紹介し暇つぶしに読んでいただけたらいいなと思います。


男性目線ですので女性の方気分を害したらすみません。



相席屋より出会い系
 東京・新宿・渋谷【銀世界の尾瀬。処女だった彼女】



処女も童貞も、誰しも経験する。

2月ごろ、Sさんという23歳の団体職員の方を誘って
尾瀬岩倉に2泊のスキー旅行に行った。


りんご村という学生時代から使っていた宿は個人のペンションで、
若い私たちや、家族連れのスキー客で賑わっていた。


尾瀬岩倉は今でもスキー専用のコースで、ゲレンデも長く楽しいコースであり、
Sさんを誘ったら連れて行って下さいと言われ、
これは楽しい旅行になると思った。


当時は夜、走り3時頃到着する予定だったが
思いのほか順調で2時には着いていた。


掛け布団を持ち込んで車で仮眠を取ろうと思ったが、
それまで音楽をかけて楽しく話しながらの道中だったが、
当時のぎらぎらしていた私が、ただ朝までそうしていられる訳もない。


会話がなくなり、自然に彼女の胸に手をやった。


「だめ、やめて。」


と拒まれてしまった。私の股間は痛いくらいに張れ上がっていた。
だまって私は彼女の手を引いて触らせた。それで彼女は沈黙した。

ファスナーを降ろして、熱くなっている男のそれを握らせる。
お淑やかなまだ新卒1年目の理知的な彼女が好きだった私は、
そんな彼女に私のそれを握らせ扱かせた。


唇を合わせ、舌を入れる。硬い反応だった唇から吐息が漏れていた。


冷えた車内は二人の人いきれでガラスは真っ白になっていた。


「私、まだなんです。だからここじゃいや。」


なら、しごいてよとそのままザーメンを発射するまで手淫させた。
彼女の手に暖かい精液が飛び出し、すぐに冷えた。


そしてその晩。彼女は明るい間、夕べのことばかり考えていたという。


折角のスキーなのに申し訳ない。私はそれが目的だった。
微笑みながら痛くしないでという彼女。


処女は彼女で二人目だった。
舐めさせ、勃起した股間に
彼女の小さいくちがぴちゃぴちゃ、不器用に舐めていた。

「 ! 」


あまり長い和合ではなかった。
血の着いた私の突起物と、銀世界の赤い林檎が彼女のはじめてを終えた。



私で良かったと言われたのが少し嬉しかった。



翌日の夜も、交わった。



彼女がそれから、セックスの虜になるとは
その時の僕にはわからなかった。

地元に戻ってからの私と彼女の交わりはまた後日記すことにする。






   当サイト読者様限定オリジナルの

     注目 ポイント制サイトノウハウ注目

無料サイト
攻略解説は下記を  
クリック グリーン クリック!!
         ↓  ↓  ↓  ↓
      注目アイコン   出会い系で出会う方法はこちらより

deaiatama.png

相席屋より出会い系 東京・新宿・渋谷【浮気主婦の彼女】

相席屋より出会い系 東京・新宿・渋谷【浮気主婦の彼女】

今まで1人で試行錯誤し料金から店舗から詳しくなった私から
お勧めサイトをランキング化したり攻略方法を届けているのが
このサイトです。

出会い系も相席屋も全国津々浦々に経験してきています。
名古屋&大阪& 東京& 福岡&岡山
&新宿&広島&横浜& 渋谷& 仙台

上記の年の出来事や様々な口コミなどご紹介し暇つぶしに読んでいただけたらいいなと思います。

男性目線ですので女性の方気分を害したらすみません。



相席屋より出会い系 東京・新宿・渋谷【浮気主婦の彼女】



彼女は37歳、中学生の娘がいる主婦だという。
目がぱっちりしていて、少し下半身が太めだが、バストはF。
なれど、張りがあり、とても柔らかい。そんな彼女との逢瀬は2年近く続いた。


若いときはさぞもてたに違いない。今回は彼女との逢瀬の時を思い起こしてみた。


彼女の印象は、いわゆる普通の主婦。当然旦那も家族も健在、
なれどこうして夜の町に足を運び、主婦売春をしている。
連絡は平日、週末はメールは家族にばれると
まずいので遠慮して欲しいと言われていた。



私の燃える相手はいわゆる「普通」のひと。
その彼女の内に潜む女を夜にこっそりと楽しむひとである。
慣れすぎていては居らず、ふたつの顔を使い分ける、
彼女はそうしたひとだった。


彼女の娘が、そんな母の夜の顔なぞ知る由もないし、知る必要もない。


そんな彼女が私を求めたのは、私がまともそうな人に思えたからだという。
体を預けるひとが暴力的だったり、その筋の人であったりはありえないという。
彼女の基準は「年上好き」である。



