スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

相席屋より出会える【初めてpcmaxで出会った女。】体験記


相席屋より出会える【初めてpcmaxで出会った女。】体験記 

今まで1人で試行錯誤し料金から店舗から詳しくなった私から
お勧めサイトをランキング化したり攻略方法を届けているのが
このサイトです。

出会い系も相席屋も全国津々浦々に経験してきています。
名古屋&大阪& 東京& 福岡&岡山
&新宿&広島&横浜& 渋谷& 仙台

上記の年の出来事や様々な口コミなどご紹介し暇つぶしに読んでいただけたらいいなと思います。

男性目線ですので女性の方気分を害したらすみません。

相席屋よりも前にあったPCMAXの体験記

あれは、東日本大震災が起きた次の日の夜のことだった。

仕事が終わり、夜8時過ぎ、俺は金山駅から多治見行きの電車に乗った。
電車の中で何気なく、会員登録したばかりのMAXの掲示板を見ていると、ある書き込みが目についた。

件名 条件なしで…。

本文 今、栄にいます。今から食事に連れて行ってくれる
優しい紳士の方がいたら連絡ください。


ユッキーナ 31歳とある。試しにメールしてみた。するとユッキーナから、すぐに返信が来た。

今、栄のミスドにいるから来てほしいという。
俺は、あと20分ぐらいで着くから待っててほしいと、
彼女にメールをした。電車が千種駅に着いたので、彼女からの返信を待つことなく、
俺は千種駅で下車した。
地下鉄に向かって歩いていると、彼女から、待っています!との返信が。
俺は、地下鉄東山線に乗り換え、栄に向かった。



栄駅に着いて、地下街を歩いていると、ユッキーナからメールが。
近くまで来たら電話してほしいと、電話番号が入っている。
積極的だ。俺はすぐユッキーナに電話をかけた。


「もしもし。」

ユッキーナが電話に出た。
低い声だった。

「はじめまして。けいいち です。今、栄に着きました。そっちに向かっています。」
「じゃあ、もうすぐ着きますね。私、お店の前で待ってますね。」

と、ユッキーナ。

俺はユッキーナと通話したままミスドに向かって歩いた。

ミスドが目の前に迫ってきた。

俺は一瞬、足を止めた。

写メの交換はしていないから彼女の顔はわからない。
でも、今、店の前にいる数人の女の子の中で、
電話をしているのは一人しかいなかった。



まさか!?と思った瞬間、
「もう着きますか?」とユッキーナが聞いてきた。
「もう、着いたよ。」
と、俺が答えると、電話をしている女性が俺の方を見た。

彼女は、オカッパ頭で背は低くて太っていた。
そして、なぜかモスグリーン色のMAー1を着ていた。

ユッキーナというよりは、子供の頃、
テレビで見ていた『お笑いマンガ道場』の富永いちろう先生にソックリだった。




マジかよ!初っぱなからこれかよ。


俺は電話を切り、彼女の前に立った。

富永先生が、
「これからどこに行きます?」
と、聞いてきた。


先生の眼鏡は曇っていた。
そして、その歯は虫歯で真っ黒だった。

すっかりテンションの下がった俺に、先生は、
「私じゃ、ダメですか?」
と、強い口調で聞いてきた。俺が勇気を出して、
「ごめん。」
と、言うと、先生がいきなり俺の手首を掴み、
「こっちに、こやぁー!」
と、叫びながらビルの路地に俺を連れて行こうとした。


俺は、ヤバイ!と思い、
先生が掴んだ手を振りほどいて、一目散に逃げた。

背中越しに、
「待ちゃあ~!!」

という、先生の叫び声がしたが、俺は振り返ることなく、
一直線に暗闇に向かって走った。
走っている間、何度か携帯が鳴ったが、俺はそれを無視して走り続けた。




気がつくと、矢場町まで来ていた。
ローソンがあったので、タバコを吸いながら携帯を見た。
先生の電話からの着信が何件かあった。
俺はすぐ、電話帳に登録してある番号しか
つながらないように設定を変えた。




そして、MAXにログインした。
すると、先生からサイメが来ていた。


「このチキン野郎!お前のことは絶対に許さんからな!
お前のことは、今、仲間に連絡をした!
絶対に後悔させてやるからな!おぼえとけよ!」


俺は先生を、即お断りにした。
矢場町まで来たのはいいが、
これからどうやって家まで帰ったらいいのか、俺は途方にくれた。

栄まで戻れば、先生が待ち伏せしていそうで恐かった。
俺は、千種駅まで歩いた。


買ったばかりの靴でダッシュしたため、
両足のかかとは靴擦れを起こして痛くて歩くのが辛かった。


ようやく千種駅に着いた。ホームで電車を待つ間、
MAXにログインをした。

サイメが届いている。知らない名前だった。




「お前は本当にチキンだなぁ!着信拒否したり、
お断りにしやがって!私から逃げれると思うなよ!
お前のことは絶対に忘れんからな!
必ず見つけ出してやる!お前だけは絶対に許さん!」



先生からだ。携帯をもう一台持っていたんだ。
それにしても、しつこ過ぎる。また、お断りにした。




女性に対して恐怖心を抱いたのは、これが初めてだった。
もしも、あの時、先生が俺の手首を掴んだまま、
「この人、痴漢です!」
なんて大声で叫んでいたら、
俺は今頃どうなっていたのだろう…。

そんなことを考えながら、ショボくれて家路についた。



おわり。






   当サイト読者様限定オリジナルの

     注目 ポイント制サイトノウハウ注目

無料サイト
攻略解説は下記を  
クリック グリーン クリック!!
         ↓  ↓  ↓  ↓
      注目アイコン   出会い系で出会う方法はこちらより

deaiatama.png


スポンサーサイト

出会い系外伝 34歳、バツイチ、Gカップ歯科助手との真夜中の情事。

出会い系外伝 34歳、バツイチ、Gカップ歯科助手との真夜中の情事。


よく日記を読まれた方から、モテモテですね、なんて言葉をいただく。
どうも、日記を読んでいると、俺に対しての印象がそうなるらしい。


プロフィールに書いてある通り、
俺は不特定多数の女性とセックスを楽しみたいわけではなく、
あわよくば再婚相手を見つけて、もう一度一から人生をやり直したい
、そんなとてつもない野望を持って毎日を生きている。
今日は5年前に出会った、ある女性との恋の話をしよう。


