スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

相席屋より出会える【旅先のホテルでの一夜限りのアバンチュール…!】

相席屋より出会える【旅先のホテルでの一夜限りのアバンチュール…!】


今回は出会い系体験記ではありませんが、アバンチュールです。

今まで1人で試行錯誤し料金から店舗から詳しくなった私から
お勧めサイトをランキング化したり攻略方法を届けているのが
このサイトです。

出会い系も相席屋も全国津々浦々に経験してきています。
名古屋&大阪& 東京& 福岡&岡山
&新宿&広島&横浜& 渋谷& 仙台

上記の年の出来事や様々な口コミなどご紹介し暇つぶしに読んでいただけたらいいなと思います。

男性目線ですので女性の方気分を害したらすみません。



【体験記】


今から5年前の夏、子供たちを連れて愛知県の日間賀島に一泊旅行に行った時の話だ。

知多半島の先端にある師崎からフェリーに乗り、
タコ漁で有名な日間賀島には、
途中、
吉田拓郎がオールナイトコンサートをしたことで知られる篠島に寄ったが、
船旅なんてとても言えないほど、あっという間に着いた。


長男が夏休みの自由研究のため蝶の採集をしたいと言うので、
仕方なく次男と付き合うことにした。


ホテルのフロントで荷物を預かってもらい、
3人で汗だくになりながら、蝶を求めて島中を歩いた。


いくつも蝶を採集し、ご満悦の長男。すると今度は、
次男が海水浴をしたいと言い出した。


ホテルの前のビーチで親子3人、
海上に浮かぶ人工島まで泳いだりして遊んだ。


やがてチェックインの時間になり、
部屋でのんびりできると思ったのも束の間、2人が釣りに行くと言い出した。


ご丁寧に家から釣竿まで持参している。


フロントで釣具屋の場所を聞き、2人を連れてエサを買いに行った。


釣具屋でエサを買ったついでに釣りのポイントを教えてもらったので、
その場所で釣ることにした。釣りを始めると、次から次、
面白いように小さなフグが釣れた。いや、フグしか釣れなかった。(笑)