年下は論外。絶対ないと言い切っていた。



「お先にどうぞ」


とお風呂もけして一緒には入らない。
恥ずかしがり屋なのだ。

照明もかろうじて歩ける程度の明るさ。
それが私と彼女のホテルだった。


タバコを吸い、彼女とはいろいろと世間話もした。
その中で意外と彼女と私の境遇が似ていると
お互い感じたことが親近感を呼び、打ち解けるきっかけとなった。
父の酒で苦労をしてきた過去を話してくれた。


「そっか」

と私も親近感を感じ、はじめようかと誘ってみる。


「はい」


と頷く彼女。
裸の男女がひとつのベットに入ればすることは決まっている。
彼女にも、私にも悪い蛇が宿っている。それが絡み合うだけだ。


キスをした、嫌そうだった。


それが伝わってきたので豊満な胸を揉んでみた。


「はぁ、はぁ」


と吐息が漏れる。胸が感じるようだ。
宝島を見つけた私は、そこを愛撫する。
右、左と舌をころがし、乳首を甘噛みしてみる。
吐息はあえぎに変わり、彼女は母では無くなっていた。男を求める女であった。



蜜ツボは当然のように溢れていた。指を入れようとしたら嫌だという。


クリトリスは平気だけどあまり好きではない。
それならと、そこに顔を埋めバストと同時に愛撫する。


どのくらい攻めたろうか?彼女が起き上がり私の股間を求めてきた。


ぴちゃ、ぴちゃと音を立て、優しい彼女の愛撫が続いた。
当然、相方に求められると、私は大きくなる。


「太いですね。(笑)」


と彼女に微笑まれる。くださいという合図だ。
彼女に覆いかぶさり、彼女の手をそれを掴ませ、導かせる。男と女はひとつになった。


人生で何度この瞬間を迎えるのだろうか。だが、彼女は人の妻である。


黒いコンドームは沈んでいった。


「ああ、ぁぁ、ぁぁぁ、ぁぁぁぁぁぁ、はぁ、ぁぁ。」


と彼女の声が部屋中に木霊する。なれど大きい声ではないが、
確実にスイッチが入っている。

後は射精するまでの運動時間。虫も、動物も、雌に取り入ろうと命がけでそこを目指す。


でも、人間のメスは生殖ではない「快楽」のみを望む生き物。


いやらしい女だとその時思った。


一定の時間のピストン運動の後、中で果てた私。
ぶっかけなどしない。それは彼女が求めていないことはわかっていた。


彼女の場合、一番の性感帯は胸。


果てた後横になり、彼女の敏感になっている胸を揉む。
それが彼女とのセックスの2発目。

左手で胸を揉み、私は手淫する。それを彼女も楽しんでいた。


「出るとこみて。」


「うん」


と少女のように頷く彼女。


風呂に入り、身支度をして新宿駅で彼女を見送る。

そして数週間すると誘いのメールが来る。そんな女だった。
たぶん、彼女から、あなたにもいつかお誘いのメールがくるだろう。


それは難しいことではない。


彼女に気に入られればいいだけだ。





   当サイト読者様限定オリジナルの

     注目 ポイント制サイトノウハウ注目

無料サイト
攻略解説は下記を  
クリック グリーン クリック!!
         ↓  ↓  ↓  ↓
      注目アイコン   出会い系で出会う方法はこちらより

deaiatama.png



相席屋より出会い系 東京・新宿・渋谷【 生理前の彼女】

相席屋より出会い系 東京・新宿・渋谷【 生理前の彼女】

今まで1人で試行錯誤し料金から店舗から詳しくなった私から
お勧めサイトをランキング化したり攻略方法を届けているのが
このサイトです。

出会い系相席屋も全国津々浦々に経験してきています。
名古屋大阪東京福岡岡山
&新宿&広島&横浜& 渋谷& 仙台

上記の年の出来事や様々な口コミなどご紹介し暇つぶしに読んでいただけたらいいなと思います。

男性目線ですので女性の方気分を害したらすみません。




相席屋より出会い系 東京・新宿・渋谷【 生理前の彼女】

千葉で知り合ったRさんという32歳のひとがいた。
彼女は責めでSだと言っていた。
だから、本来私とは合わない相性なのだが、とりあえず勉強の為にと、
指定された京成千葉の駅へと向かった。



 仕事が終わってからという話だったので7時半の待ち合わせの約束。



今日は待ちぼうけかもな、と思いつつ車で待っていた。
小柄なショートの彼女が会釈をしてきた。彼女だった。


 彼女は若い時から男も女も食べてきたというつわものだという。
なぜ、私もSなのに会う気になったの?