あれは俺が、47歳バツ2の彼女と別れて3ヶ月が過ぎた頃だった。


俺が担当する物件の入居者から、エアコンの調子が悪いからみてほしいと、会社に電話が入った。


俺が電話のあったアパートの部屋に行くと、
背の高いぽっちゃりした女性が、小さな女の子を抱っこして出てきた。


部屋に入りエアコンをみると、新築時からのもので14年も経っていて、
メーカーに問い合わせたが、部品自体もう製造していないと言う。


俺はすぐ、大家さんのところへ行き事情を説明し、
新品に取り替えてもらうことになった。


アパートに戻り、彼女にその話をしたら、すごく喜んでくれた。
そして、お茶でも飲んでいってくださいと、テーブルにお茶を出してくれた。



彼女は、バツイチ34歳。歯科助手をしている。
子供は小1の男の子と、2歳の女の子。
元旦那とは1年前に離婚した。

離婚の原因は、元旦那に新しい女が出来て、その女と同棲を始めたからだそうだ。
俺は、計3杯、お茶をおかわりして、ずっと彼女の身の上話を聞いていた。


この日、俺と彼女は初めて会ったとは思えないくらい会話が盛り上がり、
お互いの携帯アドレスを交換した。



次の日の昼過ぎは、エアコンの取り替え工事だった。


俺は他の事案もかかえていたから、彼女に挨拶だけして、
あとは電気屋さんに任せて次の現場に向かった。
夕方、電気屋さんから、無事に工事が完了したと連絡が入った。



この日の夜、彼女からメールが来た。


今日は全然話が出来なくて淋しかった、という内容だった。


それから、何回かメールのやり取りが続いた。時刻はもう11時を過ぎていた。


彼女から、今から会いたい、とメールが来た。


行かないわけにはいかない。俺の大切な入居者だ。


俺は妻に本屋に行ってくるからと嘘を言い、車で彼女のアパートへ向かった。



こんな遅い時間に、担当物件に来たのは初めてだった。

俺は、空き駐車場に車を駐車して、
他の入居者に気付かれないよう、静かに彼女の部屋に向かった。


彼女の部屋に着き、二度、玄関チャイムを鳴らすと、パジャマ姿の彼女が玄関ドアを開けた。



俺は玄関に入るなり、彼女を抱き締めてキスをした。
そして、キスをしながら彼女のGカップある胸を、乱暴に揉んだ。


彼女はノーブラだった。俺は彼女のTシャツを捲り上げ、彼女の乳首に吸い付いた。
彼女の口からいやらしい吐息が漏れる。


俺は、左手で彼女の右の乳房を揉み、口で左の乳首を愛撫しながら、右手を彼女のアソコヘと伸ばした。


アソコはもうヌルヌルだった。

俺が中指でクリトリスを転がすと、彼女はギュッと俺に抱きつき、
中指がクリトリスを触るのに呼応するかのように、何度も体を、ビクン、ビクンとさせた。



興奮した俺は、玄関横の子供部屋に彼女を連れて行き、勉強机の上に彼女を寝かせ
、短パンとパンティーを脱がせて、びちょびちょになったマンコをクンニした。


彼女のクリトリスを舌先でチロチロするたびに、
彼女の喘ぎ声がどんどん大きくなっていく。俺はだんだん、
彼女の喘ぎ声が他の入居者に聞こえないか心配になってきた。


ブラジル人でもあるまいし、明日、会社に、
セックスの声がうるさいからどうにかして欲しいなんてクレームの電話が入ったら、
ほんと洒落にもならない。


しかし、今更、後戻りはできない。
船は沖へと出てしまったのだ。
俺は、彼女がチンチンを入れてほしいと懇願するのを無視して、
無言でクンニをしながら、マンコに中指を出し入れし続けた。


彼女が絶頂を迎えるのは、もはや時間の問題だった。俺はクンニを続けながら、左手を使って自分のズボンとパンツを脱がすと、ビンビンになったチンチンに、彼女の愛液でベタベタになった右手を塗り付け、そのまま彼女の中へ挿入した。


俺が激しく腰を振ると、パンパンパンパンという音を掻き消すかのように、
彼女の叫び声にも似た喘ぎ声が部屋中に響き渡る。

その声に興奮して、さらにピストンは加速し、程なくして彼女は果てた。
あとで聞いたら、2年ぶりのセックスで、気持ち良すぎて何も覚えていないという。


俺はこの日から週に一回のペースで、彼女の住むアパートへ夜の巡回に訪れるようになった。


ある時は、キッチンで、またある時は、リビングのソファーで、
子供たちがぐっすり眠りについた真夜中、二人の情事は繰り返された。



俺は、天真爛漫な彼女の性格が大好きだった。しかし、彼女は別れた元旦那を忘れられずにいた。
彼女と話していると、とても癒されたけれど
、彼女の元旦那を想う気持ちを心のどこかで感じる度に、俺はすごく淋しくなった。
俺とセックスをしている時の彼女を見ると、どこか、無理に元旦那を忘れようとしているように思えて、
俺は切ない気持ちになった。



夜の巡回が始まって、3ヶ月が過ぎた頃、
彼女から、話があるから電話がほしいとメールが来た。


俺が電話をすると、
「元旦那から電話があって、先週、女と別れて、今は友達のアパートで寝泊まりさせてもらってるらしい。
私たちのところへ帰って来たいって言ってる。
本当に、ごめんなさい。どうしても、子供たちのことを考えると…。」
とだけ言うと、彼女は黙り込んでしまった。



俺は、いつかこんな日がやって来るんじゃないかと、心の準備だけはしていた。
「いいよ。わかったよ。別れよう。俺の方こそ、今まで本当にありがとう。元気でね…。」


俺は明るく、彼女にそう言った。


これで、よかったんだと思った。


きっと、俺にメールしてきた時点で彼女の気持ちは決まっていただろうし、
その時の俺の立場(既婚者)では、どうすることもできなかった。


俺の夜の巡回は、こうして終わった。
彼女と別れてからすぐ、管理物件の担当者変更があって、
俺は彼女のアパートへ仕事でも行く用事がなくなってしまった。
今、彼女たちはどうしているのだろうか。どうか、幸せでいてほしい。





■出会い系 ランキング 6社

※無料登録合計で4000円分程度あります。

 それと当サイトのテクニックを活用すると無料でも
出会えます!
手ごたえの良いとこや出会えたとこに
今後は課金していけばローコストで
 出会える日常が待ってます

 安心安全そして無料会員登録にこだわったため
6社しかありませんがその分 密度の濃いサイトなので
存分にご活用くださいませ。

■ 超オススメ3社  

PC☆MAX   無料入会はこちら

ワクワクメール無料入会はこちら

ハッピーメール無料入会はこちら

まあまあおすすめ無料ポイント狙い3社

 
YYC無料入会はこちら

メル☆パラ無料入会はこちら

ミントC Jメール無料入会はこちら

出会い系外伝  10年ぶりのSEXで生まれて初めて潮を吹いた女!

出会い系外伝  10年ぶりのSEXで生まれて初めて潮を吹いた女!

