スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

相席屋より出会い系【「狂犬」の恋。】

 今まで1人で試行錯誤し料金から店舗から詳しくなった私から
お勧めサイトをランキング化したり攻略方法を届けているのが
このサイトです。

出会い系も相席屋も全国津々浦々に経験してきています。
名古屋&大阪& 東京& 福岡&岡山
&新宿&広島&横浜& 渋谷& 仙台

上記の年の出来事や様々な口コミなどご紹介し暇つぶしに読んでいただけたらいいなと思います。

男性目線ですので女性の方気分を害したらすみません。



相席屋より出会い系【「狂犬」の恋。】


僕の中学の同級生でOという男がいる。


中学時代、喧嘩になると狂ったように暴れ出すその姿から、
僕たちは彼のことを「狂犬」と呼んだ。


中学を卒業してから、高校が別々になったこともあり、狂犬とは疎遠になっていた。


狂犬と再会したのは、中学を卒業してから20年近く経って開かれた同窓会だった。
それまで、お互い地元に住んでいたのに一度も会うことがなかった。



それからというもの狂犬とは、昔を思い出してよく遊ぶようになった。



今年のゴールデンウィーク、狂犬が僕のアパートに遊びにやって来た。



その時、急に墓参りに行きたくなった僕は、狂犬のハリアーで連れて行ってもらおうと
お墓参りに行くことはふせて
おちょぼさん(千代保稲荷神社。お墓のすぐ近くにあるのです。)に行こうと
狂犬を誘った。



もちろん、暇をもてあましていた狂犬は二つ返事でOK。



僕は、前の職場で妹のように可愛がっていたSさん(44)も
連れて行ってあげようと電話をしてみた。




すると、Sさんが、友達のYさん(46)も一緒にいいですか?と言うので
どうぞどうぞという話になった。



僕は、Sさんの友達のYさんとは、前に一度3人で食事に行ったことがあり、
初対面ではなかった。



Yさんとは同学年ということもあり、すごく話も合って楽しい女性だというのが、
僕の第一印象だった。



旦那さんのDVが原因で2年前に離婚をして、
3人の子供を育てていると聞いていた。


ちなみに、Sさんも10年前に離婚をして、子供を2人育てている。



狂犬は二人とは初対面だったので、やたらと緊張していた。




まず最初に僕の計画通り、稲沢市にあるお墓にお参りをして、
それから木曽川を渡って羽島市に入り、おちょぼさんに向かった。



おちょぼさんでは、油揚げとローソクを買ってお参りをして、参道をぶらついた。


4人でたい焼きを食べながら、いろんなお店を見て回った。


漬物屋さんで試食をしたり、女性陣は草餅や野菜をたくさん買っていた。


狂犬はというと、まだ一人、たい焼きを食べていた。


おかしいな~?アイツ、甘いものは好きなはずなのに…と、不思議に思った。

「玉家」さんで串カツを食べようとすると、狂犬が、


「ごめん。俺、今日は朝飯をようさん食って来たもんで、まだ腹が減っとらんのやわ~。ちょっと食べれんで、向こうで待っとるわ~。」


と、言うので、


「どっか具合でも悪いのか?」


と、心配して聞くと、


「大丈夫やて!」


と、答えるので、
3人で串カツを食べた。


おちょぼさんの後は「養老の滝」に行った。
4人の会話も弾んで、とても楽しい時間を過ごすことができた。


女性陣が、晩御飯のしたくをしないといけないので、17時ごろ瀬戸市に帰って解散した。


狂犬から、あの衝撃的な告白があったのは、それから三日後だった。


狂犬が、山でタケノコがいっぱい採れたからと、わざわざ瀬戸市まで持ってきてくれたのだ。


僕は自慢ではないが、包丁を持ったことがない男なので、
Sさんに電話をして、狂犬と二人でSさんの家までタケノコを届けた。


Sさんがコーヒーを出してくれて、3人で雑談していると、狂犬が高校時代の話をはじめた…。



狂犬が高校2年生の時、同じクラスの女の子に恋をした。



ある日、その女の子がクラスの男子3人からイジメられている
(ちょっかいをかけられていた)のを見た彼は、
その3人と、止めに入った4人合わせて7人をボコボコにしてしまう事件を起こした。