しかし、子供たちは釣れることが楽しくて、フグが釣れるたびに大喜びしていた。
結局、釣れたフグは全部逃がして、夕食の時間になったのでホテルに帰った。


夕食には、名物のタコが丸ごと出た。
ハサミで切りながら食べた。


ふと、隣のテーブルに目をやると、怪しげなカップル。


見るからに、夫婦ではないのがわかる。
男は40代後半、女は30代前半くらいだろうか。
男は地味だが、女は派手だった。


きっと不倫旅行に来てるんだろう、と思いながら、食事が終わったので部屋に帰った。


22時すぎ、大浴場に行こうと部屋を出た俺は、エレベーターに乗った。


エレベーターのドアが閉まる寸前、正面の部屋のドアが開き、女性が、

「あ~!待って~!」

と、叫びながら走ってきた。

俺は慌てて、開くのボタンを押した。

夕食の時、隣のテーブルにいた彼女だった。

「あ~、よかった!ありがとう!」

思わず笑ってしまった。


「ねぇ~、もうお風呂入った?これから?いいお風呂だったよ。
髪の毛、洗ったからまだ乾いてないけど、いい匂いするでしょ?」

そう言うと、俺に向かって髪の毛をパサパサさせた。

やがてエレベーターは一階についた。

「私、ビールを買いに来たんだぁ。」

そう言いながら彼女は自販機の方に歩いて行く。

俺は彼女の後ろを歩き、

「今日は旦那さんと旅行に来たの?」

と、聞いた。

すると彼女は、

「旦那じゃないよ。私、バツ3だもん。彼氏…みたいなもんかな。
でも、彼、奥さんいるんだぁ。今日は、初めて二人で旅行に来たんだよ。」

と、話した。

「そうなんだ。俺はバツイチだよ。今日は夏休みだから
子供たちを連れて旅行に来たんだけど。」

と、俺が言うと、

「いいお父さんしてるね!彼、飲みすぎてさっき寝ちゃったんだぁ。私はまだ飲み足りなくて。」

と、彼女が言った。

「うちはまだ子供たちが起きてるけど、もう少ししたら寝るかな。
あっ、そうだ!また、後でここで話さない?」

と、ダメ元で言うと、

「うん。いいよ。じゃあ、何時にする?0時?」

と、意外にもアッサリ彼女が乗ってきた。

「そうだね。その時間なら子供たちも寝てるだろうし、大丈夫だよ。じゃあ、0時にここね!今から風呂に入ってくるね!」

と、言って、俺は大浴場へ向かった。

風呂から出て部屋に帰ると、子供たちはもう寝ていた。

昼間、はしゃぎすぎたからだろうか、ぐっすり寝ていた。

俺は携帯をいじりながら、彼女との約束の0時になるのを待った。

途中、何度かウトウトしかけたけれど、11時50分になったので部屋を出た。

エレベーターに乗って一階に降りると、照明が落とされて、真っ暗だった。フロントだけがぼんやりと明るかった。

ロビーに目をやると、自販機の光でソファーに誰か座っているのがわかった。

近づいて行くと、彼女だった。

「ごめん。待った?」

と、俺が聞くと、

「ううん。全然。」

と、答える彼女。

それから二人で30分ほど、たわいもない話を続けた。

「なんか、真っ暗で怖いね。」

と、彼女が言うので、

「じゃあ、探検してみる?」

と、俺が言うと、

「する!する!」

と、言う彼女。

二人で階段を昇って、二階に行ってみた。

二階は、お食事処になっているが、一階と同じように真っ暗だった。

非常口の灯りを道標に二人で歩いて行くと、大広間にたどり着いた。

俺は、後ろをついてきた彼女に振り向きざまにキスをした。

彼女も待ってましたとばかりに、舌を入れてきた。俺の首に両手をまわして、激しいディープキス。

我慢できなくなった俺は、大広間の畳の上に彼女を寝かせて、Tシャツの上から胸を揉んだ。

彼女が感じているのがわかる。俺は、彼女のTシャツを捲り上げ、ブラを外して乳首を舌で転がした。すると、彼女が喘ぎ声を出し始めた。

俺は彼女の短パンとパンティーを脱がせて、股間に舌を這わせた。

彼女のアソコは、ローションを塗ったようにヌルヌルだった。

クンニしながら、指を出し入れすると、彼女の体が大きく波打つ。

あまりの喘ぎ声に、誰か来たらどうしようかと不安になるが、もう止まらない。

クンニで何回かイカせたあと手マンをすると、彼女が勢いよく潮を吹いた。

畳の上は、彼女が吹いた潮でベタベタだ。

俺はそのまま勃起したチンポを彼女にぶち込んで、これでもかというほどイカせまくった。

その後、俺は中出ししたいのを我慢して、フラフラになった彼女を非常口まで連れて行き、非常階段に出ると彼女にフェラをさせ、思いっきり口の中に発射した。

部屋に戻るエレベーターの中で、
「こんなにドキドキして、感じたエッチは初めて!」
と、彼女が俺にニコニコしながら言った。

この夜は、よく眠れた。

朝になって、子供たちと朝食を食べ、フロントでチェックアウトをしてホテルを出た。

ビーチで彼女が彼氏とイチャついている姿が見えた。

俺は気づかないフリをして、子供たちとフェリー乗り場へと向かった。

俺自身、旅先でこんな経験をするのは初めてだった。

今までこんな場面を、何度想像してきたことだろうか。

フェリーが日間賀島を出た時、何とも言えない達成感で俺の心は満たされていた。








   当サイト読者様限定オリジナルの

     注目 ポイント制サイトノウハウ注目

無料サイト
攻略解説は下記を  
クリック グリーン クリック!!
         ↓  ↓  ↓  ↓
      注目アイコン   出会い系で出会う方法はこちらより

deaiatama.png








 
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
No.1【PC☆MAX】 管理人厳選出会い系サイト
運営歴10年を超える老舗の優良出会い系サイト
No.2【ワクワクメール】 管理人厳選出会い系サイト
地方の出会いには断トツの強さ
No.3【ハッピーメール】 管理人厳選出会い系サイト
女性 会員が多く男性の警戒心を解く必要がありません。
【ミントC!Jメール 】 管理人厳選出会い系サイト
運営実績15年の優良出会い系サイトです。こちらも運営会社が福岡にあるので西日本在住でしたらかならず登録
【YYC】 管理人厳選出会い系サイト
20代後半の比較的若い会員が多い
【メルパラ 】 管理人厳選出会い系サイト
も運営実績15年の優良出会い系サイトで、ミントC!Jメールとの姉妹サイト
微妙 【いくくる 194964】
昔小森純さんの問題で停滞中。改善中ですね。
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。