外資系の保険会社を退職し、
契約社員として高度管理医療機器を販売する会社に就職した俺は、
ついには営業の世界が嫌になり、不動産管理会社へと転職をした。
仕事の内容は、アパートの入居者のクレーム対応と退去後のリフォーム。
言ってみれば、家主と入居者と仲介会社の小間使いみたいなものだった。



営業以外の仕事につくのが初めての経験だった俺は、
ボールペンをドライバーに、スーツを作業着に代えて、
自分より10歳も若い上司や同僚に叱られながら、日夜業務に励んだ。



あれは、俺が管理会社に転職して2年が過ぎた夏の暑い日のことだった。
ちょうど、昼ご飯を食べようとしていた時に支店の電話が鳴った。
俺のエリアの入居者から、ベランダに蜂の巣があるから駆除してほしいとの依頼だった。




俺はそのまま、アブハチジェットを持って現地に向かった。
玄関のチャイムを鳴らすと、ドアの向こうから声が聞こえ、入居者が出てきた。
美人だ。女優の吉瀬美智子に似ている。来てよかったと俺は思った。
ベランダに出て、持ってきたアブハチジェットで蜂退治をした。


ベランダから部屋にもどると彼女が、「ありがとうございました。
外は暑いですから、冷たいものでも飲んでいってください。」と、
リビングのテーブルに麦茶を出してくれた。
俺はしばらくの間、麦茶を飲みながら彼女と雑談を楽しんだ。
トップセールスだった俺にとって、
冗談を言って笑わせながら彼女のことをいろいろ聞き出すことは容易いことだった。




彼女は47歳、なんとバツ2、子供は高1と小4の男の子が二人、
仕事は人材派遣会社の事務をしているという。
俺は、また何かあったら直接連絡をしてくださいと、
名刺の裏に携帯番号とメールアドレスを書いて、彼女に渡して帰った。




その日の夜、彼女から、「今日は暑い中、ありがとうございました。」と、メールが届いた。
それから二人のメールが始まった。


彼女と出会ってから一週間が過ぎた時、初めてのデートのあと、俺は彼女と結ばれた。
彼女は、二人目の子供を出産したあとすぐに離婚していて、彼女にとっては10年ぶりのSEXだった。
ベッドの上で恥ずかしそうにする彼女が、無性に可愛かった。俺が、クンニしたあと手マンをすると、彼女は「あーっっ!ダメぇーっ!出ちゃうー!」と、叫びながら勢いよく潮を吹いた。



10年ぶりのSEXで、生まれて初めての潮吹きを経験した彼女は、
この日を境目に、どんどん淫乱な女へと変貌を遂げていくのだが、
この時はまだ本人も、そして俺も、そのことを知るよしもなかった…。



妻とは、ずっと離婚話が続いていた俺。そんな時、入居者の彼女から一緒に暮らそうと誘われた。
高知の彼女との騒動で、俺の両親は俺を相続から外し、孫可愛さに、公証人役場で弁護士をたてて遺言書を作成した。俺は長男であるが、すべての権利を失っていた。
俺の父は、自分の才覚だけで一代で財を成した人。尊敬している。
しかし、俺は俺。父と母のような理想の夫婦にはなれなかったし、人の金に興味はない。



妻に話をしたら、その人のことがそんなに好きなら一緒に暮らせばいい、
でも離婚はしないからと言われた。ならばと俺は、彼女とその息子たちと一緒に暮らすことに決めた。




俺の会社と、彼女の会社が同じ方向だということもあり、
毎日彼女が送り迎えをしてくれた。
昼はいつも彼女の手作り弁当。とても幸せだった。
夜11時を過ぎると、子供たちは2階へ上がり、彼女とのSEXが毎晩のように続いた。
彼女は失われた10年を取り戻すかのように、俺とのSEXに没頭した。


二人とも、木曜日を休みにしていたから、
木曜日は、朝、子供たちが登校してから帰宅するまでの間、
ずっと二人でイチャイチャしていた。愛に溺れるって、きっとこういうことを言うんだと思った。



しかし、そんな二人にも別れの時はやってきた。
彼女が、俺が妻と離婚する気がないと、疑いだしたのだ。そんなことはなかった。
俺はずっと妻には離婚を言い続けて来たし、彼女に対しても本気で将来を考えていた。
でも、彼女はその言葉を信じようとはしなかった。



二浪したけど、志望大学に合格できず、大学進学を諦め就職した俺。
23歳で営業の世界に入り、26歳で年収は1000万円を超えた。

彼女が別れ際に言った、「SEXはもう充分。あなたと一生分したから。」という言葉が、今は、とても懐かしく思う。






■出会い系 ランキング 6社

※無料登録合計で4000円分程度あります。

 それと当サイトのテクニックを活用すると無料でも
出会えます!
手ごたえの良いとこや出会えたとこに
今後は課金していけばローコストで
 出会える日常が待ってます

 安心安全そして無料会員登録にこだわったため
6社しかありませんがその分 密度の濃いサイトなので
存分にご活用くださいませ。

■ 超オススメ3社  

PC☆MAX   無料入会はこちら

ワクワクメール無料入会はこちら

ハッピーメール無料入会はこちら

まあまあおすすめ無料ポイント狙い3社

 
YYC無料入会はこちら

メル☆パラ無料入会はこちら

ミントC Jメール無料入会はこちら

出会い系外伝「五番街のマリーへ」

出会い系外伝「五番街のマリーへ」


高知の彼女と別れ、外資系保険会社を退職した俺は、
高度管理医療機器を販売する会社に就職をした。


仕事の内容は、スーパーなどの一角に体験会場を設け、
買い物に来たお客さんに声をかけて、医療機器を無料で体験してもらうというもの。


期間は45日間。お客さんが購入したいと言ってくるまでは、一切セールスをしてはいけない。
俺が今まで経験したことのない、引きのセールス、待ちのセールスだった。


あれは、キャンペーンが始まって10日目の夜だった。
お客さんが誰もいなくなった19時過ぎに、彼女は現れた。


「すみません。いいですか?」という声が聞こえたので振り返ると、


会場の入口にニコニコ笑って立っているAKBの柏木由紀似の
グラマラスな女性がいた。普段、おじちゃん、おばあちゃんしか来ない体験会場に、


まさに掃き溜めに鶴!


俺のテンションは一気に上がった。


この機会を逃してはいけない。


俺は冗談を交えながら、彼女に誠心誠意のおもてなしをした。


この日から、毎日、彼女が体験会場にやってくるようになった。



キャンペーンの最終日、彼女から手作りのケーキと手紙をもらった。

手紙には携帯のアドレスが書いてあった。


彼女とのメールが始まった。


彼女は、ある陶器会社の社長令嬢で三姉妹の長女だった。


公務員をしていた。年齢は俺より10歳年下の26歳。


すごく魅力的なのに、今まで一度も男性と付き合ったことがないと言う。



信じられなかった。彼女との付き合いは、すごく新鮮だった。
デートの時はいつも彼女がお弁当を作ってきてくれて、
毎週のように高山や信州へドライブに出かけた。
俺はどんどん彼女に惹かれていった。彼女のことを心から大切にしたいと思った。



彼女と付き合い始めて3ヶ月が過ぎた頃、
俺は思い切って彼女を京都への1泊旅行に誘った。
すると意外にも、彼女からあっさりとOKが出た。


しかし、京都での夜、キス以上のことは結婚するまで嫌だと彼女に拒まれた。
京都旅行から半年が過ぎた頃、俺は彼女を2泊3日の北海道旅行に誘った。
今度も彼女から、あっさりとOKが出た。

