スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

相席屋より出会い系【pcmaxで出会った27歳の美人社長令嬢!】


相席屋より出会える【pcmaxで出会った27歳の美人社長令嬢!】体験記

今まで1人で試行錯誤し料金から店舗から詳しくなった私から
お勧めサイトをランキング化したり攻略方法を届けているのが
このサイトです。

出会い系も相席屋も全国津々浦々に経験してきています。
名古屋&大阪& 東京& 福岡&岡山
&新宿&広島&横浜& 渋谷& 仙台

上記の年の出来事や様々な口コミなどご紹介し暇つぶしに読んでいただけたらいいなと思います。

男性目線ですので女性の方気分を害したらすみません。

【体験記スタート】

今から5年ぐらい前の話だ。
pcmaxを始めてまだ間がない頃、俺は毎日、昔を思い出してエロ日記ばかり書いていた。
そんな時、お嬢様と出会った。


ある日の夜、俺の日記を読んで俺に会ってみたくなったと、
お嬢様から熱烈なラブコールがあった。


pcmaxでの初めての出会いが、冨永いちろう先生
(過去日記pcmaxでの初めての出会い参照)だった俺は、
また恐い思いをするだけだと、出会いに対して消極的になっていた。


しかし、こちらの返信を待たずに、お嬢様からどんどんサイメが送られてくる。


これは絶対に怪しい、そう思った。


しかし、人間とはおかしなもので、恐いもの見たさ、なんて言葉があるように、
危険だとわかっていても、なぜか足を踏み入れてしまう、
そんな習性があって、それは俺も例外ではなく、心の中では、
シマウマがライオンに食べられに行くようなものだと分かっていても、
お嬢様と待ち合わせの時間と場所をサイメしている自分がいて、
もう後戻りできなくなっていた。


その頃の俺は、多治見に住んでいて
JR中央線で名古屋駅にある会社まで電車通勤をしていた。
お嬢様の住まいが千種区だというので、
夜7時に千種駅のロータリーで待ち合わせることにした。


次の日、朝から俺は落ち着かなかった。
なぜなら、昨夜お嬢様から送られてきた写メがモデル級の美女だったからだ。
ちなみに、なぜ彼女のことをお嬢様と呼ぶようになったかと言うと…。


彼女は27歳。
札幌で父親が会社を経営している。
今回、名古屋に支店を出すことになって、
3ヶ月前に父親と名古屋に来たという。


そんな話に騙されるか!と思う反面、信じたいと思う気持ちもあった。
しかし、最悪の場合、待ち合わせ場所に
黒いスーツに黒いサングラスをした屈強な男たちが来て、
俺を黒塗りの車に拉致することだって考えられる。


彼女の正体は、冨永先生の仲間で、
俺をおびきだすためのオトリなんだと、
仕事が終わって電車に乗っても、まだ彼女に会う決心がつかずにいた。

しかし、

ちくさ~!ちくさ~!

電車が千種駅に着くと、俺は颯爽とホームに降り立った。

いや、降りてしまった。
なるようになるさ!
命までとられることはないだろう。

階段をのぼり、改札を出て、
怪しいヤツはいないか目の前のロータリーを見渡した。


暫くして彼女からサイメが入った。
「もうすぐ着きます。」


いよいよか…。そう思った。

ロータリーに一台の車が入ってきた。
BMWの7シリーズだった。


これは違うな…。
えっ!?
マジで!?
運転していたのは、写メの彼女だった…。

俺が車に近づくと、彼女が車の窓を開けて、
「こんばんは!けいいちさんですよね?乗って!」
と言った。

俺は助手席のドアを開けて、
後部座席にチラッと目をやりながらBMWに乗った。
後部座席には誰も乗っていなかった。


でもまだ安心はできない。
トランクに隠れているかも知れない。


「これからどうします?ラブホ行きます?」
彼女が俺に聞いてきた。

「うん…。(いきなりかよ~)」
俺がそう答えると、


「純一さんって、確か整体とかマッサージとかできるんですよね?」
と、彼女が言うので、

「できるよ…。(何でだよ~)」
と、答えると、

「わぁ~!すごい!私、今すごく肩や腰が痛いんですよ~!
マッサージしてもらってもいいですか~?」
と、ハイテンションで頼んできたので、


「いいよ。(めんどくせ~な~)」
と、言うと、



「わぁ~!うれし~!でも、変なとこマッサージしちゃダメですよっ!」
と、彼女が俺の顔を覗き込みながら言ってきたので、


「ハハハ…。(するに決まっとるやろ)」
と、笑ってごまかした。

車がラブホの駐車場に入った。

あっ、しまった!