と聞いてみると、


ここ1年彼氏もなく、生理前なので、昨日からウズウズしていたからと応えた。


用は割り切った関係。


それならそれでいいと、私も遠慮なく努めようと思った。
肉付きのいいコンパクトグラマーな肢体。下着は黒だった。


彼女はSというくらいだから、語気はきつく命令口調なのかと思い込んでいたら、意外にも普通な感じで自分は女性に対してはかなりドSであるが
男のひとにはそんなでもないですよ、と話してくれた。


「しません?」


と彼女が言ってきた。お話より、夕べから久しぶりのセックスのことを考えていたという。


「俺、少し大きいよ。」


彼女の目の奥が光った。実は私は普段はポークビッツのように小さい。
興奮すると膨張するのだ。

だから、使用前のモノを初めて見た子はたいしたことないと鼻で哂う。

そして最後には軟体動物になり、横たわる。



だが、それも相手次第。燃えない相手にはだらんとしたままである。

唇を合わせると胸に手をやる。乳首が敏感になっていた。
生理前の特徴だ少し乳房も硬い。


いつものように彼女の手を局部に引き寄せる。既に膨張していた。
それ、を上に下にと手淫させる。


「ぁ。」


と彼女のデリケートな部分を探り当てたようだ。
彼女がびくんと跳ね上がる。宝島を見つけた後はそこを撫ぜる。
舌でチロチロとする。激しくはしない、スローにスローにゆっくりと舐めなめ続ける。


言葉で下品に責めてみる。


普段自分がしていることを自分がされている愛撫。
少し早いかな、と濡れ具合を確かめるが、こうした子には強引な挿入がいい。


「!」


と黒いコンドームが彼女に分け入っていった。
オカモトの馬のデザインのゴムは黒い。
普段は象のパッケージの青いやつなのだが、
マツキヨには置いてなかったから、少しピチピチとている。


「黒人みたいでいやらしい。」


ふぇらをしながら少し前に彼女の瞳は潤んでいた。
下品な言葉は彼女を刺激した。肘を掴み、後ろからつき続ける。


「たたいて、お願い、たたいて、叩いて!」


とスパンキングを要求してきた。ぱちん!ぱちん!としてみる。


「だめっ!もっと叩いて!」

ぱちん!ぱちん!ぱちん!ぱちん!ぱちん!ぱちん!
と尻は赤くなってきた。この変態女!と罵ってみる。


「あぅぅぅ、うぅぅ、あぅ、気、きもちぃ、」


涎が垂れていた。


そのまま、後ろからつぶれバックで挿してみる。
奥までの深い挿入が彼女に我を忘れさせた。



「いい、こゆの、好い、もっとして、もっと、もっとして!」


私の局部は傲慢にも膨張して、彼女を突き上げていた。
カエルのように足を開き、私に前後に腰を振る彼女。折れそうだ。



3回、果てて、最後に私が出していいかと尋ねてみた。


「きてっ!」




私の汚物は、彼女の髪に掛かってしまった。申し訳ない。

終わってしゃがみ込んだ彼女は少し怒っていた。






   当サイト読者様限定オリジナルの

     注目 ポイント制サイトノウハウ注目

無料サイト
攻略解説は下記を  
クリック グリーン クリック!!
         ↓  ↓  ↓  ↓
      注目アイコン   出会い系で出会う方法はこちらより

deaiatama.png


相席屋より出会い系 東京・渋谷・新宿【真夜中の女子大生】

今まで1人で試行錯誤し料金から店舗から詳しくなった私から
お勧めサイトをランキング化したり攻略方法を届けているのが
このサイトです。

出会い系相席屋も全国津々浦々に経験してきています。
名古屋大阪東京福岡岡山
&新宿&広島&横浜& 渋谷& 仙台

上記の年の出来事や様々な口コミなどご紹介し暇つぶしに読んでいただけたらいいなと思います。

男性目線ですので女性の方気分を害したらすみません。



相席屋より出会い系 東京・渋谷・新宿【真夜中の女子大生】





「ねっとりといじめられるの、結構好きです。
自分で恥ずかしいことを言わされるのも、
頭がぼーっとしてしまってとても心地よくなってしまいます…。
おっきいので、激しく突かれて泣きながらセックスしたいです…。
期待に胸が膨らみます。

アドレスありがとうございます。後で私からまたメールを送りますね。」



だいたいこんな内容のお誘いが届いた。Mさん20歳である。
158の眼鏡をかけた都内に通う大学2年生だ。
こうなると完全に子供といってもいい世代。
何も私のような中年としなくても、と思うが
原木中山のロータリー側に彼女は待っていた。