学校側は彼を二週間の停学処分にした。


彼は高校に馴染めずにいたし、退学する気でいた。



そんな時だった。
彼の家にその女の子が訪ねて来たのは…。



彼女は泣きながら、彼に高校を辞めないように頼んだ。


彼女のことが大好きだった彼は、高校に戻った。


それから、彼と彼女との距離はぐっと近くなった。


彼は、彼女がいるから学校に行くのが楽しくなった。


3年生になっても、彼は彼女と同じクラスになった。


夏休みが終わり、二学期が始まってすぐに彼女が入院をした。
病名は、白血病だった。


学級委員をしていた彼は、クラス代表で彼女のお見舞いに行った。

病気と懸命に闘う彼女の姿を見て、彼女が退院して学校に戻って来たら告白をしよう!
彼はそう心に決めた。


しかし、それが叶うことはなかった。


なぜなら、年が明けて三学期が始まって間もなく、彼女が亡くなったのだ。


彼はクラスの友達数人と、お通夜、告別式に参列をした。
そして、一人っ子だった彼女のご両親の希望もあって、火葬場までついて行ったという。


すべてが終わり、彼女の家を出ようとした彼を、彼女のご両親が呼び止めた。



娘の部屋に来てほしいと言われ、彼女の部屋に行くと、彼女のお母さんが一冊の日記帳を彼に手渡した。



それは、彼女が亡くなる間際までつけていた日記帳だった。

そこには、いっぱい彼の名前が書かれていた…。



彼女も彼のことが大好きだったのだ。


彼女のご両親が彼に、どうか娘のことを心の片隅にでもおいてやってください
と涙ながらに言われたそうだ。


彼女の家からの帰り道、彼は人目も憚らずに泣いた。


人生であんなに泣いたことはないというくらい、彼は泣いたという。


狂犬の話を聞いて、僕とSさんがもらい泣きしていると、


「それで…。実はさぁ、Yさんがその子にソックリなんやて!車に乗ってきた時から、もうビックリしちゃって!だから、あの時、何も食べれんくなって、たい焼き一匹食べるのが精一杯で、とても、串カツまで食べれんかったわ~!」


と、狂犬が言うので、僕もSさんもビックリしてしまった。


「彼女が、もし生きとったら、Yさんみたいになっとると思う!笑った顔から話し方まで、全部、一緒なんやて!あの子、少し前歯が出とるやら?それまで一緒なんやて!もう、俺、どうしたらいいかわからんわ~!」


ちょっと待った!どうしたらいいのかわからないのは、僕とSさんの方だ!(笑)



「俺、いくとこまでいっちゃうもんで、もう、自分でダメだ、我慢できんと思ったら、あの子とは会わんようにするわ!」


ちょっと待った!いつから4人グループになった!(笑)


「だけど、本当に、ソックリとかそんなレベルじゃなかったわ!そのまんまやったもんな~!」



次の週も、狂犬がタケノコを持ってやって来た。


Sさんが気をきかせてYさんを誘い、4人でカラオケに行った。


狂犬はYさんの隣に座り、顔に似合わずラブソングばかりを歌っていた。(笑)


その次の週も、狂犬から電話があった。


「けいちゃ~ん!明日さぁ~、もう今シーズン最後になると思うけど、タケノコ持って行くわ~!」


タケノコの次は、いったい何になるんだろう!(笑)


それよりお前、結婚しとるやないか~い!(笑)






   当サイト読者様限定オリジナルの

     注目 ポイント制サイトノウハウ注目

無料サイト
攻略解説は下記を  
クリック グリーン クリック!!

         ↓  ↓  ↓  ↓
      注目アイコン   出会い系で出会う方法はこちらより


deaiatama.png


スポンサーサイト

【相席屋より出会い系福岡編】同じアパートに住んでる同棲カップルの女と…!

今まで1人で試行錯誤し料金から店舗から詳しくなった私から
お勧めサイトをランキング化したり攻略方法を届けているのが
このサイトです。

出会い系相席屋も全国津々浦々に経験してきています。
名古屋大阪東京福岡岡山
&新宿&広島&横浜& 渋谷& 仙台

上記の年の出来事や様々な口コミなどご紹介し暇つぶしに読んでいただけたらいいなと思います。

男性目線ですので女性の方気分を害したらすみません。


相席屋より出会い系福岡編】同じアパートに住んでる同棲カップルの女と…!



アパートに引っ越して9ヶ月になる。

上の部屋には30代前半の同棲カップルが住んでいる。

先週の土曜日、このカップルが夜11時過ぎに大喧嘩を始めた。

どうも男が酒乱らしい!

