スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

相席屋より出会い系名古屋編【ヤクザの女だった彼女はジャブ漬けにされて…。】

 相席屋より出会い系名古屋編【ヤクザの女だった彼女はジャブ漬けにされて…。】

今まで1人で試行錯誤し料金から店舗から詳しくなった私から
お勧めサイトをランキング化したり攻略方法を届けているのが
このサイトです。

出会い系相席屋も全国津々浦々に経験してきています。
名古屋大阪東京福岡岡山
&新宿&広島&横浜& 渋谷& 仙台

上記の年の出来事や様々な口コミなどご紹介し暇つぶしに読んでいただけたらいいなと思います。

男性目線ですので女性の方気分を害したらすみません。




【体験記】


出会い系サイトにはいろんな人がいる。

俺みたいに真剣にパートナーを探している人間もたくさんいる。

しかし、そういう人間同士が出会ったとしても、
当たり前の話だが必ずしも恋愛に発展するとは限らない。


ちょっとした誤解がもとで上手くいかず、後で振り返ってみて、
逃がした魚が大きかったことに気がつくこともよくある話だ。


あれは、3年前の冬のことだった。

12月に入ったある日、岐阜県関市在住の女性からサイメが来た。

彼女は、46歳バツイチ。高校生の息子が一人いるという。
俺のプロフィールを見て、すごく気になったからサイメをくれたらしい。


それから、彼女とのサイメでのやり取りがはじまった。


何日かして、サイメが直メに変わり、会うことになった。


彼女が美濃加茂市の病院の受付をしているというので、
お互い仕事が終わってから、美濃加茂市にある居酒屋で会うことになった。


当日、居酒屋の駐車場で待っていると、彼女からメールが入った。
彼女も着いたという。
俺が車から降りると、向こうから女性が一人、笑顔で歩いてくるのが見えた。



綺麗だ!まず、そう思った。


髪は長くて、スラッとして、服の上からでもそれが分かるほど胸もデカイ!


今までのモリクミや富永一郎、そして天狗猿たちとは、レベルが違いすぎる!

理想の女性にやっとめぐり逢えた、
そんな気がした。でも、こんなことって本当にあるのだろうか…。


美人に出会えた嬉しさよりも、不安の方が先になり、
きっとこれは何かの罠に違いない!
こんなうまい話なんてあるはずがない!と、疑念を持った。
俺にそう思わせるほど、彼女は美しかった。



彼女の美しさは、容姿だけではなかった。
声、話し方(言葉遣い)、立ち居振舞い、
どれをとっても洗練された大人の女性を感じさせた。


俺は、すっかり舞い上がってしまった。


彼女とは、話をしていてもすごくフィーリングが合った。

時計の針は22時をまわっていたけれど、
二人でもっと話がしたいと彼女も言ってくれたので、
居酒屋からジャパレンに場所を変えることにした。



車を走らせながら、俺の頭の中は、
これから行くカラオケボックスで、どうすれば彼女とキスをして、
あの巨乳を揉むことができるのか、そんなことばかり考えていた。



部屋では、それまで向かい合わせで座っていた居酒屋と違い、
彼女が俺の真横に座った。
いや、くっついてきたという表現の方がピッタリなくらい、
俺の太股も横っ腹も腕までもが、彼女に密着していた。


彼女の顔が近い。俺が顔を横に向けたらキスができる、そんな距離だ。
でも、キスをした途端、
いきなりロシア人のスパイが部屋に入ってくるんじゃないかとか、
もし拉致られたらどうしようなどと、
一瞬、頭に不安がよぎったが、肉食系中年の俺はすぐさま、
ロシアのスパイと戦う覚悟をして、顔を横に向けて彼女にキスをした。