大きなトートをかけ寒そうに時間にちょうど会えた。
今にも雪のふりそうな夜だった。
年明けに騒動になるとは露も思わない、ゲスの曲が車内に流れている。



「私、ボカロとか好きなんですよ。」


ちあきなおみや、石川さゆり、森高千里、レベッカ、いきものがかり、
私の人生でバッググランドに懸かっていた曲。ボカロは守備範囲外であった。



「♪愛してたと嘆くにはあまりにも時は過ぎてしまった。まだ心のほころびを癒せぬまま 風が吹いてる。 ひとつの目で明日を見てひとつの目で昨日を見つめてる君の愛の揺りかごでもう一度 安らかに眠れたら 乾いた瞳で誰か泣いてくれ. THE REAL FOLK BLUSE本当の悲しみが知りたいだけ
泥の川に浸かった人生も悪くはない一度きりで終わるなら」



いい歌ですね。なんて曲ですか?と彼女は車の中でかかったこの曲に興味が沸いたようだ。1998年に、例の10年の付き合いの女に裏切られた頃、とても乾いていた時に聞いていた曲。



「さぁ。」



と私はそっけなく答える。おっさんだから。


船橋のホテル街はなぜか住宅地の中にある。
あいにく一杯であり少し待つことになった。
何で私に連絡してきたのかというと、携帯で私の日記を読んで、
興味を持ったという。Mなんですと、くったくなく笑う彼女。


たぶん、彼女の両親は私と同世代のはず。申し訳なく思う。


トートバックに衣装があるので着けてみるという。
秋葉のメイドさんだった。これは制服なんですよ、
バイト先の、てっきりコスプレかと思い込んだ
ゲスな私と彼女のひと時の出会いがこれから4時間にわたって始まることになる。



浴室で、お風呂を落とす私。寒かったので熱めにしておく。



少し落とした照明の中で、まだ少女らしい彼女が照らされている。
一緒に湯船に浸かると、下から持ってきた青い入浴剤を彼女が入れた。


いい香りがして、私は彼女の丘陵を触ってみた。


「うん、あ、ぁ」



と吐息が変わる。女へと少女は変わり始める。
いじめて欲しいと頼まれていた。
言葉で思い切りいじめて下さいと頼まれていた。


だが、なんかかわいそうでいまひとつ乗り切れない。
私がスイッチが入りきれない。


彼女はMだと話してくれた。高校に入る春休みに処女を失い、
同級生と付き合い女になったと話してくれた。
18の時、少し年上の男性に出会ったという。



彼に焦らされる悦びを教え込まれたという。



頭の良さそうな、会話の端々に回転のよさを感じていた。
まだ幼さも残っているような顔には、既に女が宿っていた。それも質の悪い性壁。



くつわを持ってきていた彼女。ボールの入っていた涎を垂らすあれだ。



そして、私にスイッチが入った。



部屋の隅に拘束具が有った。普段は使うことはないが、
彼女には服を着けさせた。そして始めた。
目隠しをして全身を撫でる。蜘蛛の這うように両の手は2匹の虫となって彼女を巡る。


いちいち、びくん、びくんと反応する身体を見ながら下品な言葉をかける。


「はい、そうです。お願いです、おねがいです。」


と乞う彼女を容赦なく言葉で弄る。ああぁ、感じます、
と彼女には完全にスイッチが入っていた。
衣服をはだけ丘陵と桃色の下着だけにする。



書道の筆で乳首辺りを撫ぜる。そして胸から下腹部に書をしたためる。



「ヘンタイ」


と声にする彼女。そう書いたからだ。焦らされすぎて、
体中が敏感になって、その上でクリを撫でるように触る。


びくんと仰け反り、ぼーっとしている彼女に。天
使の名前の機械をあてがう。ダイヤルは小、小、中、小、
中、そして振動音は砲口をあげ二人の部屋には彼女の叫びが木霊する。



「ひぃ、ぃぃいい、いい、いいいいいい、いくぅぅぅぅぅぅぅぅぅ!」



という声にもならない超音波が30分ずっと繰り返される。
何も考えられなくなるくらいの快感の只中にいるのだろう。



「その時は90分くらい焦らされてたときでした。
焦らされすぎて、体中が敏感になって、その上でクリを撫でるように触られました



何も考えられなくなるくらいの快感でした。



その時、自分でしてる時と同じような感覚になったんです。
相手の指だけに集中して、快感だけを感じて、昂ぶって…そして、イク事が出来ました。」



後日のメールに彼女がそうしたためてきた。
その時を振り返ってのことだ。まるでセックスの虜になってしまった彼女。
私の責めはまだまだ続。「イクッ、いくっ、いくっ」と快楽に溺れる少女。