物を投げる音がずっと続いていた。

誰が呼んだか、警察官まで来る始末。

夜中1時頃、ようやく静かになった。

日曜日、昼過ぎに部屋のインターフォンが鳴った。

「すみません。上の部屋の者です。」

玄関のドアを開けると、ぽっちゃりとした俺好みの女性が立っていた。

「昨日の夜は本当にすみませんでした。」

俺「ああ。すごい音がしてたけど、大丈夫?怪我とかしてない?」

「はい。本当にすみませんでした。」

俺「いいよ、いいよ。そんな気にしなくて。」

「みなさんにご迷惑をおかけしてしまって…。
これ、本当につまらない物なんですけど、ご迷惑をおかけしたお詫びです。」



俺「こんな、気にしなくていいのに~。」
それから、長い時間、彼女と玄関で立ち話をしていた。



彼氏がトラックの運転手をしていること。
お酒を飲みすぎると気が大きくなって、暴れることがあること。
そして、もう別れようかと思っていること…。



彼女はきっと、誰かに話を聞いてもらいたかったのだろう。

初対面の俺に、堰を切ったように彼氏とのことを話し続けた。

俺も暇だったから、適当に相槌をうって、ニコニコしながら彼女の話を聞いていた。

すると、彼女が、

「ここのアパートって、洋間と和室とあるからいいですよね!」

と、今度はアパートの部屋の話を始めた。

俺「えっ?和室なんかないよ。」

「キッチンの奥って、6畳の洋間と6畳の和室ですよね?」

俺「ううん。12畳の洋間だけだよ。」

「えっ!?本当に?」

俺「本当だって!入って見てみる?」

「えっ、お邪魔しちゃっていいんですか?」

俺「いいよ。汚ないけど、入って。」

「じゃあ、失礼しま~す。」

彼女を部屋に招き入れた。

「うわ~、すごい!私の部屋と違いますね!洋間と和室の仕切りがないんですね!」

俺「そうなんだ。」

「いいなぁ~。和室を洋間にして、一部屋にしたんですね!すごく広く感じる!」

俺「何も物が置いてないからだよ。(笑)」

「そんなことありませんよ。すごく綺麗にしてみえるじゃないですか~!」

玄関先で話していた時もそうだったが、彼女が時折、右手で左肩を揉む仕草が気になった。

俺「肩、こってるの?」

「えっ、わかります?」

俺「わかるよ。ちょっと向こう向いてみて。」

俺は、彼女に俺に背中を向けるように何気なく言ってみた。

彼女はすんなり俺に背中を向けた。

俺は左手で彼女の左肩を揉んだ。

「あ~、気持ちいい~!」

俺は心の中で、

イケる!

と、ガッツポーズをした。

「すごく上手ですよね~?」

俺「そう?」

「あ~、気持ちいい~!」

もっと気持ちよくしてやろうか~!
と、もう一人の俺が心の中で呟いた。

「あ~、何かすごく楽になった気がします。ありがとうございました。」

彼女は丁寧に礼を言うと、そのまま自分の部屋に帰って行った…。

そうだよな…。

さすがの俺も、上の部屋の、それも同棲相手のいる女には手が出せなかった。

期待しながら読み進んでくれた皆さん、ごめんなさい。(笑)

まぁ、これからもチョコチョコ、様子を見ながらチョカイをかけていきます!





   当サイト読者様限定オリジナルの

     注目 ポイント制サイトノウハウ注目

無料サイト
攻略解説は下記を  
クリック グリーン クリック!!
         ↓  ↓  ↓  ↓
      注目アイコン   出会い系で出会う方法はこちらより

deaiatama.png

相席屋より出会える【「男女6人夏物語」】

 相席屋より出会える【「男女6人夏物語」】

今まで1人で試行錯誤し料金から店舗から詳しくなった私から
お勧めサイトをランキング化したり攻略方法を届けているのが
このサイトです。

出会い系も相席屋も全国津々浦々に経験してきています。
名古屋&大阪& 東京& 福岡&岡山
&新宿&広島&横浜& 渋谷& 仙台

上記の年の出来事や様々な口コミなどご紹介し暇つぶしに読んでいただけたらいいなと思います。

男性目線ですので女性の方気分を害したらすみません。


相席屋より出会える【「男女6人夏物語」】出会い系では今回ありませんが






去年の夏は、一生忘れることのできない楽しい夏だった…。

去年の5月、付き合っていた彼女の友達のYちゃんと浮気をした俺。
彼女の家からYちゃんの家までは、直線にして約300メートルの距離。
浮気がバレるのに、時間はかからなかった。
俺がYちゃんの家にいるところに、彼女が乗り込んできて、あえなく御用!
Yちゃんは、身を引くことに…。
ただ、Yちゃんは俺に、身を引く条件を一つだけ提示した。
それは…。

