スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

相席屋より出会い系名古屋編【旦那が運転する車の後部座席で喘ぎつづける奥さん…。】

相席屋より出会い系名古屋編【旦那が運転する車の後部座席で喘ぎつづける奥さん…。】

今まで1人で試行錯誤し料金から店舗から詳しくなった私から
お勧めサイトをランキング化したり攻略方法を届けているのが
このサイトです。

出会い系相席屋も全国津々浦々に経験してきています。
名古屋大阪東京福岡岡山
&新宿&広島&横浜& 渋谷& 仙台

上記の年の出来事や様々な口コミなどご紹介し暇つぶしに読んでいただけたらいいなと思います。

男性目線ですので女性の方気分を害したらすみません。


相席屋より出会い系を勧める俺の出会い系体験記】


世の中には、いろんな性癖を持った男女、カップル、夫婦がいるものだ。
今日は俺が3年前に出会った、ある夫婦の話をしてみたいと思う。


俺がpcmaxで日記を書き始めたのは、ちょうど離婚した5年前だった。
今、考えてもよくわからないが、なぜか日記に、
自分が今までに出会った女性とのありのままを、
正直に嘘偽りなく書いてみたいと思ったんだ。


日記を書き始めると、たくさんの人が読者登録をしてくれるようになり、
日記に対するコメントやサイトメールをもらうようになった。


文学少年だった俺は、文章にはものすごくこだわりがあって、
苦労して書いた日記も後で読み返してみて文章が気に入らないと、
すぐに消してしまうところがあった。

たぶん、今残っている日記の3倍ぐらいは、これまで書いてきただろう。
日記のコメントやサイトメールで親しくなった女性ともよく会った。


中には、遠いところからわざわざ何時間もかけて会いに来てくれる女性もいた。
しっかり数えていたわけではないが、日記のファンだという女性と、
少なくとも50人以上は会ったはずだ。


フォロワー数は、一番多い時でも300人を超えたことはないが、
いつも1000人以上の人が俺の書く日記を読んでくれていた。



文豪気取りで気分屋の俺は、日記を書くのにも波があって、
半年ぐらい書かないなんてことはザラだった。


何ヵ月も日記を書かないと、読者登録数がどんどん減っていくのだが、
昨年の11月、何気なく登録者名簿を見ていた俺は、
気になる一人の女性を発見した。


彼女の名前は、愛知県在住のAさん、38歳。
いつも日記に足跡は残っているが、今までコメントをくれたことは一度もなかった。
彼女の日記やプロフィールを見てみたが、何も書いてなかった。
ますます謎は深まるばかりだった。
好奇心旺盛な俺は、彼女にサイトメールをしてみた。


「こんにちわ。はじめまして。いつもつまらない日記を読んでくれてありがとう。
最近、あまり日記を書いていないから、読者登録数が減っていく一方です。
古いニキ友さんたちも何人か退会してしまい、俺もそろそろ潮時かなぁ、
なんて考えています。
Aさんは愛知県のどちらにお住まいですか?
ご結婚はしてみえるのですか?ごめんなさい、いきなり質問ばかりしてしまって!
すごく気になったのでメールしてしまいました。
お返事もらえたら嬉しいです。よろしくお願いします!」


夜になっても、彼女からのメールはなかった。


しかし、翌朝になって、
「おはようございます。メールありがとうございました。
いつも読み逃げばかりでごめんなさい。すごく楽しみにしています。
だから、退会するなんて言わないでください!
私は尾張旭に住んでいますよ!結婚しています!」


と、彼女からメールが来た。


俺は、すぐ彼女に、
「メールありがとう!まさか返事がもらえるなんて、
思ってもなかったから、すごく嬉しいです!俺は毎日、
尾張旭にある会社まで車通勤しています。今度、一緒にお茶でもしませんか?」



と、メールした。



彼女からはすぐに、
「はい!是非!今度よろしくお願いします。」

と、返事が来た。



それから彼女とのサイトメールのやりとりがはじまった。
彼女と何回かメールをするうちに、彼女のことがだんだんと分かってきた。

彼女は、今の旦那さんとはバツイチ同士の再婚で、高校生の息子が一人いるという。


pcmaxは旦那さん公認で、
複数プレイの相手を探すために会員登録をさせられたらしい。


旦那さんのことが好きでたまらない彼女は、
旦那さんに言われるがまま、いろんなサイトで
複数プレイの相手を見つけては、旦那さんの性癖に付き合ってきたという。


それが今では自分が完全に嵌まってしまい、
1日に何人も相手ができるほど淫乱になってしまったそうだ。


あと、彼女たち夫婦にはルールがあって、
1、電話番号やアドレスは教えない。
2、一人で勝手に会ったりしない。
3、旦那の面接を受けて合格した男としかしない。


の3つを必ず守らなければいけないという。
俺も、他の男たち同様、彼女の旦那さんの面接を受けることになった。
彼女の旦那さんとの面接は、突然やってきた。


ある日の夕方、仕事が暇になった時間を見計らって、
俺がpcmaxにログインすると、彼女からサイトメールが届いていた。
「こんにちは。今日は何時に仕事が終わりますか?」