スパンキングにびくびくと反応し、突っつかれてはしゃぶらされ、子宮の奥にあたるとスポットらしく「ソコ、そこ気持ちい・・。」と繰り返し、背面騎乗から私ががぬるっと抜けると、鯨のようにシーツをぼとぼとぼとと濡らす放尿。



骨の髄まで性欲に溺れる彼女。
その素顔はあどけなくまた豹変ぶりも彼女自身の一面なのかと思う。


恥じらいと欲望と性欲への渇望がないまぜとなったパーソナリティが弾けそうである。
暗がりの中で輝いている白い肌。感じると火がついたように身悶える感度の良さ。



私のスカイツリーをねめりまわし、 美しい肢体を惜しげもなく開脚。
桜色に紅潮した頬がよりエロチックに感じ私もフル勃起していた。



彼女は泣いていた、あんあんと涙をこぼして約束の通り泣きながらしている。
私に彼女が求めたものなのだ。



よほど奥に突き当たるのがいいらしく、何度もいくいくと
喘ぎ繰り返す絶頂を楽しんでいる。
もうすぐ時計は深夜の丑三つ時をさしていた。



見た目かわいさだけでも撃沈だというのに、
この女性はスイッチが入るともう周りが見えなくなるくらいセックスに没頭する。



「き(笑)気持ちいい。」「おちんちん大好き」と気持ち良いのを全身から感じている女。



少女ではなく女になっているのだ。



よだれと涙が、そのイきっぷりを物語っている。


きっと、相手をおもちゃに見立てたオナニーの一つ。
だから、好きな人とするよりも好きじゃない人に犯されたいって思うのかもしれない。



それに、好きな人にこんな感情向けられ無い。
だって、自分がストレス発散のためだけに虐められたいだけなんだもん。
そこに愛や忠誠心なんてない。ただの欲望だけです。」



彼女はなぜ、賢いのに自虐的に走るのか。
そして私という相手を見つける嗅覚もそうした彼女の求めなのかもしれない。



彼女の感じ方。恥じらいを持ってエクスタシーの谷底であえいでいるようだ。
後ろから、ごんぶとに貫かれいるとき、指でアナルを隠したいらしく抵抗している。




また、感じていると指を噛むクセがあり、なまめかしい。
リードされて、一枚一枚脱ぎ捨てられる羞恥心。
そして、みしみし音が聞こえる極太を咥える騎乗位。



この美しい顔に、一撃顔射。真夜中に彼女の鼻と目の下に白い汚物が溜まっている。巨大な根っこを執拗に打ち込まれ痙攣・失神・快楽の海でのたうつ。失神3回。



「なんか悪いことしてるみたいですね。」と、別れ際、
素が垣間見えたようだった。子猫のような人懐っこい小顔が手を振っていた。





   当サイト読者様限定オリジナルの

     注目 ポイント制サイトノウハウ注目

無料サイト
攻略解説は下記を  
クリック グリーン クリック!!


         ↓  ↓  ↓  ↓
      注目アイコン   出会い系で出会う方法はこちらより



deaiatama.png




相席屋より出会い系東京・新宿・渋谷【美人だけどきつい彼女】

今まで1人で試行錯誤し料金から店舗から詳しくなった私から
お勧めサイトをランキング化したり攻略方法を届けているのが
このサイトです。

出会い系相席屋も全国津々浦々に経験してきています。
名古屋大阪東京福岡岡山
&新宿&広島&横浜& 渋谷& 仙台

上記の年の出来事や様々な口コミなどご紹介し暇つぶしに読んでいただけたらいいなと思います。

男性目線ですので女性の方気分を害したらすみません。




相席屋より出会い系東京・新宿・渋谷【美人だけどきつい彼女】




いまの相方は市川のTちゃんという女性である。もうこれで4年目となる。
月に1度か2度のエッチだけの彼女であるからセフレである。
私と10歳違いの彼女。


ひとことで言えば、恐ろしく気が強い。
うるさい、めんどくさい女である。
これを読まれたら激怒して何を言われるかわからない恐ろしさがあるが、
男と女は相手が強いほうが意外と長続きするようである。



