スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

相席屋よりも出会える【pcmaxを教えたら日記読者とやりまくって前にも増して淫乱になった主婦の話!】

相席屋よりも出会える【pcmaxを教えたら日記読者とやりまくって前にも増して淫乱になった主婦の話!】

今まで1人で試行錯誤し料金から店舗から詳しくなった私から
お勧めサイトをランキング化したり攻略方法を届けているのが
このサイトです。

出会い系も相席屋も全国津々浦々に経験してきています。
名古屋&大阪& 東京& 福岡&岡山
&新宿&広島&横浜& 渋谷& 仙台

上記の年の出来事や様々な口コミなどご紹介し暇つぶしに読んでいただけたらいいなと思います。

男性目線ですので女性の方気分を害したらすみません。


3年前の1月、不動産管理会社に勤務していた
俺は、入居者のIさんと関係を持った。その後、些細な事がきっかけで、
Iさんとは4月頃から音信不通になってしまった。


8月になって、Iさんから「トイレの水がチョロチョロ流れっぱなしになっている。」
とのクレームがあり、久し振りに再会を果たした。

Iさんは34歳。離婚して俺が管理していたアパートに引っ越して来た。
2人の女の子を歯科助手をしながら育てている。
離婚する2年ぐらい前から、別れた旦那とはずっとエッチはしていなかった、
という言葉が嘘に思えるほど、体全体が性感帯の淫乱女だった。



この日も、話をしながら俺がIさんの乳を揉みはじめると、
トロ~ンとした目で俺を見つめながら、喘ぎ出した。
『ずっと、してなかったの?』と、俺が聞くと、
『そんな、我慢できるわけがないでしょ!けいくんが目覚めさせちゃったんだから!』と
Iさんが答えた。



その時、俺はてっきりIさんはこの数ヵ月
オナニーの日々を送っていたとばかり思っていたけれど
それは大きな間違いで、Iさんは俺と会わなかった間に
見事なまでにスーパーサイヤ人へと進化を遂げていたのだった。

『彼氏、できたの?』
『うん。3人いるよ!』
『嘘ばっか言うなよ~。』
『だって本当だもん!』
『じゃあ、そいつらと何処で知り合ったの?』
『PCMAXだよ!』
『え~~~~っ!!』

俺は驚いた。そして、思い出した。

Iさんと疎遠になる前に、冗談で、
『面白いサイトがあるで教えたるわ~!』

と、IさんにPCMAXの招待メールを送ったことがあったのだ。

『マジでぇ~!』

俺が驚いて聞き返すと、

『うん。もう10人ぐらい会ったよ!』

と、普通に答えるIさん。

『そいつらとエッチしたのか?』

と、俺が聞くと、

『そんなの、当たり前じゃん!したに決まってるでしょ!』

と、悪びれずに答えたIさんを、俺はその場に立たせたまま
何度も何度も、足元に水溜まりができるまで、潮を吹かせ続けた。

『どうしてなんだろう…。他の人とエッチして、どんなに気持ちよくても
潮なんて吹いたことがないのに、けいくんとだとこんなに吹いちゃうんだよね!』
帰り際、Iさんがそう呟いた。

それから俺は、Iさんとまたちょくちょくメールをするようになった。

そんな暮れも押し迫った12月のある日のことだった。
とうとうIさんは更なる未知の領域へと足を踏み入れることになる。


それは、街がクリスマス一色になったある夜のことだった。

俺は、友人のAとFの3人で久し振りに会って食事をしていた。

2人とも、札幌のすすきのに行ったら、必ずソープをハシゴする強者だ。

自然と話はそっち方面で盛り上がっていた。


「けいちゃん、最近はどう?何か面白いことはないの?」Aが俺に話をふった。


「面白いことかぁ~。あっ、前にバツイチの入居者の話をしたよね。
俺と別れたあとサイトでやりまくってるっていう。
この前メールしてたら3Pをしてみたいって言ってたけど、2人ともどう?呼べば来ると思うよ!」

と、俺が言うと、

「けいちゃん、マジでぇ~!?」と、
Fが身を乗り出してすぐに反応した。


「俺が今まで女の話で嘘をついたことがある?ないよね!
2人とも会いたいだろうから、今からメールしてやるよ。」


「本当に?その子、来てくれるかなぁ~?」
チンチンはデカイが気の小さいAが、
心配そうな顔をしながら独り言のように呟いた。



Iさんにメールしたら、子供たちは元旦那の家に泊まりに行っていないから
いつでも出れるよ、という返事が返ってきた。


2人にそのことを伝えると、すぐに店を出てIさんを迎えに行こう、と言うので
俺は、今からアパートまで迎えに行くから待ってて、
とIさんにメールをして、スケベなオジサン2人を車に乗せ、Iさんのアパートに向かった。