きっと仲間とここの駐車場で待ち合わせてるんだ!
道理で、いきなりラブホなんて、おかしいと思った!

俺が車から降りると、彼女が俺に腕組みをしてきた。

くそっ、逃げれない…。

しかし、男たちは出て来なかった。

そうか、部屋で待ち伏せしてるんだな~!
世の中、こんなうまい話があるわけない!
俺が馬鹿だった…。

フロントで彼女が部屋を選び、エレベーターに乗って部屋に入った。
男たちはいなかった…。

部屋に入るなり彼女が、
「先生~!今日はよろしくお願いします!最近、肩や腰が痛くって~!」
ノリノリだった。

「じゃあ、まずこれに着替えて!」

俺は、洗面台にあったバスローブを彼女に手渡した。

「先生~、下着はどうしたらいいですか~?」

「そうだね。施術の邪魔になるといけないから、ブラだけはとってもらおうかな。」

「はい。わかりました~。」

俺もスーツを脱いで、バスローブに着替えた。

「じゃあ、まずうつ伏せに寝てもらおうか。」

部屋の照明を暗くして、彼女をベッドに寝かせた。

まず、肩、背中、腰の順でマッサージをしていった。

マッサージしている間も彼女は、
先生~、気持ちいいです~!
を、連発してうるさかった。

しかし、俺の手が太ももの裏、ふくらはぎ、そして足の付け根にいくと、急に黙りこくってしまった。

俺の指が、彼女のデリケートゾーンに微妙なタッチで触れる。
バスローブはめくれあがり、彼女のパンティーは丸見え状態だった。

俺は彼女のお尻と足の付け根を入念にマッサージして、
彼女に今度は仰向けになるように言った。

仰向けになった彼女の顔にハンドタオルを被せて、
肩、脇の下、そして胸へとマッサージをしていった。

バスローブの上から胸を揉むと、
彼女が感じているのがはっきりとわかった。
バスローブの隙間から手を入れて
彼女の乳首を指で転がすと、乳首がツンツンに起ってきた。


俺はバスローブの紐をほどいて、彼女の乳首を舐めた。

あ~ん、先生~!
そんなにしたら~!
あ~、ものすごく気持ちいいです~!

乳首を舐めながらパンティーに手を入れると、アソコはもう大洪水になっていた。

俺は彼女のパンティーを脱がせると、クンニをはじめた。
すると、彼女がすごい声を出して喘ぎ出した。

その声に興奮して、俺は彼女のクリを唇と舌で、ねちっこく責め続けた。


あ~!ダメ~!いっちゃう~!
彼女の体がビクンビクンと波打ち、いったのがわかった。


それでも俺はクンニをやめない。


先生~!あ~!ダメ~!おかしくなっちゃう~!やめて~!あ~~~っ!

クンニで何度かいかせたあと、俺が手マンをすると、彼女は、
先生~!ダメ~!やめて!出ちゃうから!あ~~~!
と、勢いよく潮を吹いた。

このあと俺は、ビンビンになったチンコを彼女の中に入れて、何度も何度も彼女をいかせまくった。

こうして俺は、やっと冨永先生のショックから立ち直ることができたのだ。



おわり。






   当サイト読者様限定オリジナルの

     注目 ポイント制サイトノウハウ注目

無料サイト
攻略解説は下記を  
クリック グリーン クリック!!
         ↓  ↓  ↓  ↓
      注目アイコン   出会い系で出会う方法はこちらより

deaiatama.png




 
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
No.1【PC☆MAX】 管理人厳選出会い系サイト
運営歴10年を超える老舗の優良出会い系サイト
No.2【ワクワクメール】 管理人厳選出会い系サイト
地方の出会いには断トツの強さ
No.3【ハッピーメール】 管理人厳選出会い系サイト
女性 会員が多く男性の警戒心を解く必要がありません。
【ミントC!Jメール 】 管理人厳選出会い系サイト
運営実績15年の優良出会い系サイトです。こちらも運営会社が福岡にあるので西日本在住でしたらかならず登録
【YYC】 管理人厳選出会い系サイト
20代後半の比較的若い会員が多い
【メルパラ 】 管理人厳選出会い系サイト
も運営実績15年の優良出会い系サイトで、ミントC!Jメールとの姉妹サイト
微妙 【いくくる 194964】
昔小森純さんの問題で停滞中。改善中ですね。
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。