そして、意外とやさしい心根もあることは承知している。
父が死んだ時も、母が大病を患った時も気持ちの上で支えとなってくれた。


セフレであるが、気持ちのやさしい人でもある。ただ、性格がきつい。
これはあっちの方に多分に影響を及ぼしている。


彼女とはここの掲示板で連絡があり知り合った。
デニーズで夕食をし、色々世間話をするが、
いつも話が弾み2時間時には3時間過ごすこともあるので、
それからホテルに向かうと別れるのはいつも深夜2時くらいである。
それから帰宅すると、朝近くなるので私には最近体力的にきついなぁ
と感じない訳でもないが、それでも彼女との逢瀬は止められずにいる。


彼女はジムやヨガで体を鍛えまくっている。
そしていわゆるべっぴんさんなので、
私のようなくたびれた中年にはもったいない相方の筈なのだが、
独身の彼女は結婚する気も無く、私一人だけとの関係を続けている。



「複数のひとと同時進行するなんてこと性格的に絶対無理。」


当然ながら、私が他の女とヤることなぞ、
それこそ片鱗でも捕まえられれば
あの鍛えた体でボコボコにされるだろう、
それは冗談にしても平手打ちくらいは覚悟しなければならない。


「あんたなんか、前の彼氏には及びもつかないからね。」


と出っ張った私の腹を見ていつもぼやく。



これまで、浮名は流してきた私ではあるが
春の手帳で出会った女性たちの中で、
一番のヤキモチ焼きで可愛らしい彼女である。


さて、彼女がきれいだなと思うところは洗い髪をしている後姿だ。
濡れた髪を洗っている背中からお尻にかけてのラインが堪らなくそそる。


そして肌が、特に脚が長くすべすべしている。
37でこの肌の維持はたいしたものだと思う。


彼女、こうした性格なので完全な受身のセックスである。
女王様に傅くしもべの私は、キスも許されていない。
胸も感じないし、そうなればやはり
あそこ、秘処への攻撃しかないだろうと、
たっぷりとクンニリングスをする舐めだるま親方で責めている。


こんなきつい性格の彼女だからこそ、スイッチが入ると楽しくなる。少し
感じ始めると声でわかるので、秘かに私にもSのスイッチが入る。


「うぅぅん、あっあっあっぁぁぁ!」


と乱れ始めれば、やはり彼女でも私の固いものが欲しくなる。
あのきれいな顔で私の汚らしい男性樹を求める。


中派の彼女は、指で蜜ツボを掻き回すと、濡れに濡れまくる。



だから、怒張した私がずぶずぶと入ると、


「あぁぁぁぁ、は、はぁ、ぁぁ」



とあえぎ、こちらの成すがままとなる。
この征服感が私には快感なのだ。



今度の9日には今年最初の逢瀬である。
仕事が忙しく先月は逢いにいけなかった。待ってるねと、メールが届く。


きつい性格さえなければ、もっといい女なんだが。
あそこの締まりもきつきつですが。




   当サイト読者様限定オリジナルの

     注目 ポイント制サイトノウハウ注目

無料サイト
攻略解説は下記を  
クリック グリーン クリック!!
         ↓  ↓  ↓  ↓
      注目アイコン   出会い系で出会う方法はこちらより

deaiatama.png



相席屋より出会い系東京新宿渋谷【 美人だが本性は鬼の彼女】

今まで1人で試行錯誤し料金から店舗から詳しくなった私から
お勧めサイトをランキング化したり攻略方法を届けているのが
このサイトです。

出会い系相席屋も全国津々浦々に経験してきています。
名古屋大阪東京福岡岡山
&新宿&広島&横浜& 渋谷& 仙台

上記の年の出来事や様々な口コミなどご紹介し暇つぶしに読んでいただけたらいいなと思います。

男性目線ですので女性の方気分を害したらすみません。






相席屋より出会い系東京新宿渋谷【 美人だが本性は鬼の彼女】






1995年に帰郷し稼業を継いだ私。地元で同級生のMと再会した。
彼女とは在学中は顔を知っている程度であまり話をしたことは無かったが、
若く勢いのあった私は、飲みの席で彼女をドライブに誘った。彼
女は東京から離婚して帰ってきたばかりだというシングルマザーであった。




このMと深い中にならなければ、
私の人生は違っていただろうという大きな出会いであった。
これより10年、彼女とはつかず離れずの関係が続いていく。



ドライブといっても、君津や木更津に食事に行く
デートのようなものだったが、彼女はきれいな人だった。



その晩、食事の後、私は山道で車を止めた。
そして、彼女に告白し唇を合わせた。
そして勢いに任せて始めてしまった。
だがその日は彼女は生理であり、
Hはできないと言われたが、スイッチの入ってしまった私たちはキスを繰り返し、
挿入のないセックスを延々と車の中で朝まで繰り返した。