8月1日、別荘に向かう車には、
俺、A、Fの男性陣3人と、
Yちゃんとその友達のTちゃん、Mちゃんの女性陣3人が乗っていた。


そう、Yちゃんが出した条件とは、最後の思い出作りのために旅行に行くこと。


二人で行くのは普通だから、
この数ヵ月前にMAXの日記女王と4Pをしてから、
事あるごとに俺に連絡をしてきていたAとFを誘って、
Yちゃんもバツイチ仲間のTちゃんとMちゃんを誘って、6人で行くことにした。



平均年齢44歳の男女6人を乗せた車は、
予定通り昼2時に別荘に到着した。
いよいよ、
卑猥な男性陣3人の下心ありありの「大人の夏休み」の始まりだ。



別荘に着いてすぐに6人は、地元のスーパーに
バーベキューの食材と花火を買いに出掛けた。


昼食は、高速道路のサービスエリアで済ませていたので、
買い物から帰ってしばらくは6人で雑談をしながら、のんびりと時間を過ごした。
夕方になり、ゆっくりバーベキューの支度にとりかかった。

みんな楽しそうだ。
若い頃に戻ったように、いきいきとしている。


それぞれ仕事で悩みを抱えて大変なはずなのに、
今日だけはそれを忘れて弾けたい気分なのだろう。
バーベキューも花火も、物凄く盛り上がった。


汗だくになった6人は、順番に風呂に入った。
風呂から出た後も、6人は、クーラーのきいたリビングで寛ぎながら、
いろんな話で盛り上がっていた。時計の針はもう11時を回ろうとしていた。

そんな時、口火を切ったのは、酔っぱらいのAだった。
Tちゃんを二階に連れて行ったきり、下りてこない。
俺たち4人は、2人の様子を見に、そぉ~っと二階に上がった。
ドアを少しだけ開けると、真っ暗な部屋の中からTちゃんの喘ぎ声が聞こえてきた。

すると、何を思ったか、Mちゃんが、
「おもしろ~い!私も仲間に入れて~!」
と、突撃していったのだ。

ビックリしている暇なんてない、このチャンスを逃すものかと、俺もMちゃんに続けとばかりに、部屋の中に入っていった。
部屋の中ではAが、突撃してきたMちゃんのGカップの胸を鷲掴みにしている。
俺はそのままTちゃんに突撃をした。
こうして、2組、相乱れての真夜中の宴が始まったのだ。


4人が汗だくでクタクタになった頃、Tちゃんが、
「あれっ?YちゃんとFくんがいない!」
と、叫んだ。
俺たち4人は、一階に下りた。
すると、リビングから、
「パンパンパンパーン!」
という音とともに、
「アンアンアンアン!」
という、Yちゃんの喘ぎ声が聞こえてきた。
その後、俺たち4人がリビングに雪崩れ込んだのは、言うまでもない。(笑)
そして6人は、途中休憩を入れながら、真夜中の3時頃まで楽しい宴を続けた…。

こうして、中年男女6人の、
「大人の夏休み」
は、終わった。

この旅行から帰ってから、FとYちゃんが付き合い始めた。
二人は今でも仲良くやっている。

少し、肩の荷が下りた気がした。(笑)

帰り道、こんなに楽しいことってもうないだろうね、
なんて6人で話していたけれど、若い時ならいざ知らず、
この歳になると本当にそんな風に思えるのです…。




   当サイト読者様限定オリジナルの

     注目 ポイント制サイトノウハウ注目

無料サイト
攻略解説は下記を  
クリック グリーン クリック!!
         ↓  ↓  ↓  ↓
      注目アイコン   出会い系で出会う方法はこちらより

deaiatama.png


No.1【PC☆MAX】 管理人厳選出会い系サイト
運営歴10年を超える老舗の優良出会い系サイト
No.2【ワクワクメール】 管理人厳選出会い系サイト
地方の出会いには断トツの強さ
No.3【ハッピーメール】 管理人厳選出会い系サイト
女性 会員が多く男性の警戒心を解く必要がありません。
【ミントC!Jメール 】 管理人厳選出会い系サイト
運営実績15年の優良出会い系サイトです。こちらも運営会社が福岡にあるので西日本在住でしたらかならず登録
【YYC】 管理人厳選出会い系サイト
20代後半の比較的若い会員が多い
【メルパラ 】 管理人厳選出会い系サイト
も運営実績15年の優良出会い系サイトで、ミントC!Jメールとの姉妹サイト
微妙 【いくくる 194964】
昔小森純さんの問題で停滞中。改善中ですね。
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。