よし、今度は2泊3日だ。2泊あれば、営業の神様と呼ばれた俺だ、
何とかなる。そんな自信があった。しかし、結果は無惨にも前回と同じだった…。



それから3ヶ月後、俺が離婚できないという理由で、彼女とは別れた。



早いもので、彼女と別れて、もう9年になる。


今、振り返って思うことは、やはり本妻は強かったということ。


結婚なんて、たかが紙切れ一枚のことだが、その重さは計り知れない。


子供がいればなおさらのことだろう。


みなさんの中には、これまでの6人の物語を読まれて、
不謹慎だと思われた方もたくさんおみえになると思う。
しかし、今、どうしても書きたかったのだ。


それはなぜだかわからない。単なるノスタルジーから来るものなのか、
それとも懺悔の気持ちからか。ただ一つだけ言えることは、
いい恋をたくさんしてきたということ。彼女たちには心の底から感謝している。
つい先程、このシリーズを読んだある女性から、どうして私のことは書いてくれないのよ!
と、お叱りを受けたが、一つの定義として、
別れてから現在まで一度も会っていないことを付け加えておく。



今後は是非とも、ノークレームでお願いしたい。(笑)
彼女たちは、これからもずっと、数々の思い出と共に、俺の心の中で生き続けることだろう。







■出会い系 ランキング 6社

※無料登録合計で4000円分程度あります。

 それと当サイトのテクニックを活用すると無料でも
出会えます!
手ごたえの良いとこや出会えたとこに
今後は課金していけばローコストで
 出会える日常が待ってます

 安心安全そして無料会員登録にこだわったため
6社しかありませんがその分 密度の濃いサイトなので
存分にご活用くださいませ。

■ 超オススメ3社  

PC☆MAX   無料入会はこちら

ワクワクメール無料入会はこちら

ハッピーメール無料入会はこちら

まあまあおすすめ無料ポイント狙い3社

 
YYC無料入会はこちら

メル☆パラ無料入会はこちら

ミントC Jメール無料入会はこちら





出会い系外伝 ひとりじめ

出会い系外伝 ひとりじめ

この歌を聴くと、あの頃のことを思い出すとか、
人にはそれぞれ歌に対する思い出があるはずだ。
俺にも、忘れられない歌がある。今も、この歌を聴くと心の底から泣けてくるんだ。
松山千春の「ひとりじめ」。今日はこの歌の思い出について話そう。


俺は23歳から営業の世界で生きてきた。
今から11年前に、外資系保険会社にスカウトされた俺は、
毎月のように東京本社へ出張して新人研修の講師として忙しい毎日を送っていた。


そんな時、俺は彼女に出会った。
彼女は俺より一つ年下で、小学6年と3歳の娘がいた。


2年前にご主人が突然死して、女手一つで娘たちを育てていた。


彼女は女優の原田美枝子にソックリで、何とも言えない魔性の女の雰囲気を漂わせていた。
研修後の懇親会で、彼女から営業のアドバイスをして欲しいとアドレス交換を求められた時、
すごくうれしかったことを今でもハッキリと覚えている。



その当時、俺には妻も子供もいたが、それから彼女とは、毎日のように電話をするようになり、
俺は次第に彼女に惹かれていった。
彼女も俺の声を聞くだけで癒されると言い、
お互いの気持ちが高まるのにそんなに時間はかからなかった。



俺は、とうとう我慢できず、彼女と出会ってから一ヶ月が経ったある日、
家族には東京に出張だと嘘をついて、飛行機で彼女の住む高知へと飛んだ。



それから俺は、毎月、彼女に会いに行くようになった。
夏休みはレンタカーを借り、彼女と娘たちを連れて徳島のリゾートホテルに泊まり、プールで遊んだりした。彼女の娘たちは、本当に素直でいい子だった。
下の娘は一歳の時に父親を亡くし、その記憶すらない。
俺が行くと、いつも俺から離れようとはしなかった。
神様の悪戯か、誰が見ても親子にしか見えないほど、顔が似ていた。



家賃二万円の二間しかないボロアパートで、
肩を寄せ合いながら明るく楽しく生活している彼女の家族。



いつしか俺は、彼女の家族を幸せにしたいと願うようになった。
俺は妻に離婚を切り出した。毎月、養育費を20万払うから離婚してほしいと頼んだ。
しかし妻は、一億円もらっても離婚はしないと言い張った。





挙げ句の果てに、俺の携帯を盗み見して、彼女に電話をしたり、
俺の父に泣きつき、弁護士を高知まで行かせて、彼女を追い詰めた。
二人の関係は、とうとう会社の知るところとなり、俺は責任をとって会社を辞め、彼女と別れた。



■出会い系 ランキング 6社

※無料登録合計で4000円分程度あります。

 それと当サイトのテクニックを活用すると無料でも
出会えます!
手ごたえの良いとこや出会えたとこに
今後は課金していけばローコストで
 出会える日常が待ってます

 安心安全そして無料会員登録にこだわったため
6社しかありませんがその分 密度の濃いサイトなので
存分にご活用くださいませ。

■ 超オススメ3社  

PC☆MAX   無料入会はこちら

ワクワクメール無料入会はこちら

ハッピーメール無料入会はこちら

まあまあおすすめ無料ポイント狙い3社

 
YYC無料入会はこちら

メル☆パラ無料入会はこちら

ミントC Jメール無料入会はこちら





出会い系外伝  ラテンの女。

出会い系外伝  ラテンの女。


10年前に外資系保険会社にスカウトされた俺は、
小牧支店に配属され毎日忙しい日々を送っていた。



そんな時、昔、同じ会社で同僚だった友人のAが、
脳梗塞で倒れて入院していると聞いた。

Aは数年前、奥さんと別居状態になり、
誰もがそのまま離婚するだろうと思っていたのだが、
なぜかまた奥さんの元に戻っていた。




Aとは、同じ会社にいた頃、すごく仲が良くていつも二人でつるんでいた。
その頃、Aは奥さんと別居していて、パートに来ていたWさんと付き合っていた。


Wさんは近藤サト似の美人で、子供がまだ幼稚園に通っている時に、
ご主人を交通事故で亡くしていた。


その頃、俺は新婚だったけど、Wさんのことが好きだった。
正直、Aのことが羨ましかった。


俺は、Aが入院している病院に見舞いに出掛けた。


Aと会うのは3年ぶりだった。


俺が行くとAは、泣きながら俺の手を握って放そうとはしなかった。
病室では昔話に花が咲いた。
Wさんの話になった。

Aは、

「Wちゃんとは一緒になるつもりだった。でも、どうしても子供たちに帰ってきて欲しいと言われて…。」
Aはものすごく子煩悩な男だった。だから、子供かわいさにWさんと別れて奥さんの元に帰ったのだ。
「Wちゃん、どうしてるかなぁ。会いたいなぁ…。」


Aがポツリと言った。


俺は、Aの病室を出たあとも、ずっとWさんのことが気になっていた。

俺はAと一緒に、何度かWさんを自宅まで車で送ったことがある。
だから、Wさんの家がどこにあるかは知っていた。
俺は、そのまま支店には帰らず、Wさんの家へと向かった。


Wさんは留守だった。俺は、名刺の裏に、
「お久しぶりです。〇〇でお世話になりました純一です。お元気ですか?」
と書いて、保険のパンフレットと一緒にポストに入れた。