キスをしたあと、彼女が、
「もうダメ~!スイッチが入っちゃう~!」
と、俺の首に両手をまわして、激しいディープキスをしてきた。


なんだか、アメリカ映画みたいだ。


俺は、キスをしながら彼女の巨乳を鷲掴みにした。


彼女はキスを止めなかったが、だんだん彼女の呼吸が荒くなっていくのがわかった。


しかし、ここはカラオケボックスだ。
防犯カメラで撮られている。

俺は、はやる気持ちを抑えて、そのあと二人で何事もなかったかのように、カラオケを楽しんだ。


途中、トイレに行ったら、我慢汁でパンツに染みができていた。
いいところまでいって止めたせいか、金玉が痛かった。

カラオケをしながら、彼女はいろいろな話を俺に聞かせてくれた。

昔はヤンチャして、親にすごく迷惑をかけたこと。

子供が中学生の時にやっと離婚できたこと。

すべてを包み隠さず話してくれた。



あの事を除いては…。




カラオケボックスを出た時には、時計の針は0時をまわっていた。

二人とも、次の日は仕事だったので、おとなしく帰ることにした。

我慢汁で濡れたパンツが、やけに冷たかった…。

次の日は、朝から彼女のあの激しいディープキスの余韻に浸っていた。

今夜、会えるかな?
どこのラブホに行こうかな。
いろんな妄想で、頭の中はいっぱいになっていた。



夕方、彼女の仕事が終わる時間に電話をして、この日も会うことになった。

そして、前日と同じように二人で食事をして、店を出た。

彼女が、俺の車の助手席に乗ってきた。

「けいくんいい人だから…。ごめんね、黙ってて。私、C型肝炎なの。どうしてそうなったかというと…。若い頃、ヤンチャしてたって言ったでしょ。あの頃、付き合ってた男の人がヤクザで、その人、覚醒剤をやってて。私、必死になって止めさせようとしたんだけど、逆に…。」

彼女は、泣きじゃくった。

俺は、どうすることもできなかった。

「本当にごめんなさい!騙すつもりなんてなかったの!
それだけは信じて…。メールしてたら楽しくて、つい会ってみたくなっちゃって…。
でも、こんな素敵な人に二回も会えてよかった。
本当にありがとう。純くんはすごく優しくて素敵な人だから、
相応しい女性が見つかると思うから…。さよなら!」


彼女はそう言うと、車を降りて、自分の車に向かって泣きながら走って行った。


俺は駐車場を出ていく彼女の車を、ただ見送るしかなかった…。


それから1週間。
彼女のことが、頭を離れなかった。


俺は意を決して、彼女にメールをした。


送れない。


携帯に電話をした。


使われていない。


サイトも退会していた。


あの時、車を降りた彼女を追いかけて、
「そんなこと関係ない!君にどんな過去があろうと、
どんな病気だろうが、俺は君と一緒にいたいんだー!!」
と、なぜ言えなかったのか…。


俺の心の弱さだろう。


彼女がカラオケで歌った、中島みゆきの「糸」が忘れられない。

街がクリスマス一色に染まる頃、

毎年、彼女を思い出す。







   当サイト読者様限定オリジナルの

     注目 ポイント制サイトノウハウ注目

無料サイト
攻略解説は下記を  
クリック グリーン クリック!!
         ↓  ↓  ↓  ↓
      注目アイコン   出会い系で出会う方法はこちらより

deaiatama.png



 
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
No.1【PC☆MAX】 管理人厳選出会い系サイト
運営歴10年を超える老舗の優良出会い系サイト
No.2【ワクワクメール】 管理人厳選出会い系サイト
地方の出会いには断トツの強さ
No.3【ハッピーメール】 管理人厳選出会い系サイト
女性 会員が多く男性の警戒心を解く必要がありません。
【ミントC!Jメール 】 管理人厳選出会い系サイト
運営実績15年の優良出会い系サイトです。こちらも運営会社が福岡にあるので西日本在住でしたらかならず登録
【YYC】 管理人厳選出会い系サイト
20代後半の比較的若い会員が多い
【メルパラ 】 管理人厳選出会い系サイト
も運営実績15年の優良出会い系サイトで、ミントC!Jメールとの姉妹サイト
微妙 【いくくる 194964】
昔小森純さんの問題で停滞中。改善中ですね。
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。