そして、生理があけたと電話のあった晩、私たちは初めて和合した。



体が合ったのだと思う。延々と朝まで求め合い、
経験の少ない私は見よう見真似で彼女を愛撫した。
今でこそ、余裕しゃくしゃくと嘯いているが、
誰しも若いときは勢いで突き抜けることができるし、体力も存分にある。



私は、彼女がベットの上で、



「あ、待って、だめ、だめだよ。」


と言うので手で蜜ツボを攻めるのを続けたら、液体が飛び出した。
潮を吹いたのである。そんなの初めて体験したので私も驚いたが、



「けいって、上手。遊んでたでしょ。(笑)」


と身に覚えのないことを言われる。少しはあるかもしれないが、
彼女のすらっとしたスレンダーな体は私を夢中にさせた。



翌日の夕方、彼女から電話が掛かってきた。
仕事をしていても夕べのエッチのことばかり考えてしまい、
今晩もう一度したいという嬉しい誘いだった。



もはや若いサルと化した私たちは、幾度も幾度もセックスを繰り返した。
今と違い一度勃起すれば何度でも勃つことが出来、
何度でも彼女を逝かせることができた。



彼女とは結局結婚できなかった。
それは彼女の浮気が原因であり、とても
許せる範疇を超えた悪業だった。
たくさんの人に迷惑をかけ、
それでもしれっとした態度にとうとう私も堪忍袋の緒が切れた。




たまに街で彼女を見かけることがある。同級生だから、
同じように歳を重ねているけれど、今でもきれいな人である。



人生はままならないものだと思う。
彼女はその10年、付き合っているが
私にセックスをさせてくれない鬼のようなひとだった。





   当サイト読者様限定オリジナルの

     注目 ポイント制サイトノウハウ注目

無料サイト
攻略解説は下記を  
クリック グリーン クリック!!

         ↓  ↓  ↓  ↓
      注目アイコン   出会い系で出会う方法はこちらより


deaiatama.png



相席屋より出会い系東京【双子のYちゃん】

今まで1人で試行錯誤し料金から店舗から詳しくなった私から
お勧めサイトをランキング化したり攻略方法を届けているのが
このサイトです。

出会い系相席屋も全国津々浦々に経験してきています。
名古屋大阪東京福岡岡山
&新宿&広島&横浜& 渋谷& 仙台

上記の年の出来事や様々な口コミなどご紹介し暇つぶしに読んでいただけたらいいなと思います。

男性目線ですので女性の方気分を害したらすみません。




相席屋より出会い系東京【双子のYちゃん】



成田駅前のビューホテルで待ち合わせた女性がいた。
部屋の前で挨拶すると私が好みでは無かったようで、
急用ができたからとつき返されてしまった。この仕打ちに、女も選り好みだよな、
俺は落選かと帰路に着く。


この辺は土地勘もあるので、昼飯に名物の鰻でも食べて帰ろうと思ったが
やりたいモードで来ていたので、ここの掲示板に募集をいれてみた。



程なく、1通のメッセージが届く。


隣の印西市在住のYちゃんという子からだった。彼女は23歳。



「掲示板読んで笑ってしまいました。よかったら私とどうですか?」


と、ある。


笑いをとることなんて書いてないよな、と
思いつつ何通かメールで確認し


1時間後に印西のニュータウンで会いましょうということになった。



団地の公園の側で待っていると、かわいらしい女性が寄ってきた。


柏のいつものホテルへと向かう道中、彼女が双子だと聞いた。
生まれは関西で勤めでここへ住んでいるという。



「双子って、何かつながっるんだよね。病気したりするとわかるんだよ。」



と話してくれる。エッチしててもわかるの?と馬鹿な質問をするとヒミツ
と笑われてしまった。彼女とはそれから半年逢瀬を繰り返すことになる。



ホテルで二人でシャワーを浴び、少しお触りしたらスイッチが入らず、だめ、と叱られてしまった。
ベットでまた彼女の話を聞いた。
最近失恋したばかりだということ。今でも好きだという話、
私はそうだねと頷くばかりだったが、そろそろ始めようかと促すと、暗くして欲しいと言う。