その日の夜、Wさんから携帯に電話がかかってきた。
俺の名刺を見てかけてきてくれたのだ。
お互い懐かしくて、一時間ぐらい話をしていた。
そして、次の日の夜、一緒に食事をする約束をして電話を切った。
Wさんから、Aの話は出なかった。



次の日の夜、待ち合わせのコンビニの駐車場に行くと、
Wさんがいた。7年振りに会ったWさんは、相変わらず綺麗だった。
昔とちっとも変わっていなかった。


Wさんと居酒屋で食事をしながら、いろんな話をした。

Wさんが、
「私、純くんの気持ち、わかってたよ。だって、
私も純くんのこと好きだったんだもん。
なのに、あの人が強引にくるもんだから…。
あんな人と付き合わなきゃよかった…。」



嬉しかった。
当時、俺はいつもAからWさんの自慢話ばかり聞かされていた。
普段とても清楚なWさんが、セックスになると豹変することや、
上に乗った時の腰の振り方がすごくて、
あまりの気持ちよさにすぐにいってしまうことなど、さんざん聞かされていた。


その夜、俺とWさんは結ばれた。



Aが言っていた通り、それはまさしく、激しいラテンの腰使いだった。



それから、3ヶ月ぐらいWさんとは毎週のように情事を重ねた。
ラテンの腰使いがたまらなかったからだ。
しかし、ちょうどその頃、
俺は東京の研修で知り合った高知の彼女に夢中になり、
次第にWさんから心が離れていった。
だんだんWさんと会う回数も減っていき、
二人は自然消滅に近い状態になっていった。



そんなある日、Wさんからメールが届いた。
「純くん、今までありがとう。あなたと一緒にいる時間は、とても幸せでした。
あなたと再会できて本当によかった。
あなたが訪ねて来てくれた時、すごくうれしかった。
あのうれしさは一生忘れません。
いつまでも元気でいてください。
あなたの幸せを心から祈っています。

さようなら。

W」

俺はこの時、妻との離婚を考えていたが、どうしてもWさんとの生活を思い描くことができなった。

この頃の俺はいつも、高知の彼女のことで頭がいっぱいだった。完全に彼女の虜にされていた。

7年かかってWさんへの思いを果たした俺だったが、
女好きの性格は留まることを知らず、「縁がなかった」と
いう便利な言葉を使っては、また一つ、思い出を心に刻むのだった。



おわり。










■出会い系 ランキング 6社

※無料登録合計で4000円分程度あります。

 それと当サイトのテクニックを活用すると無料でも
出会えます!
手ごたえの良いとこや出会えたとこに
今後は課金していけばローコストで
 出会える日常が待ってます

 安心安全そして無料会員登録にこだわったため
6社しかありませんがその分 密度の濃いサイトなので
存分にご活用くださいませ。

■ 超オススメ3社  

PC☆MAX   無料入会はこちら

ワクワクメール無料入会はこちら

ハッピーメール無料入会はこちら

まあまあおすすめ無料ポイント狙い3社

 
YYC無料入会はこちら

メル☆パラ無料入会はこちら

ミントC Jメール無料入会はこちら


出会い系外伝 恋人は上司!最初で最後の社内恋愛。

出会い系外伝 恋人は上司!最初で最後の社内恋愛。


今から7年前、
俺はある会社の支店の営業課で、40人の部下を持たされていた。

役職は、課長代理。

異例の出世だった。

毎日毎日、営業目標の達成に向けて、電卓ばかり弾いていた。
そんな時、彼女が俺の上司として、我が支店へ赴任してきた。


彼女は俺よりも、14歳年上。一度も結婚をしていないためか、
年齢よりも随分と若く見えた。少しぽっちゃりしていて、
顔は、卓球の福原愛ちゃんにソックリだった。


しかし、柔和な見かけによらず、女性で管理職になるだけあって、
彼女は仕事に厳しい鬼のような上司だった。



彼女の周りは、いつも空気がピリピリしていて、
誰もが話し掛けるのに躊躇ってしまう、そんな存在だった。



唯一、俺だけが彼女に対して、へっちゃらで冗談を言うものだから、
彼女が怒りはしないかと、周りの人間がいつもヒヤヒヤして見ていた。



我が支店は、ずっと長い間、全国でもブービー賞ものの
成績しか挙げることのできないお荷物支店として有名だった。



俺が前年の9月に赴任した時、支店長から、
「今年度は、今からではもうどうしようもないから、来年度、何とかしてくれ!」と、
言われた。

俺は、「はい。来年度は目標を達成してみせます!」と、豪語してみせた。
自信があったわけではない。

ただ、営業課の社員を見渡してみて、なんとなくやれそうな気がしたのだ。
俺は、次の年度がスタートするまでの半年間、
仕事が終わってから毎日、中堅と若手を集めて有志の勉強会を開き、
今までの俺の営業ノウハウのすべてを惜しみなく伝授した。



そして、昼間は誰ともなく声をかけ、同行指導に明け暮れた。
その当時、営業課40人の社員の平均年齢は、なんと47歳。
定年間近の社員が何人もいた。



年間目標の達成に向けて、全員の心を一つにするのは、至難の技だった。
よく、社員の意識改革なんて言うが、50歳を過ぎたおじさんたちに、今更、
いったい何を教えろというんだ!と言うのが、俺の本音だった。



それから俺は、勉強会が終わってから、おじさんたち数人がいつも通っている
行きつけの居酒屋やスナックに行き、週に3日、深夜1時ごろまでとことん彼らと付き合った。
これで、課のベテラン、中堅、若手、どの年代ともコミュニケーションをはかることができた。



新年度が始まり、我が支店のスタートダッシュは見事に成功!
3ヶ月経ってもまだ全国1500支店中、19位にいた。


とうとう、お荷物と呼ばれ続けた我が支店は、
全国の支店から、毎日、朝礼を見学に来るくらい、
注目を集める優秀な支店に変身したのだ。

みんなが、心を一つにした結果だった。

7月上旬、課長は支店長で栄転をし、新しい課長として、彼女が赴任して来た。

臨機応変な前課長に比べ、彼女は原理主義者と揶揄されるほど、
堅物で、全くといっていいほど、営業の職場を理解していなかった。



女性特有のヒステリックな面もあり、職場での彼女の評判はイマイチだった。
支店長も、営業推進について、
彼女を飛び越えて俺に話をしてくることが多かった。


彼女はいつも、
「みんな、代理、代理。誰も私のことなんか、上司だなんて思ってもいない。
支店長だってそう。代理がいれば、私なんていなくてもいいのよ!」と、口癖のように俺に言った。



俺は、彼女が朝1番に事務室に来て、全員の机を雑巾で拭いているのを知っていたし、
転勤希望を出している社員のために、いろいろ動いたりしているのも知っていた。



彼女のそういう面を、何とかしてみんなに知ってもらいたかった。
俺は彼女と同じ、電車通勤だったこともあり、事あるごとに彼女に話をして、
勉強会や飲み会にも、なるべく顔を出してもらうように働きかけた。



最初は、乗り気ではなかった彼女だったが、だんだん、
みんなと打ち解けるようになり、最初は彼女のことを嫌っていた社員も、
少しずつ彼女のことを受け入れるようになってきた。