俺は、
「7時には終わります。」


と、メールした。すると、
「会社は、三郷駅の近くですか?仕事が終わったら、ガストまで来れますか?」
と、メールが来たので、
「大丈夫ですよ。7時半には着けると思います。」
と、返事を返した。



俺は、仕事が終わるとマッハでスーツに着替え、車で待ち合わせのガストへと向かった。
ガストの駐車場で待っていると、彼女から、
「今、どこにいますか?携帯番号を教えてください。」
と、サイトメールが入った。


俺が、携帯番号をメールして暫くすると、携帯が鳴った。
「もしもし、はじめまして、Aです!」
とても明るくって、弾むような声だった。



お店の裏の駐車場にいると言うので、俺は車を降りて、携帯で話したまま歩き出した。
「あっ、今、私達の車、分かる?そのまま真っ直ぐ歩いて来ると、
黒いハイエースが止まってるでしょ!」

あ、あった!あのハイエースだ!


車の横まで行くと、後部座席のスライドドアが開いた。
そこには、髪が長くてぽっちゃりした俺好みの女性がニコニコ笑ってこっちを見ていた。



彼女に言われるまま、俺は車に乗った。
運転席には、彼女の旦那さんがいた。
「はじめまして
と、あいさつすると、
「はじめまして。A旦那です。」
と、笑いながら応えてくれた。

それから旦那さんと、お互いの性癖についていろいろ意見交換をした。
Aさんは、エロ話に盛り上がる俺たち2人を見て、大笑いしていた。


旦那さんが、
「ちょっと場所を変えましょうか。」
と、車を走らせた。
「さわってもいいですよ!ワンピースの下は、ノーブラ、ノーパンで来てるから、
やっちゃってもいいですよ!」
と、いう旦那さんに、
「いいんですか?」
と、言いながら俺は、ワンピースの上から彼女のオッパイを揉んだ。


だんだん彼女の息遣いが荒くなってくるのがわかった。
我慢できなくなった俺は、彼女のワンピースを捲り上げ、
そのまま座席に寝かせると、両手でオッパイを揉みながら、乳首を舌で転がした。
彼女の旦那さんが運転している車の中で…
そんなシチュエーションが、たまらなく俺を興奮させた。



やがて車は、田んぼの畦道で止まった。
俺は、旦那さんが見ているのも忘れ、
夢中で彼女にクンニしていた。
彼女の喘ぎ声が車内に響き渡る。

その声を聞いた俺はますます興奮をし、彼女への攻撃の手を緩めなかった。
このあと、彼女の身体は何度も脈打ち、旦那さんの見守る中、幾度となく絶頂の時を迎えた…。
これが、俺が出会った、不思議な夫婦との忘れられない出来事だ。







   当サイト読者様限定オリジナルの

     注目 ポイント制サイトノウハウ注目

無料サイト
攻略解説は下記を  
クリック グリーン クリック!!
         ↓  ↓  ↓  ↓
      注目アイコン   出会い系で出会う方法はこちらより

deaiatama.png



 
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
No.1【PC☆MAX】 管理人厳選出会い系サイト
運営歴10年を超える老舗の優良出会い系サイト
No.2【ワクワクメール】 管理人厳選出会い系サイト
地方の出会いには断トツの強さ
No.3【ハッピーメール】 管理人厳選出会い系サイト
女性 会員が多く男性の警戒心を解く必要がありません。
【ミントC!Jメール 】 管理人厳選出会い系サイト
運営実績15年の優良出会い系サイトです。こちらも運営会社が福岡にあるので西日本在住でしたらかならず登録
【YYC】 管理人厳選出会い系サイト
20代後半の比較的若い会員が多い
【メルパラ 】 管理人厳選出会い系サイト
も運営実績15年の優良出会い系サイトで、ミントC!Jメールとの姉妹サイト
微妙 【いくくる 194964】
昔小森純さんの問題で停滞中。改善中ですね。
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。