車がアパート近くに来た時、
Aがコンビニに寄って欲しいと言うのでコンビニに寄ると、
AとFがコンドームを買って戻ってきた。


「2人とも、ヤル気満々じゃん!」
と、俺が茶化すと、
「大人のエチケットやてぇ~。」

と、Fが返した。

Iさんに、もう着くよ、と、メールを入れると、アパートの前で待ってます、と、返事があった。

俺たち3人はアパートの前でIさんを乗せ、そのままラブホへと向かった。

4人でラブホに入って部屋を選んでいると、奥から女性が出てきて、
「あの~、3人以上での入室は困るんですけど!」と、俺たちに言ってきた。

Fが、

「金ならいくらでも払うで、何とかならん?」

と、凄んだ。


「それでは、最上階の8千円のお部屋でしたら、4名様のご利用で1万6千円いただきますが、よろしいでしょうか?」


と、女性が言った。
「わかった。それでいいわ!」
と、Fが即答して、俺たちは最上階のスペシャルルームへと向かった。

部屋に入ると、その広さに圧倒された。
特に風呂は、ジャグジーで、大人が5、6人、一緒に入れるほどの広さだった。


「すごい!!こんな部屋はじめて!!」と、Iさんは部屋に入るなり大声を出して興奮していた。
しばらく4人で、部屋のあちこちを見てまわっていたが、みんな緊張しているのがわかった。

「せっかくだからさ、みんな順番に風呂に入ろうよ。俺、風呂をいれてくるわ。」と、
俺が言うと、Aが、

「ウェルカムドリンクが無料って書いてあるけど、何か注文する?」と、呼び掛ける。

するとFが、「こんなに明るいと落ち着かんで、もう少し暗くしようか?」と、
部屋の照明を調整しはじめた。

そんなオジサン3人を、Iさんはマッサージチェアに座って、
ニコニコしながら楽しそうに見ていた。


Aがフロントに注文したウェルカムドリンクが来た頃、浴槽のお湯もちょうどいい分量になった。
俺は、頼んだコーラを一口飲んだあと、
「じゃあ、俺とIさんと風呂に入ってくるわ!」
と、AとFに言った。

Iさんは浴室に向かって歩く俺の後を黙ってついてきた。
俺は、シャワーを浴びながら、
「あいつらヤル気満々だけど、ほんとに大丈夫?」と、Iさんに聞くと、
「けいくん、今さらぁ~!全然、平気だよ!」と、笑って答えた。

俺たちが風呂から出ると、AとFが風呂に入りに行った。


俺とIさんは、二人が風呂から出てくるのを見計らって、プレイをはじめた。
最初はソファーに座って黙って見ていた二人だが、
俺のクンニで喘ぎ出したIさんの声を聞いて興奮したのか、

Fが、でかくなったチンチンをIさんにくわえさせた。
そんなFに遅れをとるまいと、Aがオッパイを舐めはじめる。

俺はIさんをクンニで2回イカせた後、手マンで3回潮を吹かせてベッドをおりた。
ベッドでは、Fがバックから入れて、Aがフェラしてもらっている。
AVやカップル喫茶ではよくある光景だが、
目の前にいるのが自分の友達だというのも、何か不思議な気がした。
あらためて、世の中にはいろんな出会いがあるものだと、つくづくそう感じた。




   当サイト読者様限定オリジナルの

     注目 ポイント制サイトノウハウ注目

無料サイト
攻略解説は下記を  
クリック グリーン クリック!!
         ↓  ↓  ↓  ↓
      注目アイコン   出会い系で出会う方法はこちらより

deaiatama.png




 
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
No.1【PC☆MAX】 管理人厳選出会い系サイト
運営歴10年を超える老舗の優良出会い系サイト
No.2【ワクワクメール】 管理人厳選出会い系サイト
地方の出会いには断トツの強さ
No.3【ハッピーメール】 管理人厳選出会い系サイト
女性 会員が多く男性の警戒心を解く必要がありません。
【ミントC!Jメール 】 管理人厳選出会い系サイト
運営実績15年の優良出会い系サイトです。こちらも運営会社が福岡にあるので西日本在住でしたらかならず登録
【YYC】 管理人厳選出会い系サイト
20代後半の比較的若い会員が多い
【メルパラ 】 管理人厳選出会い系サイト
も運営実績15年の優良出会い系サイトで、ミントC!Jメールとの姉妹サイト
微妙 【いくくる 194964】
昔小森純さんの問題で停滞中。改善中ですね。
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。