彼女が赴任して3ヶ月が過ぎた10月の始め、まだ我が支店は、全国19位をキープしていた。
「このまま、あと半年頑張ろう!」飲み会が、月曜日の夜に開かれた。



飲み会の終わりがけに彼女が、
「代理、このあとどうするの?」
と、聞いてきた。

俺が冗談で、
「課長、一緒にホテルに行きますか!」

と、言うと、
彼女は、真っ赤な顔をして、
「いいよ。」
と、言った。


飲み会が終わり、週の始まりの月曜日ということもあって、
この日はみんな真っ直ぐ家路に着いた。


俺と彼女以外は…。
俺は、家とは反対の名古屋行きの電車に、彼女と乗った。
二人、千種駅で途中下車をして、
駅から程近いラブホテルに向かって歩いた。


歩きながら、仕事の話をしている二人。
俺自身、社内恋愛なんて初めての経験だし、
ましてや、その相手が上司だなんて、信じられなかった。



ラブホテルの部屋に入り、彼女が先にシャワーを浴びた。続いて、俺。
バスルームから出ると、部屋は薄暗くしてあって、
彼女はベッドの中にいた。


俺がベッドに入ると、彼女が俺に抱きつき、キスをしてきた。
職場では、絶対に見ることのできない、彼女の女の部分。
セックスをしている間も、部屋に響き渡る彼女の喘ぎ声を聞きながら、
俺はいたって冷静に、今、彼女とこうなっていることが、信じられない気持になっていた。



この日から、俺と彼女は一夜の過ちでは終わらず、
週に一回のペースで、俺が他社にヘッドハンティングをされて退職するまでの半年間、
職場の誰にも気付かれずに、千種駅のラブホテルで情事を重ねるようになった。



この年度、我が支店は、実に23年振りに年間の営業目標を達成することができた。
トップセールスマンが一人もいない、まさに、チームワークの勝利だった。
全国17位での目標達成は、東海ブロックでは1位だった。
そして、支店長は本社役員へ、彼女は夢だった支店長へ昇格することになった。
俺が退職した日、彼女は俺に名刺入れをプレゼントしてくれた。
俺は今でもこの名刺入れを大切に使っている。


[追記]


昔、昔のお話です。
しかし、自分の人生を振り返った時に、あの頃は本当に頑張った、
と言える時期があることは、これからの人生を生きていく上で、とても重要だと思います。
今の自分を励ませるのは、過去に頑張っていた自分しかいないと思います。
よく、昔はよかったとか、俺も若い頃は…と、口にする方がみえますが、
セールスマンは今が大事なのです。昔、売っていても、今が売れなくては、意味がないのです。
一将功成って万骨枯る、
そんな世界かも知れませんが、その時、その時を、一緒に生きた仲間、支えてくれた人たちに、
今もって感謝しつつ、自分の道を歩いていくしかないのかも知れません。



おわり。




■出会い系 ランキング 6社

※無料登録合計で4000円分程度あります。

 それと当サイトのテクニックを活用すると無料でも
出会えます!
手ごたえの良いとこや出会えたとこに
今後は課金していけばローコストで
 出会える日常が待ってます

 安心安全そして無料会員登録にこだわったため
6社しかありませんがその分 密度の濃いサイトなので
存分にご活用くださいませ。

■ 超オススメ3社  

PC☆MAX   無料入会はこちら

ワクワクメール無料入会はこちら

ハッピーメール無料入会はこちら

まあまあおすすめ無料ポイント狙い3社

 
YYC無料入会はこちら

メル☆パラ無料入会はこちら

ミントC Jメール無料入会はこちら






出会い系外伝 「カブトムシみたいだな!」…〇〇〇を大絶賛された夜!

出会い系外伝 「カブトムシみたいだな!」…〇〇〇を大絶賛された夜!


今日は、カップル喫茶について話したいと思う。

単独男性は入店料の1万円を払っても、
必ずしもカップルさんとの乱交に参加できるとは限らない。


カップルが6組来ても、カップル同士のスワッピングが始まり、
単独男性はレースのカーテン越しに
そのプレイを見守るだけなんてことは、腐るほどある話なのだ。



確かに、運がよければ、カップルの女性3人とプレイできたり、
SM好きのカップルに当たると単独男性は全員プレイルームに招かれ、
一人の女性に群がって、順番に目的を遂げることもできる。



常連のカップルになると、旦那さんはカウンターでマスターとお喋りをして、
奥さんは自分の気に入った単独男性2人を指名してプレイルームで3Pなんてことも当たり前にある。


そんな時、指名されなかった単独男性は悲惨だ。


時には、単独男性が10人いても、結局、一組のカップルも現れず、なんて日もある。
もちろん、お金は返金されない。


単独男性の常連さんの中には、マスターと話してばかりで、
プレイには一切参加しない人もいる。


カップル喫茶の中には、カップルがなかなか来ないため、
サクラの単独女性を呼んで、単独男性とプレイさせたりしている店もあった。


ここでカップルの定義だが、カップルにもいろいろあって、
夫婦、恋人からはじまり、不倫、友達までいろいろとある。


とにかく、男女一組であれば、カップルとして入店できる。
全体的に若い人は少なく、
40代半ば~50代半ばのカップルが一番多かったような気がする。

カップルであれば、3千円払えば、フリータイム、フリードリンク。
服を着たままプレイルームに入って、他のカップルのプレイをビール片手に鑑賞だけして帰るカップルもいたりした。



カップルは、単独男性を招くことは自由だし、もちろん、他のカップルと交わることも自由なのだ。


純粋に、パートナー以外の人とプレイを楽しみたい、というカップルも多い。



俺は、出会い系で知り合った女性を連れて、
カップルとして来店したことがある。
もちろん、お目当ては、他のカップルの女性だった。(笑)



毎回、自分たちのプレイを単独男性に見せびらかすだけの、とんだカップルもたまにいた。


とにかくそこは、非日常の世界なのだ。


当時、俺は31歳。単独男性の中では、若手と呼ばれていた。
カップルの女性は、40代が多く、年上好みの俺としては願ってもない展開だった。


これは、俺が友達のIを連れて、一宮のカップル喫茶に行った時の話だ。


その日、単独男性は7人いた。
そのうち、常連のおじさんが2人。


おじさんたちはプレイに参加する気は全くなかった。
40代の夫婦が来店し、奥さんが俺を単独指名した。

俺は奥さんに、友達のIもプレイに参加させてほしいと頼んだ。
俺はクンニだけでいいから、彼に挿入させてあげて欲しいと…。
奥さんは俺の願いを聞き入れてくれた。そして、3Pすることになった。

プレイがはじまった。
Iが奥さんの乳首を舐める。俺も負けずにクンニする。
すると、奥さんが我慢できずに喘ぎ出した。
その声を聞いて、俺もIも興奮して、お互い責める手をゆるめようとはしない。
とうとうIが舐め疲れて離脱した後も、俺は奥さんのアソコをずっと舐め続けた。