若い彼女の肌は、眩しいくらい白くハリがあった。
蜜ツボは溢れ、暖かい愛液は男を迎え入れる為に溢れさせていた。


あんまり経験がない、そう話していたので、私が「今日は」やさしくリードした。


「けいさん、顔はあれだけ
ど声はかっこいいね。」

とプレイの最中言われてしまった。


ならばと、前進あるのみと、彼女の声があえぎ声に変わり、
私のちんちんを咥えてもらった。


「あ、いいぃ。あ、ぃぃ。」


彼氏に愛撫されるのと比べられているようだったが、
私は精子を出し、おへそにそれが溜まったていた。


彼女とは、筑波山にあるハンググライダーの発着場へ夜のドライブに向かった。
あそこの夜景はなかなか味があるからだ。そこで唇を合わせた。


だが、彼女は彼氏とよりを戻しさよならしていった。
寂しくもあり、よかったねという気持ちもあった。
通りすがりの猫のような彼女だった。



さて、2015年12月、成田で私を袖にした女が
私と知らずに会いたいとメールを掲示板からよこした。


3年前、Yちゃんと出会うきっかけを作ってくれたお礼をしなくてはならず、
待ち合わせ場所も同じ手口だったので
部屋の前にいますと約束の当日、メールを送り
心の卑しい人には私は見えませんと送りつけてやった。


俺も器が小さい男である。





   当サイト読者様限定オリジナルの

     注目 ポイント制サイトノウハウ注目

無料サイト
攻略解説は下記を  
クリック グリーン クリック!!
         ↓  ↓  ↓  ↓
      注目アイコン   出会い系で出会う方法はこちらより

deaiatama.png




相席屋より出会い系 東京 女は顔ではない彼女

今まで1人で試行錯誤し料金から店舗から詳しくなった私から
お勧めサイトをランキング化したり攻略方法を届けているのが
このサイトです。

出会い系相席屋も全国津々浦々に経験してきています。
名古屋大阪東京福岡岡山
&新宿&広島&横浜& 渋谷& 仙台

上記の年の出来事や様々な口コミなどご紹介し暇つぶしに読んでいただけたらいいなと思います。

男性目線ですので女性の方気分を害したらすみません。



相席屋より出会い系 東京 女は顔ではない彼女



女性と出会うとき容姿を考えてしまうのは男の性かとも思う。
だが千葉中央のテレクラで知り合ったKちゃんは
お世辞にも美人とは言えないひとであったが、私にはとても印象深い女性となった。



千葉市内の書店の駐車場で待ち合わせし、
硬い表情の子であったが当時26歳のいわゆる漫画とアニメ好きの女性であり、
その点で私と趣味があったのが会話が弾むきっかけとなった。
たばこを吸いながら打ち解けてきたのでお風呂へ入る。



そこで目を見張ったのがそのスタイルのよさだった。
158くらいのからだに形のすばらしい乳房。
そしてそれはベットではっきりとわかった。


感度が抜群だったのだ。



そして、私への攻めも積極的で色々と彼女の舌があらゆる場所を求めてきた。
セックスに品欲な女性だったのだ。



わたしはどちらかというとSなので、Mの彼女を言葉でねぶった。
興奮で紅潮した頬は私の「アレ」を怒張させた。


そしていざ彼女に和合すると、出会ったことがないような名器であった。



「アぁあああん・・。」という吐息を漏らし沈んでいく「アレ」を
くわえ込んだ彼女を何度もいかせた。7回くらいは軽くいったと思う。


彼女にとっても、私はとても相性のよいパートナーとなった。


それから3年半くらい、彼女との逢瀬は続いた。


何度か彼女の地元へと足も運び、とても楽しいつきあいとなった。


一時はこの子と結ばれてもいいかなとも考えたけれど、
今は連絡がとれない。
それは彼女が複数のひととやはり付き合い、導いた結果なのである。


それも、また出会いなのだとも思う。
いい女だった。女は顔ではない。愛嬌のあるひとだった。




   当サイト読者様限定オリジナルの

     注目 ポイント制サイトノウハウ注目

無料サイト
攻略解説は下記を  
クリック グリーン クリック!!
         ↓  ↓  ↓  ↓
      注目アイコン   出会い系で出会う方法はこちらより

deaiatama.png

No.1【PC☆MAX】 管理人厳選出会い系サイト
運営歴10年を超える老舗の優良出会い系サイト
No.2【ワクワクメール】 管理人厳選出会い系サイト
地方の出会いには断トツの強さ
No.3【ハッピーメール】 管理人厳選出会い系サイト
女性 会員が多く男性の警戒心を解く必要がありません。
【ミントC!Jメール 】 管理人厳選出会い系サイト
運営実績15年の優良出会い系サイトです。こちらも運営会社が福岡にあるので西日本在住でしたらかならず登録
【YYC】 管理人厳選出会い系サイト
20代後半の比較的若い会員が多い
【メルパラ 】 管理人厳選出会い系サイト
も運営実績15年の優良出会い系サイトで、ミントC!Jメールとの姉妹サイト
微妙 【いくくる 194964】
昔小森純さんの問題で停滞中。改善中ですね。
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。