暗闇の中、奥さんは身体をくねらせながら喘ぎ続けた。
部屋中にその声が響きわたる。


旦那さんは、その様子をじっと見ていた。


俺は、そんな旦那さんの方をチラ見しながら、ずっと奥さんを責め続けた。
大声をあげ、身体を波打たせながら何度もイク、奥さん。
その時だった。
俺の顔を懐中電灯が照らした。


「おい、あの子まだ舐めとるぞ!若いのに凄いな!カブトムシみたいだな!」
と、常連のおじさんの声が聞こえてきた。


俺はIと交代し、Iが自慢のアームストロング砲で奥さんをバックから責めている時、
正面から俺のポークビッツを奥さんにくわえさせ、程なくして俺は彼女の口の中で果てた…。

プレイが終わったあと、常連のおじさん2人とマスター、そして、奥さんと旦那さんの5人から、
「君のクンニは凄い!」
と大絶賛された。(笑)

この日、俺は生まれて初めて、カブトムシの気持ちがわかった。
子供の頃、夏になると懐中電灯を片手にカブトムシを採りに行ったものだが、
あの時、きっと彼らも、この日の俺と同じ気持ちだったに違いない。(笑)

そんなことを考えながら、家路についた。


おわり。






■出会い系 ランキング 6社

※無料登録合計で4000円分程度あります。

 それと当サイトのテクニックを活用すると無料でも
出会えます!
手ごたえの良いとこや出会えたとこに
今後は課金していけばローコストで
 出会える日常が待ってます

 安心安全そして無料会員登録にこだわったため
6社しかありませんがその分 密度の濃いサイトなので
存分にご活用くださいませ。

■ 超オススメ3社  

PC☆MAX   無料入会はこちら

ワクワクメール無料入会はこちら

ハッピーメール無料入会はこちら

まあまあおすすめ無料ポイント狙い3社

 
YYC無料入会はこちら

メル☆パラ無料入会はこちら

ミントC Jメール無料入会はこちら




出会い系外伝 これって浮気じゃないよね…と、彼女は言った。

出会い系外伝 これって浮気じゃないよね…と、彼女は言った。

昔のサイトはよかった。
純粋に出会えた。
テレクラでも、
ツーショットダイヤルでも、

みんな始まったばかりの頃は、
純粋な出会いを求める男女であふれかえっていた。

今まで、俺が日記に書いてきたのは、全部、俺が体験した本当の話。

どれも、俺が今までに出会った忘れられない女性たちとのラブストーリーだ。

今日、これから書く話は、今から10年前、
俺にしては珍しく年下の独身女性との出会い。

それも、掲示板の彼女の書き込みを見てアプローチしたという、
俺にとっては、後にも先にも初めての経験だった。
さぁ、前置きはこのぐらいにして、話をはじめるとしよう。


ある夏の日の昼休み、職場の後輩から、携帯電話から
出会い系サイトにアクセスして、
女性とメールのやり取りをすれば会うことができる、
という話を聞いた俺は、さっそくそのサイトを試してみることにした。


後輩が教えてくれたサイトは、掲示板のみのシンプルなものだった。
確か、OL、人妻、アブノーマルと、3つぐらいのコーナーに別れていた気がする。
女性の書き込みを、見るのは無料で、送信するのは有料だった。


俺はさっそく、会員登録をして、掲示板に書き込みをしている
女性に対して、片っ端からメールを送った。多分、仕事が終わる頃には、
一人くらい返事が届いてるだろうと、思いっきり期待をしながら仕事に戻った。


仕事が終わって真っ先に、俺は携帯をサイトにアクセスして、
メールが来ていないかをチェックした。一通も、来ていなかった。
俺はそのまま帰宅して、いつもの通り家族と夕食をとり、風呂に入ったあとクーラーの前で涼んだ。


この日は、たいして見たいTVもなかったし、
俺はサイトの掲示板でまた女の子を探すことにした。
OLコーナーの掲示板を見ていた時だった。俺はある書き込みを見つけた。
『クンニだけでいいよっていう男の人いますか?』



そんな男なんかいるわけないだろ!と、思いながら、
次々にいろんな女性の書き込みを見ていった。
でも、さっきの書き込みがどうしても気になった。
俺は、その書き込みをした23歳のOLに、メールを送った。


彼女から、すぐに返事が来た。
お互いのメールアドレスを交換して、待ち合わせ日時の相談をした。
二人とも、次の日が休みだったので、今日、今から会おうということになった。



時計の針は、夜10時をまわっていた。待ち合わせ場所は、
彼女の家の近くにある大学の広い駐車場。
俺の家からは、車で1時間半はかかる。待ち合わせ時間は、午前0時にした。



俺は、購入したばかりのエスティマを飛ばし、待ち合わせの大学へと向かった。
大学の駐車場には、思いの外、早く着いた。
駐車場は、真っ暗だったが、ずっと先に、
彼女が待ち合わせの目印に指定した自販機だけが、ポツンと光っていた。
俺はその自販機の前に車を駐車して、彼女が来るのを待った。



メールでの、彼女の希望は、車の中でクンニをして欲しいというものだったから、
俺は念入りに後部座席を片付け、ティシュBOXを邪魔にならない場所にセッティングした。




ちょうどそんな頃、Tシャツ、短パン姿で、こちらに向かって一人の女性が歩いて来た。
彼女だ。でも、暗くて顔がよく見えない。
彼女が自販機の近くまで来た時、ようやく彼女の顔がハッキリと見えた。



カワイイ!めちゃくちゃカワイイ!
長身で、髪が長くて、グラマー。すべてが想像以上だった。
俺は、彼女に挨拶をして、助手席に乗るよう勧め、
車を駐車場の1番奥へと移動させた。
俺は彼女に、ずっと疑問に思っていたことを聞いてみた。


「どうして、クンニだけって掲示板に書いたの?」


すると、彼女は、
「私、来年、結婚するんです。でも彼が山口県に転勤しちゃって、
もう4ヶ月も会ってなくて…。すごくエッチがしたいけど、
最後までしちゃうのは彼に気が引けて。
私の中では、入れなきゃ浮気したことにはならないかなって。」
と、話した。



「そういうことなんだね。うん。ちゃんと約束は守るから
心配しなくていいよ。後ろの席に移動しようか。」


と、言って、


二人で後部座席に移動した。


俺は、彼女を後部座席に座らせると、
ブラを外し、Tシャツを捲り上げ、両手で少し汗ばんだ胸を揉んだ。
次に、右、左と順番に、彼女のツンと立った乳首を舌や指先で転がした。
彼女の口から喘ぎ声が漏れはじめた。



右手を彼女の短パンの中へ入れると、もうアソコはヌルヌル状態だった。
俺は、彼女の短パンとパンティーを脱がせて、彼女の前にしゃがみ込み、クンニをはじめた。
クリトリスを舌先で転がすと、彼女の喘ぎ声がどんどん大きくなり、愛液が溢れ出す。
「あー、気持ちいい!こんなに気持ちいいの初めて!ねぇー、指だったら入れてもいいよー!」
俺は、クンニを続けながら、一本、二本と、彼女のマンコに最初はゆっくり、だんだん早く、指をピストンさせた。




「あー、気持ちいい!あいつが悪いんだよね?ちっとも帰って来ないあいつが…あっ、あっ、あっ、もうダメ!いっ、いっ、いっちゃうーーー!!」
凄い声を出して、彼女は果てた。


俺は冷静だった。彼女がイッたことよりも、買ったばかりのエスティマの座席に、
彼女の愛液がついていないかすごく気になっていた。


彼女は落ち着くと、すごくうれしそうに、
「ものすごく気持ちよかったです。でも、本当に私だけ気持ちよくしてもらっただけでいいんですか?
口でなら大丈夫ですから、しましょうか?」


俺はパンツを脱いだ。俺のパンツにはベットリと我慢汁がついていた。
彼女にフェラされると、ずっと我慢していたせいもあって、あっという間に出てしまった。



次の日、彼女にメールをしたら、
送信できなかった。
サイトを見たら、
彼女の名前はなかった。

この日から俺は、クンニ好きになった…。



おわり。





■出会い系 ランキング 6社

※無料登録合計で4000円分程度あります。

 それと当サイトのテクニックを活用すると無料でも
出会えます!
手ごたえの良いとこや出会えたとこに
今後は課金していけばローコストで
 出会える日常が待ってます

 安心安全そして無料会員登録にこだわったため
6社しかありませんがその分 密度の濃いサイトなので
存分にご活用くださいませ。

■ 超オススメ3社  

PC☆MAX   無料入会はこちら

ワクワクメール無料入会はこちら

ハッピーメール無料入会はこちら

まあまあおすすめ無料ポイント狙い3社

 
YYC無料入会はこちら

メル☆パラ無料入会はこちら

ミントC Jメール無料入会はこちら




出会い系外伝 それは、一つのメルアドからはじまった…。

出会い系外伝 それは、一つのメルアドからはじまった…。

俺は14年前、名古屋の大須にあった「ミ〇キー〇ウス」というカップル喫茶で、
よく遊んでいた。マスターや常連さんたちとも、
すっかり仲良しになり、いろんな話をするようになっていた。



そんなある日、常連さんの一人が、
「純くん、大垣に住んでる女で凄いのがおるで、
一回会ってこやぁ~!Oさんからの紹介だって言えば通じるで!」
と、メールアドレスを教えてくれた。



彼女は、大垣在住の28歳の主婦だという。
小柄でぽっちゃり。平日の昼間しか会えないらしい。



俺はさっそく、彼女にメールをした。話はトントン拍子に進み、すぐに会う約束をした。

しかし、彼女との約束の日に、急に仕事で大きな契約が入ってしまった。
俺は泣く泣く後輩のTを、俺の代わりに大垣まで行かせることにした。



Tが彼女と会った次の日、俺はTに、
「昨日はどうだった?」
と、聞いた。するとTは、
「純さん、とにかく凄かったです!
めちゃくちゃイキやすいんですよ~!たぶん、40回はイカせたと思います!」
と、興奮ぎみに話した。



「嘘だろ~!そんなにイク女がおるわけないやろ~!」
と、一緒に聞いていたAが口を挟むと、
「ほんとですよ~!会えばわかりますよ~!
嘘だと思うなら、Aさんが行ってみればいいじゃないですか~!」
と、Tが言い返す。
次は、Aが行くことになった。



Aが大垣の女と会った次の日、俺がAに、
「昨日はどうだった?50回ぐらいイカせたか?」
と、笑いながら聞くと、
「50回は無理でしたけど、30回ぐらいならイカせれたと思います。」
と、答えるA。


Tが、
「でしょ~!嘘じゃないでしょ~!」
と、嬉しそうに言う。
それを聞いていたNが、
「純さん、お願いします!次は僕に行かせてください!」
と、志願してきた。
次はNを大垣に派遣することにした。



Nが大垣の女と会った次の日、俺が、
「どうだった?TやAの話は本当だった?」
と、聞くと、
「純さん、TさんやAさんの言う通りでした!
マジでヤバイですよ!俺でも20回はイカせました!」
と、Nが言う。

TやAが、
「だから言ったじゃないですか~!」
と、口を揃えて言う。
「よし、わかった!じゃあ、今度は俺が行って確かめて来るわ~!100回イカせたる!」
と、3人に宣言をした。



大垣の女と会う日、俺はなぜか緊張していた。
いったいどんな女が来るんだろう?
本当に、TやAやNが言うようにイキやすい女なのだろうか?

待ち合わせのパチンコ屋の駐車場でそんなことを考えていたら、彼女がやって来た。
小柄でぽっちゃり。黒斑の眼鏡をかけて、まるでアラレちゃんみたいだ。
3人が言っていたように、ブスではない。
俺は彼女を車に乗せ、ラブホに向かった。

ラブホでは、3人が言ってたことが嘘ではないことがわかった。

オッパイを揉んで、乳首を舐めるだけでアソコはもう大洪水。

クンニすると、電気ショックを受けたかのように身体をバタンバタンさせてイキまくる。

挿入すると、チ〇コ動かさなくても体をピクピク痙攣させてイキまくる。

腰を動かすと、大声で泣き叫んでイキまくる。

どれも、本当の話だった。

こんな女性もいるんだと、正直、ビックリした。しかし、あまりに激しすぎて、少し興ざめした。

3人が言っていたように、2度目はないな、と思った。
まさか、後輩3人と、俗に言う穴兄弟になるなんて思いもしなかった。

ちなみに、3人とも今では立派な管理職になっている。

彼女はきっと、アゲマンだったのだろう。(笑)

えっ?

俺は何回イカせたのかって?

それは、

ヒ・ミ・ツ!(笑)



おわり。






■出会い系 ランキング 6社

※無料登録合計で4000円分程度あります。

 それと当サイトのテクニックを活用すると無料でも
出会えます!
手ごたえの良いとこや出会えたとこに
今後は課金していけばローコストで
 出会える日常が待ってます

 安心安全そして無料会員登録にこだわったため
6社しかありませんがその分 密度の濃いサイトなので
存分にご活用くださいませ。

■ 超オススメ3社  

PC☆MAX   無料入会はこちら

ワクワクメール無料入会はこちら

ハッピーメール無料入会はこちら

まあまあおすすめ無料ポイント狙い3社

 
YYC無料入会はこちら

メル☆パラ無料入会はこちら

ミントC Jメール無料入会はこちら


No.1【PC☆MAX】 管理人厳選出会い系サイト
運営歴10年を超える老舗の優良出会い系サイト
No.2【ワクワクメール】 管理人厳選出会い系サイト
地方の出会いには断トツの強さ
No.3【ハッピーメール】 管理人厳選出会い系サイト
女性 会員が多く男性の警戒心を解く必要がありません。
【ミントC!Jメール 】 管理人厳選出会い系サイト
運営実績15年の優良出会い系サイトです。こちらも運営会社が福岡にあるので西日本在住でしたらかならず登録
【YYC】 管理人厳選出会い系サイト
20代後半の比較的若い会員が多い
【メルパラ 】 管理人厳選出会い系サイト
も運営実績15年の優良出会い系サイトで、ミントC!Jメールとの姉妹サイト
微妙 【いくくる 194964】
昔小森純さんの問題で停滞中。改善中ですね。
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。